月100時間残業の正社員から派遣社員に転職したら給料が上がってびっくりした話

月100時間残業の正社員から派遣社員に転職したら給料が上がってびっくりした話

月100時間残業の正社員から派遣社員に転職したら給料が上がってびっくりした話

KJさんは安定を求めてビジネスホテルのフロント係に正社員として入社しました。

 

しかし入社後すぐにそれまで働いてた先輩たちがやめてしまい、その埋め合わせで残業することに。

 

毎日5時間、月100時間もの残業を強いられる生活をすることになりました。

 

 

そんなKJさんの地獄の正社員時代の話と、派遣社員になって大きく変わったことを体験談を紹介します。

スポンサーリンク

KJさんの正社員の頃と派遣社員の頃の残業時間と給料の比較

職種 残業時間 給料
正社員のとき ビジネスホテルのフロント係 1日5時間、月に100時間 月収17万円
派遣社員のとき ホテルの宴会スタッフ 1日30分前後、月1〜2時間 時給1400円、月収19〜22万

 

 

こうして比較すると正社員がいかにブラックかわかります。

正社員の頃は月最高100時間サービス残業していました

現在31歳、独身女性です。

 

私は26歳〜28歳の頃までの2年間、関東のあるビジネスホテルでフロント係の仕事をしていました。

 

 

全国に系列ホテルがあるそこそこ大きな企業が運営しているホテルで、そこまで有名ではないけれど観光地な上に都会にあるので宿泊者が途絶えません。

 

 

そんな職場に勤めるようになったのは26歳の頃、生活を安定させたいという気持ちから、正社員のフロント係を募集していたこのホテルの求人に応募したのです。

 

求人欄にも、面接の際にも、まさか残業が100時間もあるだなんて書いていませんでしたし聞いてもいませんでした。

 

というか、残業時間については一切説明がありませんでしたね。

 

 

確かに、観光地から近いところにあるし、付近には大きなライブ会場もあったりして、土日祝日だけではなく平日もそこそこ忙しそうな職場だなとは思っていたのです。

 

「でも、忙しいといっても残業があるとしたら月に40〜50時間くらいじゃないか?」とも思っていました。

 

 

それに面接の際に採用予定の人数も1人か2人だけだと言っていたのです。

 

それならば今人手が足りずに切羽つぱっていたり、人員不足過ぎることもないんじゃないかと思っていましたが、予想は大きく外れました。

 

 

正直言って、私のリサーチ不足でした。

 

 

それまでビジネスホテルに勤めたことはなかったのですが、あとになって「もっとどういう仕事か調べておけばよかった」と後悔しました。

 

スポンサーリンク

 

 

100時間残業しても残業代は一切出ませんでした

そのビジネスホテルは24時間営業で、フロント係は40代男性が1人、20代男性が1人、40代女性が1人、20代女性が2人、私の合計6人体制です。

 

勤務時間はシフト制で、朝〜夕方・昼〜夜・夕方〜翌日朝といった大体3つの勤務時間に分かれていて、私は最初は昼〜夜の時間帯に入ってほしいと言われていました。

 

 

  • 男性社員2人が夕方〜翌日朝
  • 40代女性パートが朝〜夕方
  • 20代女性パートと社員2人が昼〜夜

 

に入ることが多いためです。

 

 

他の時間帯に人手が足りない(出勤できる人がいない)場合は、そちらも都度相談しながら入ってほしいとのことでした。

 

 

ちなみに最初に言われていたのは1日の勤務時間は8時間(1時間休憩ありなので実働9時間)、月20日出勤です。

 

手取りは17万と安いけれど、でも長く勤めることで給料も上がっていくと言われていたし、正社員にしてはそこそこかなとは思っていました。

 

 

しかし実際に働いてみると、以下のような問題が次々と起こってしまったのです。

 

