派遣社員が担当業務以外の仕事を頼まれたら断るべき?どこまで引き受ける?

派遣社員が担当業務以外の仕事を頼まれたら断るべき?どこまで引き受ける?

派遣社員が担当業務以外の仕事を頼まれたら断るべき?どこまで引き受ける?

派遣社員は契約により、仕事内容が決まってます。

 

そして契約外の仕事はしてはいけない決まりになってます。

 

 

でもそんな契約を無視して担当業務以外の仕事を頼まれることはよくあること。

 

今回は派遣社員が契約外の業務を頼まれた場合、断るべきなのか、引き受ける場合はどこまで引き受けるべきなのか解説します。

スポンサーリンク

派遣社員が担当業務以外の仕事を頼まれたら断るべき理由

基本的に派遣社員が担当業務以外の仕事を頼まれたら断るべきです。

 

理由は以下の通りです。

 

 

1. 法律違反だから

まず派遣社員は派遣先の指示に従って仕事をします。

 

しかし派遣先は、労働者派遣契約で定めた範囲を超えて派遣労働者を指揮命令することはできません。

 

派遣元の会社は派遣労働者が従事する業務の内容について、就業条件明示書に記載して派遣労働者に明示しなければならないと定めています。

 

 

もし契約外の業務を頼まれた場合、労働基準法は、第15条で2項より

 

「前項の規定によって明示された労働条件が事実と相違する場合においては、労働者は、即時に労働契約を解除することができる。」

 

とされています。

 

したがって契約内容と仕事内容が違う場合、派遣社員は派遣元との労働契約を解除することができます。

 

 

2. 担当業務以外の仕事を引き受けてミスをして会社に損害を与えた時にややこしくなるから

担当業務以外の仕事を引き受けた時に一番問題となるのがその仕事をしてる時にミスをして会社に損害を与えたときです。

 

このとき、派遣社員が契約書にない業務を勝手にやっていたとして、会社がその損害の責任を派遣社員に負わせようとする可能性があります。

 

契約内の仕事であれば仕事を指示した派遣先の責任で済みますが、契約外の仕事でミスをしてしまうと問題がややこしくなってしまうのです。

 

その場合に派遣会社に責任が行く可能性もあるため、派遣会社が派遣社員に対して契約にない仕事は絶対しないように厳重注意を呼び掛けているケースもあります。

 

 

自分の身を守るためにも、契約外の仕事は引き受けない方がいいのです。

 

 

3. 本来その時給で引き受けるべき仕事じゃないから

派遣先の会社が担当業務以外の仕事を頼むケースでたまにあるのがその人にしかできないような専門的な仕事。

 

たとえば前職がプログラマーの派遣社員にプログラムを組む仕事を頼むとか、英語が得意な派遣社員に翻訳や通訳の仕事を頼むとか。

 

 

こういう仕事は本来高い時給をもらって行う仕事です。

 

それをたとえばコールセンターとか、事務の仕事をやってる人が引き受けてしまうとどうなるか。

 

 

本来プログラマーとか、翻訳・通訳などで仕事を引き受けた時にもらえたはずの時給がもらえない分損します。

 

 

逆に言えばあなたにプログラミングとか英語などのスキルがあって派遣先にそれを使う仕事があるなら時給アップの交渉のチャンスです。

 

そういう仕事を頼まれたときはとりあえず断りつつ、時給アップしてくれるなら考えます、という回答をするといいでしょう。

 

 

4. うかつに引き受けると他の派遣社員にも影響するから

もしあなたがその会社で唯一の派遣社員なのであれば契約外の仕事を引き受けようが断ろうがそこまで問題にはなりません。

 

でもあなた以外にも派遣社員がたくさんいる職場の場合は少し問題になります。

 

 

たとえば誰か一人でもそういう仕事を引き受けてしまうと、他の派遣社員も引き受けなければけない雰囲気になってしまうからです。

 

 

担当業務外の仕事をするかしないかの考え方は派遣社員によってさまざまですが、基本的には法律にしたがってしないのが正しいです。

 

もし誰かが引き受けてしまうとそれによって他の派遣社員も影響を受けるため、他の派遣社員から嫌われてしまう可能性があります。

 

 

会社によっては契約外業務も当たり前のようにやらせる文化があるので注意

零細企業など小さな会社にありがちなことですが、法律を全く理解せず、派遣社員が契約外業務をやるのは当たり前のことと考えてる会社もあります。

 

派遣社員はなんでも頼めばやってくれる便利屋扱いみたいな感じの扱いですね。

 

 

こういう会社に当たってしまった場合は労働基準監督署に訴えれば一発アウトなので派遣会社に相談するのもありですけど、仕事がなくなるのが困るのであれば契約期間内は我慢して働きましょう。

 

古い体質の会社はそう簡単に変わりませんからね。

 

スポンサーリンク

担当業務以外の仕事を頼まれたときの断り方は?