  1. 夕方〜翌日朝シフト担当だった20代男性社員が無断欠勤後退職
  2. 40代女性パートが「土日は子供もいるし休みたい」と言い出し朝〜夕方シフトに穴が空くようになる
  3. 20代女性パートが「かけもちしたいからこっちのシフトを減らしたい」と言い出し昼〜夜シフトに穴が空くようになる
  4. 20代女性社員が「忙しくなってきたから体力的に辛い、退職したい」と言い出す

 

 

40代男性社員(上司)は、「こういうことだから、とりあえず求人出しつつ近隣系列店から応援要請する」と言っていました。

 

でもなかなか人が入らない、入っても忙しさのあまり辞めていく、おまけに他のホテルも人手不足で逆に「応援に来て」と言われる始末です。

 

 

入って1ヶ月ほどで色んなことが起こった結果、気づいたら1日にプラス5時間残業をする事態になっていました。

 

上司や、残った他の社員やパートの勤務できない時間帯に、体よく私が入れられた形です。

 

 

そのため朝〜夕方で入ってホテルの仮眠室でちょっとだけ眠り、そのまま夕方〜翌日朝プラス5時間残業なんてこともありました。

 

職場から家まで片道30分くらいなので、家に帰るのも面倒だったのです。

 

 

毎日5時間程度は残業してそれが月20日出勤だから、単純計算で月100時間残業していることになります。

 

 

しかも最悪なのが、残業分のお金は全然出なかったという点です。

 

 

上司は、最初は「残業代出るようにするから」と言っていました。

 

 

しかしいざ残業代の申請をすると「うーん、でも上に通るかな」とか、「善意で残ってくれたんでしょ?」と有耶無耶にされたのです。

 

 

残業は上司が「ごめんもうちょっと残って!この時間帯に入れる人いないから」と言ったからです。

 

 

私は帰りたかったのですが、本当に人がいないなら宿泊客対応など諸々の雑務もする人がいないので、そうなるとみんな困ると思って我慢して残業していました。

 

 

それもこれも、せっかく見つけた正社員の仕事を失いたくなかったのと、残業代が出るからだと思っていたからです。

 

上司から残業代を出すから…と聞いていたのに、それが都合の良い言葉だったと知って本当にショックでした。

 

スポンサーリンク

100時間のサービス残業を2年続けて体も心もボロボロに

ホテルのフロント係の仕事内容ですが、主な業務は宿泊客対応(チェックイン・チェックアウト確認など)、予約の管理(WEBやTEL)です。

 

その他にはホテル駐車場の利用者への案内だったり、電話やWEB問い合わせ対応があります。

 

 

ホテルの宿泊部屋清掃などは別の清掃スタッフが行い、食事の用意などは併設されているレストランの接客スタッフがしていました。

 

 

こうして書き出してみると「ホテルのフロント係ってそんなに忙しくなさそう」と思うかもしれません。

 

でもホテルは24時間営業で、早朝、深夜のチェックイン・チェックアウトをする宿泊客対応もいますし、買い物や食事で好きな時間にホテルを出入りしたい人もいます。

 

 

フロントにずっと立っていることはないのですが、フロント奥にある部屋で雑務をしたり、時々電話や宿泊客対応しないといけないのです。

 

だから「1時間くらい誰もホテルのフロント係が勤務しない時間があっても大丈夫」というわけにはいきません。

 

 

私は上司に言われるがまま、退職するタイミングも失って2年間、月100時間のサービス残業を続けました。

 

 

利用者の多いホテルなので忙しいことは忙しいですが、仕事の内容的にはそこまで難しいものはなく、体力はそこそこ使うけれど我慢できる程度です。

 

休みは一応10日程度あったのですが、それでも月に20日、1日8時間+5時間の合計13時間も働いていると、ちょっとずつ体や心がおかしくなっていきます。

 

 

朝〜夕方までだったり、そのまま夕方〜翌朝の夜勤に入ったりするので睡眠時間がバラバラ、そのせいか不眠症になりました。

 

腰痛にもなりましたし、常に風邪を引いているような体がだる重い、気怠いような状態が慢性的に続いたのです。

 

 

精神的にも不安定になって、休み明けに出勤しようとすると涙が止まらなくなったり、勤務中に泣いてしまうこともありました。

 

 

幸いなことに他のスタッフからいじめられることはなかったですが、上司が頼りないことから不安が募り、ストレスもすごく溜まっていたのです。

 

 

そして勤めるようになって2年目、とうとう耐えられなくなって無断欠勤をして、病院へ行きました。

 

行ったのは精神科で、そこで医師から退職、転職を勧められたのです。

 

スポンサーリンク

転職先はホテルの宴会スタッフで派遣社員

退職は、無断欠勤をした翌日にホテルの本社に電話して、事情を伝えて半ば無理やり手続きをしました。

 

サービス残業の記録(毎日何時〜何時までシフトに入っていたかなど)を自分でメモしていたこと、他の同僚達もサービス残業させられていたことで、すんなりいきました。

 

 

上司には「どうして本社に言うのかな、おかげでこっちも散々な目に遭ったんだけど」と嫌味を言われたのですが、聞かないフリでやり過ごしたのです。

 

 

退職したあとは、精神科や内科に通いながら半年くらいかけてゆっくりと転職先を探しました。

 

ストレスで動機や息切れが酷かったので呼吸器内科に通っていたのです。

 

 

転職先ですが、ホテルの宴会スタッフに決まりました。

 

私と同じように正社員で残業時間が80〜90時間くらいだった友達が、派遣の宴会スタッフに転職していたのですが、給料や勤務内容を聞いて惹かれたからです。

 

 

今までだったら、正社員だから残業してもお金が出ない上にいっぱい働いても月のお給料が定額でした。

 

でも派遣なら働いたら働いた分だけ成果(給料)がある、しかも正社員のときより給料が上がると知って、「こっちの方が得だ」と思ったのです。

 

スポンサーリンク

派遣社員になったことで生活が激変!100時間の残業が1〜2時間になったのに給料UP!

ホテルの宴会スタッフの仕事ですが、1日の勤務時間は大体7〜8時間です。

 

20日勤務で時給1400円なので、月収およそ19万〜22万あります。

 

 

一番変わったのは、残業がかなり少なく、あっても1日30分前後、月1〜2時間程度ということでした。

 

 

仕事内容ですが、派遣会社に勤務できる日時を提出後、派遣会社から「○日はAホテルで何時間、○日はBホテルで何時間」とシフトが送られてきます。

 

 

会場セッティング(椅子やテーブル、お皿を並べるなど)、配膳(食事をテーブルまで運ぶ)、片付けが主な仕事です。

 

接客ですがレストランのホールスタッフとあまり変わらない業務内容で、体力もそんなに使いません。

 

 

何よりも、宴会の時間(ホテルの会場を貸切る時間)が決まっているので、だらだらと何時間も残業することがないのです。

 

酔っぱらった方の介抱などで数十分退勤が遅れることもありますが、何より勤務するスタッフ数が多いので、1人あたりの負担が軽減されています。

 

 

派遣社員に転職して、残業がなくなったので1日に7〜8時間程度しか働かなくてもいいことから、心も体も本当に楽になりました。

 

 

月の勤務日数は依然と変わりませんが、しかし時給が1400円と高めなので月に19〜22万ももらえます。

 

残業代もちゃんと出ますし、無理やりなシフトを組まれることもないのが嬉しいです。

 

 

以前は「正社員の方が給料が高いだろう」と思っていました。

 

しかし派遣社員を始めてみると、明らかに正社員の頃より給料が高いことにびっくりです。

 

 

派遣はいつ仕事がなくなるかわからないから不安定だとも思っていましたが、ちゃんと契約期間が決められていますし、契約更新もしてもらえます。

 

 

派遣社員になった方が生活費にも余裕が生まれるし、心も体も安定すると感じました。

 

 

今、正社員で月80時間以上の残業を強いられている人は、派遣社員という働き方も考えてほしいです。

 