頼まれた仕事を断るというのはコミュニケーション的に結構難しいですよね。

 

立場上相手が指示する側なので面と向かって文句を言える立場でもないですし。

 

実際「担当業務外ですので」と突っぱねるような言い方は派遣先との人間関係を悪化させてしまいます。

 

 

ってことで相手を傷つけないやんわりとした断り方で断りましょう。

 

「契約業務内の仕事かわからないので派遣会社の営業さんに確認します。」

 

と言って実際に派遣会社の営業さんに相談するのが一番です。

 

 

実際派遣先の社員は派遣社員に関する細かい法律を理解してない人が多いので現場の社員に何言っても理解してもらえず、「なにこいつ。派遣だからって仕事舐めてんのか?」みたいにただのわがままだと思われてしまう可能性が高いです。

 

なので派遣会社から派遣先の会社の代表の人に言ってもらわないと解決しにくいですね。

 

 

それで「なら結構です」と言われたらそれは契約外の仕事だったということですね。

 

 

ただし、派遣会社によっては派遣先との関係を壊したくないため、契約外の仕事でも積極的に引き受けるように言う会社もあります。

 

法律違反だから本来は派遣会社がそんなこと言っちゃダメなんですけどね。

その会社の正社員になりたい人は引き受けるのもあり?

本来は派遣社員が契約外の仕事を引き受けるのはタブーです。

 

でも実際何でも仕事を引き受けることで派遣先の会社に気に入られて、正社員として採用してもらえる、というケースもあります。

 

もしあなたがその会社の正社員になりたいなら、社畜根性で真面目にその会社に尽くしますアピールするために契約外の仕事を積極的にやるのはありかもしれません。

 

 

しかしおすすめはしません。

 

派遣社員はあなた一人ではないわけで、あなたが仕事を引き受けることで他の派遣社員も巻き込まれて契約外の仕事をやらされる羽目になり、それを誰かが派遣会社に訴えることで問題になる可能性があります。

 

 

またいくら真面目に働いたとしても正社員にするかどうかを判断するのはあなたの上司とは限りません。

 

あなたの上司に何の権限もなければいくらその上司があなたを正社員として雇いたいと思っても雇えません。

 

あなたがどんなに頑張ってもその努力が認めてもらえるとは限らないのです。

 

 

基本的に派遣社員はあくまで言われたことだけをやるのが仕事だと思ってやるべきです。

 

スポンサーリンク

契約にない担当外の業務はどこまで引き受けるかの判断基準は?

では担当業務以外の業務はどこまで引き受けてどこから断ればいいのでしょうか?

 

その判断基準をお伝えします。

 

 

全然違う業務なら絶対断るべき

たとえば内勤の仕事なのに営業の仕事を頼まれたら絶対断るべきですね。

 

システム開発の仕事なのに電話業務があった場合なんかも断れます。

 

事務なのに経理の仕事を頼まれたり、データ入力なのにプログラミングの仕事を頼まれたりしたときも断るべきです。

 

 

仮にそれが自分にできる仕事でやりたいと思う仕事であったとしも、単純に引き受けるのではなく派遣会社を通して契約書を変更してもらい、時給アップの交渉も合わせて行うべきです。

 

 

働く場所が違うのも断るべき

次に勤務地は契約書に明記されてます。

 

その勤務地と違う職場で仕事をするように命じられたら断るべきです。

 

 

担当業務に関係する仕事は契約の範囲内としてある程度引き受けるべき

自分の担当する業務に関係のある仕事は契約の範囲内だと思ってある程度引き受けるべきです。

 

たとえば自分が作成した書類のシュレッダー処理とか。

 

担当業務に関係する仕事だと派遣会社に契約外の仕事を任されてると苦情を言っても契約内ですと言われるのがオチです。

 

 

いくら派遣でも自分が担当する業務に関係する仕事で自分にできることならなるべく引き受けましょう。

 

 

また例えばですが契約書に「事務及びそれに付随するもの」などと書かれてたら仕事の幅はかなり広くなります。

 

この場合いろんな雑用を任されてもなかなか断れません。

 

 

雑用はある程度は付随業務ととらえてやるべき

じゃあ掃除、ゴミ出し、お茶出し等雑用はどうなのか?