とくにサービス残業で80時間分の残業代が出ない人、アルバイトのときより給料が少ないという人は、派遣社員の方がハッキリ言って得だと思います。

楽な派遣の仕事を見つけたい人へ。オススメの派遣会社はこちら

派遣会社を選ぶならなるべく大手で評判のいいところをオススメします。

大手で評判の良い派遣会社なら求人の数も質も高いので楽でホワイトな職場環境の求人が見つかりやすいですよ。

→評判のいい派遣会社を比較! ぶっちゃけ大手5社を選べば間違いない

スポンサーリンク

関連ページ

100時間サービス残業のエンジニア系正社員から派遣社員に転職して人生変わった話
エンジニア系の正社員は残業が多い職場が多いと思います。 残業代も適切に支払われない会社もあります。 MPさんが大卒で入社したシステム開発の会社も例外ではありませんでした。 今回はMPさんが100時間サービス残業のエンジニア系正社員から派遣社員に転職して人生変わった体験談を紹介します。
残業200時間パワハラありのブラック企業から派遣社員に転職した話
ずっと就職できずにいたkhさんはある食品会社にやっと内定してすぐに寮生活となり、働くことに。 しかしその会社はドがつくほどのブラック企業。 朝7時から24時が過ぎるまで働かされて給料はたったの月収20万程度。 そんなkhさんでしたが派遣社員に転職して生活が180℃変わりました。
残業が多くて疲れが限界に達して体を壊し、派遣社員に転職して健康を取り戻した話
せみ子さんは経理として正社員の仕事に転職しました。 仕事が楽しく、最初は残業も気にならなかったようですが、徐々に体を壊し、ある日起き上がれなくなり、病院に言ったら貧血と栄養失調。 完全に体を壊していました。 そこで残業のない派遣社員に転職し、健康を取り戻したのでした。
介護職で残業の疲労とストレスの限界で辞めて派遣社員になった話
しず子さんは正社員として入社した介護職で、入社6ヶ月目で責任者に任命されてしまいました。 マネジメント経験もなく、先輩ばかりの環境で責任者の仕事はストレスも多く、サービス残業も強いられました。 その上どんどん人が辞めて負担が重くなり、仕事はきつくなっていくばかり。 限界を感じて退職することにし、派遣社員になって自分の人生を取り戻しました。
残業120時間の会社を辞めて派遣社員になり、独立開業を目指してる話。
NKさんは新卒入社したシステム開発の会社で、残業時間が多く、サービス残業も発生する環境を経験しました。 このままでは廃人になってしまうため、同期と相談し、退職して派遣社員になることに。 今では残業がほぼなく、自由時間の多い派遣社員をやりながらスキルアップや資格を取得して独立開業を目指してます。 そんなNKさんの体験を紹介します。
残業100時間の会社で4年働き、派遣社員に転職したら天国だった話
由美子さんは元々接客業をしていて、初めて製造系の会社の正社員になりました。 それまで転職が多かったので頑張ろうと意気込んでいました。 しかしその会社は残業100時間なのに薄給のブラック企業でした。 毎日辞めたくて仕方ないのに頑張って4年間働いた由美子さんは派遣社員に転職し、天国だと感じました。 今回はそんな由美子さんの転職体験を紹介します。
毎日怒鳴られるパワハラ地獄の営業の仕事から派遣社員に転職したら天国だった話
れんさんは就職氷河期に自分の意志とが違う営業の仕事に就きました。 その仕事は完全なブラック企業でパワハラが当たり前のように行われていました。 パワハラが常態の営業の仕事から派遣社員に転職したら完全に地獄から天国のようでした。 今回はそんなれんさんの転職体験を紹介します。
ニートでも派遣社員になれる?3年間引きこもりニートが派遣で人生変わった話
陽平さんは大学を4年留学し、その結果就活が上手くいかず、大学卒業後は実家に帰ってニートになり、引きこもってました。 あるとき決心して派遣社員の仕事を探して働くことに。 ニートでも派遣社員の仕事は見つかるのか、実際に見つけてうまくいった陽平さんの体験談を紹介します。
人材派遣の営業職がつらいから派遣社員の営業事務に転職した話
JAMさんは人材派遣会社の営業として働いてました。 しかし人材派遣会社の営業は人を扱う仕事。 ストレスがひどく、残業も多くてつらい毎日を送っていました。 このままじゃ体を壊すと思って仕事を辞め、残業なしの営業事務の派遣社員に転職。
営業職がつらいので派遣事務に転職してわかった派遣の良さ10個!
毎日県境に車で移動して営業。 当たり前のように残業代なし。 休日出勤も当たり前。 そんな労働環境の中で過労死しそうだったので派遣事務に転職。 営業職とは180℃違う派遣の良さを知ったのでした。
営業の待遇の悪さに不満を持ち、派遣に転職して生活が変わった話
あきさんは新卒の会社で希望と違う営業に配属されました。 営業は残業が多く、仕事も大変なのに給与は内勤と変わらず、待遇の悪さに不満を持ちました。 そこで派遣社員に転職してみたら給与は変わらないのに職場環境が一気に改善され、生活が変わったのでした。
インテリア販売の仕事が辛くて派遣社員に転職したら180℃違う世界だった話
マミーさんはインテリア販売の仕事に正社員として就職しました。 しかし販売の仕事はマミーさんが思ってたよりかなりつらいものでした。 そこで派遣社員に転職したところ、販売とは180度違う世界だったのです。
アパレル販売で声かけを強制される正社員が嫌で派遣に転職したら天国だった
アパレル販売の仕事に声かけがあります。 お客さんは声をかけられるのが嫌な人も多いです。 でも上司に声かけを強制されたらするしかありません。 そんな声かけが嫌になった正社員が同じアパレルの派遣社員に転職したら環境が180℃変わり、地獄から天国に行った気分を味わった、というミニーさんの体験をお伝えします。
携帯ショップの店長が辛いので派遣社員に転職し当たり前の幸せを実感した話
あきさんは携帯ショップの店長をしていました。 携帯ショップの店長の仕事は休みが少なく、残業も多く、体力も精神力もかなり消耗するつらい仕事でした。 そこで派遣社員に転職したところ、ライフワークバランスが改善され、人間らしい生活が送れるようになりました。
新卒の会社がブラックだったので派遣社員に転職したら給与が10万上がった話
ミキさんは新卒でブラック企業に就職してしまいました。 終電帰りの毎日に体調を崩し、退職してからしばらくはアルバイトをしていました。 そんなある日、派遣社員の求人広告を見つけて応募し、派遣社員になってた結果、なんと派遣社員になったことで勤務時間が激減したのに給与は10万も上がったのです!
美容師が辛すぎたので辞めて派遣の事務職に転職したら天国だった話
派遣社員に転職した人の体験談を紹介します。
バーテンダーの給与が安すぎたので派遣社員に転職したら生活が裕福になった話
たくやさんはバーテンダーとして働いてました。 小さめのバーを一人で回すお店で、仕事は忙しく昼夜逆転もあり大変でしたが給与が少なく貧乏生活をしていました。 そんなある日バーテンダーの仕事をクビになり、派遣社員に転職した結果、給与が一気に増えて生活が裕福になったのです。
飲食店の社員がきつすぎて派遣のオフィスワークに転職!地獄から天国へ
派遣社員に転職した人の体験談を紹介します。
未経験で入ったプログラマーが暇すぎて辛かったので派遣に転職した話
ぴこさんは未経験でプログラマーになりました。 しかし入ったIT会社が暇かつ放任主義。 暇でラッキーと思う人もいるかもしれませんが、ぴこさんにとって暇でやることがないのは苦痛でした。 そこで派遣社員に転職することにしたのでした。
小さな会社のSE正社員から派遣SEに転職したら年収100万以上上がった話
たくみさんは情報処理の専門学校卒業後、小さなシステム開発会社に正社員として入社しました。 しかしその会社は4年で潰れてしまい、その後派遣SEに転職しました。 その結果給与が上がり、年収にして100万以上も上がったのです!