 

契約書に書かれてた場合はもちろんやるべきですが書かれてなかった場合は断れます。

 

 

ただし契約書に「事務及びそれに付随するもの」と書かれた事務として雇われてる場合、掃除、ゴミ出し、お茶出し等は付随業務にあたるため、むしろ積極的にやることが求められます。

 

付随業務に当たるかどうかは結構微妙な判断になるので自分でわからない場合はまず上司や先輩派遣社員に聞く、そういう相手がいない場合やそれで解決しない場合は派遣会社とも相談するといいでしょう。

 

スポンサーリンク

まとめ

派遣社員は担当業務外の仕事を勝手に引き受けるのはあまりよくないです。

 

その理由は

 

  • 法律違反だから
  • 担当業務以外の仕事を引き受けてミスをして会社に損害を与えた時にややこしくなるから
  • 本来その時給で引き受けるべき仕事じゃないから
  • うかつに引き受けると他の派遣社員にも影響するから

 

ということでした。

 

 

まぁ実際に担当業務以外の仕事を頼まれたら引き受けちゃう人が多いと思いますけど、法律違反ですし、時給アップの交渉材料になったりするので安易に引き受けるのはよくありません。

 

引き受けるかどうかの基準はそれが契約書に書かれた業務の付随業務にあたるかどうかですが、これも微妙なので先輩と相談したり、派遣会社と相談したりして慎重に引き受けるようにしましょう。