不満の多かった正社員プログラマーから派遣SEに転職したら正解だった
NAOT.エンジニアリングさんはプログラマー正社員として働いてました。 しかしその会社はプログラマーの仕事の指示の段取りが悪く、非常に効率が悪い仕事をの仕方をしていて不満がたまり、仕事を辞めることに。 次の仕事は効率を求めて派遣社員(SE)になりました。 その結果、仕事の効率が良くなり、給与も上がり、転職して大正解でした。
介護の正社員がサービス残業多すぎたので介護の派遣に転職した話
ちーちゃんさんは介護の仕事が好きで、介護職員として正社員になりました。 しかし正社員の仕事はサービス残業や休日出勤も多かったので辞めることに。 その後同じ介護職の派遣社員に転職した結果、残業なしで介護の仕事ができたことで仕事もプライベートも充実するようになりました。
デイサービスの仕事が辛かったので派遣社員に転職して自分の人生を取り戻した話
satsukichanさんは専門学校卒業後、デイサービスの介護の仕事に就きました。 しかしデイサービスの仕事は残業や休日出勤などの時間外労働が多く、かつ深すぎる人間関係が辛く、疲れてしまいました。 そこで派遣社員に転職して自分の人生の舵を取り戻したのです。
40代で介護職正社員に就職したがつらいので辞めて派遣社員に転職した話
助太刀さんは就職氷河期時代、40代で他に正社員になれる仕事がなかったため、介護職に就職しました。 介護職はやりがいこそありましたが、残業が多く、割に合わない仕事でした。 そのため、結局やめて派遣社員に転職することになりました。
介護職に転職したらパワハラと残業がひどい超ブラック企業だったので派遣に転職した話
アビバノンさんは元々ブラックな広告制作会社で働いていてパワハラや残業が限界で転職することに。 しかし転職先の介護の仕事はさらにブラックでした。 つまりブラック企業からブラック企業に転職してしまったのです。 それでも1年くらい働いた後、派遣社員に転職してなぜもっと早く派遣社員にならなかったのか後悔することになりました。
システムエンジニアの正社員の仕事が辛いので派遣SEに転職して10万以上給与が上がった話
青空に浮かぶはぐれ雲さんは小さなシステム開発の会社に転職しました。 その会社で新しい言語を覚えるように言われ、その言語を使う職場に配属されましたが、覚えられず、辛くなり会社を辞めることに。 その後開発言語を自分で選べる派遣SEに転職した結果、自分のやりたいことができて仕事が楽しくなりました。
エンジニアの仕事から営業事務に転職して仕事中会話する楽しさを知った話
アンダルシア敏郎座衛門さんはエンジニアの仕事をしていました。 やはりIT業界は残業が多く、休日出勤もたびたびあり、身体が休まりません。 そして仕事中は会話がなく、つまらない毎日に嫌気がさしていました。 そこで派遣社員の営業事務に転職した結果、仕事中会話できる楽しさや休日ちゃんと休める楽しさを知ったのでした。
ITエンジニアが鬱になる理由とホワイトな派遣社員に転職すべき理由
由美子さんはITエンジニアとして働いてました。 その職場では月に1回鬱になる人が出ていました。 ITエンジニアが鬱になる理由は何なのか、またホワイトな派遣社員に転職すべき理由をお伝えします。
広告業界の正社員が辛かったので広告業界の派遣社員に転職して残業が140時間→10時間に減った話
大手求人広告の営業として25歳で中途入社しました。 初めての営業職でしたので、苦労することは覚悟していましたが、広告業界は思った以上に大変な仕事でした。 週間誌だったこともあり、毎週締め切りがあり、締め切りの金曜日はもう地獄絵図でした。
ゲーム業界が残業多すぎて辛いので派遣社員に転職したら職場環境が激変した。
ちょこぼの巣は太平洋さんはゲーム業界勤めてました。 そんなゲーム業界では発売前の残業が非常に多く、1週間家に帰れないことも。 そこで派遣社員に転職した結果、給与が増え、定時に帰れるようになり、職場環境が激変しました。