楽な派遣の仕事を見つけたい人へ。オススメの派遣会社はこちら

派遣会社を選ぶならなるべく大手で評判のいいところをオススメします。

大手で評判の良い派遣会社なら求人の数も質も高いので楽でホワイトな職場環境の求人が見つかりやすいですよ。

→評判のいい派遣会社を比較! ぶっちゃけ大手5社を選べば間違いない

スポンサーリンク

関連ページ

派遣社員の有給取得の方法は?
派遣社員の方、有給は使っていますか? この記事を読んでいるということはまだ使ったことがないのでしょうか? 有給がもらえているなら積極的に使うべきですよ。 この記事では派遣社員の有給の取り方、またまだ有給がないときに休む方法を解説します。
大学生でも派遣社員として働ける? 働けるけどオススメしない理由
派遣社員は基本的には社会人がなるもの。 学生がなるものではありません。 でも実際、大学生でも派遣社員になれるのでしょうか? 今回は大学生が派遣社員になれるのかどうか、また大学生に派遣社員をおすすめしない理由について解説します。
派遣社員とバイトは掛け持ちできる? 確定申告が必要になる?
昼間派遣社員としてフルタイムの仕事をしながら夜は居酒屋でバイト。 こういう働き方ってできるの? できたらめっちゃ稼げるけど...。 というわけで今回は派遣社員とバイトの掛け持ちについて解説します。
派遣が契約満了でやめると会社都合か自己都合か?失業保険はいつからもらえる?
派遣社員が契約期間満了で辞めた場合、会社都合と自己都合どちらに当たるのでしょうか? また失業保険がいつからもらえるか。 派遣社員が契約期間満了で辞めた場合の失業保険事情について解説したいと思います。
派遣社員が契約途中に即日で辞める時に使える退職理由3選!
派遣社員は契約期間が決まっているため、基本的に辞めるときは契約期間満了まで働いてやめるのが常識です。 しかしどうしても契約期間の途中で辞めたい状況になってしまうこともあります。 そこで今回は派遣社員が契約途中に即日で辞める時に使える理由、言い訳を考えました。
派遣社員が契約途中で辞めることは可能? やめる方法やタイミング
派遣社員は契約期間が決まっています。 だからやめるときは契約期間満了まで働いて円満退社するのが理想です。 でも現実には契約途中でどうしてもやめたくなってしまうことがあります。 というわけで今回は派遣社員が契約途中でやめることはできるのか? またやめる方法について解説します。
派遣社員が契約更新を断るのに理由は必要? タイミングは?
派遣社員は契約期間の定められた雇用契約を結んでいるため、契約期間が満了したらいつでもやめれるメリットがあります。 でもいざ更新しないと決めたとき、更新を断るのに理由は必要なんでしょうか? またどのタイミングで更新しないことを伝えるべきでしょうか? 今回は派遣社員がどうやって更新を断ればいいのかについて解説します。
派遣社員が遅刻したときに使える理由! 嘘とバレにくい正当な言い訳教えます!
朝起きたらすでに出勤10分前! やばい!完全に遅刻だ! こんなとき、あなたならどうしますか? 普段遅刻なんてしない真面目な人ほどこういう状況に慣れてないので困りますよね。 今回は派遣社員の遅刻のいろはについてお伝えします。
派遣社員が当日急に休む時の理由や連絡方法、有給は使えるのかを解説!
派遣社員として働いていて急に当日休まなきゃいけない状況になったとき、どう連絡すればいいのか? 休むときの連絡先は派遣先と派遣元、どっちなのか? 当日欠勤の場合に有給は使えるのか? 今回は派遣社員が当日休む場合に使える理由や連絡方法、有給は使えるのかについてお伝えします。
転職活動中のつなぎに派遣社員として働くのはありか?
転職したくて就活しても思ったよりスムーズに仕事が決まらない。 仕事が決まるまでの間とりあえず派遣社員として働くのはありなの?? 今回は転職活動中のつなぎに派遣社員として働くことの是非について考えていきたいと思います。
派遣で働きながら就職活動。有給がなくても可能か?
正社員になりたいけど、なかなか就職が決まらない。 このままだと生活やばいからとりあえず派遣社員になって働きながら就職活動をする。 こんな選択肢を取る人は結構います。 しかしこれは現実的に可能なんでしょうか? 今回は入社後半年は有給がない派遣社員がどうやって転職活動すればいいのかについてまとめたいと思います。
派遣事務は男でもできる? 男でも採用されやすい求人案件とは?
派遣社員の仕事にはいろいろあります。 が、事務系のオフィスワークは女性の職場で男だと採用されにくいイメージがありますよね。 実際どうなんでしょうか? 今回は男性でも採用されやすい派遣事務の求人案件の選び方について紹介します。
派遣の事務は未経験だと難しいのか? 受かりやすい仕事選びのコツ!
派遣社員の仕事の中で圧倒的に人気があるので事務の仕事です。 どうせ派遣社員として働くならオフィスワークがしたい人が多いですからね。 しかし派遣会社の営業担当から未経験で事務は難しいよと言われてしまった人もいるのではないでしょうか? 実際未経験で事務は難しいのか、どういう求人なら未経験でも受かりやすいのかを解説していきたいと思います。
派遣のデータ入力に必要なタイピングスピードは? 練習方法も紹介!
派遣で人気の仕事、「データ入力」 データ入力に必要なスキルは特になしという場合が多いですが、一つだけあった方がいいのがタイピングスピード。 応募者が多い場合はタイピングスピードが遅い人から落とされてしまいます。 実際、データ入力の仕事に応募するのに必要なタイピングスピードはどれくらいなのか、練習する方法も合わせて紹介します。
派遣のスキルチェックのタイピングで一般事務に必要なスピードの目安は?
派遣の登録会に行くと必ずあるのがスキルチェック。 このスキルチェックで行われるのがタイピングスピードの測定です。 派遣の仕事の中でも人気の職種である「一般事務」はパソコンを使うのでタイピングスピードはある程度見られます。 実際一般事務に応募するのに必要なタイピングスピードはどれくらいなんでしょうか?
派遣先を変えたい!派遣先が合わないときの対処法3つ
派遣の仕事には当たり外れがあります。 外れの職場に当たっちゃって上司が怖くてもう耐えられない!1日でも早く辞めたい! そんなときどうすればいいのでしょうか? 今回は派遣先が合わなくて変えたくなったときの対処法を3つ紹介します。
派遣会社からの電話って無視していいの?しつこくかけてくる理由は?
登録した派遣会社から電話がかかってきた。 でも今は仕事探してるわけじゃないし無視でいいかな。 でも無視したらブラックリストに載りそうで怖い・・・。 今回はそんな悩みにお答えします。
派遣社員をバックレるとその後どうなるのか?経験者10人に聞いてみた。
派遣社員の職場には当たりはずれがあります。 外れの職場に当たった時、契約期間満了まで働くのが嫌でバックレたくなることもあります。 そんなときバックレるとその後どうなるのか、経験者10人に聞いてみました。
派遣3年ルールは余計なお世話!抵触日を迎えても延長する方法は?
派遣社員は3年以上同じ派遣先の職場で働いてはいけない。 この3年ルールは派遣社員を守るためにできた法律らしいですが、派遣社員からしたら「ふざけんな!余計なお世話だ!」って話なんですよね。 この記事では派遣3年ルールについてや、3年以降も働き続けたい人が抵触日を迎えても延長する方法を解説します。
派遣先から正社員に誘われたら受けるべき?実は断る人多数!?
派遣先から正社員に誘われる、というのはないようで実は意外とあります。 ある会社が行ったアンケート調査では、実に40%以上もの派遣社員が正社員への誘いを受けたことがあるとか。 でも受けるべきなのかは慎重に考える必要があります。 この記事では派遣先から正社員に誘われた時に受けるかどうかのポイントをお伝えします。
派遣社員に差別はあるのか?差別の内容と対処法を50人に聞いてみました。
私が派遣社員として2年間働いてるときは差別は一切ありませんでした。 しかし実際ネットで検索すると少なからず差別を受けてる人はいるようです。 そこで派遣社員の差別の実態を知るためにインターネットのアンケートサイトで調査してみました。