営業職がつらいので派遣事務に転職してわかった派遣の良さ10個!

営業職がつらいので派遣事務に転職してわかった派遣の良さ10個!

営業職がつらいので派遣事務に転職してわかった派遣の良さ10個!

えみさんは某衣料品メーカー営業職。

 

毎日県境に車で移動して営業。

 

当たり前のように残業代なし。

 

休日出勤も当たり前。

 

 

そんな労働環境の中で過労死しそうだったので派遣事務に転職。

 

営業職とは180℃違う派遣の良さを知ったのでした。

スポンサーリンク

えみさんの正社員の頃と派遣社員の頃の残業時間と給料の比較

職種 残業時間 給料
正社員のとき 衣料品卸売りメーカーの営業 月40時間前後 多い時で1日3時間以上 月収26万円
派遣社員のとき 一般事務 月0時間 月収18万

つらかった営業職の話

取引先への移動ばかりで毎日大変

愛知県にある衣料品卸売りメーカーでの営業職をしていたのですが、会社に出勤するのではなく、取引先へ直行直帰でした。

 

長野、静岡へは新幹線ではなく自分で車を運転して日帰りというのが普通で、午前中は静岡の浜松へ営業に行き、帰りは道中の豊橋のお店へ営業に行くのが普通でした。

 

帰りが22時近くなっても、次の日には長野へ営業に行かなくてはならないので、朝6時前には自宅を出なくてはいけません。

 

 

営業用の商品を、110Lのスーツケースと50Lのスーツケース2つに詰めて営業へ行かなくてはならないので、どんなに遠方でも一人で運転をし、行かなくてはならないのはとてもハードでした。

 

勤務時間は9時から18時となっていましたが、実際はそれ以上の労働時間で、自宅を7時に出て営業先へ高速で向かい、18時に終わってもまた片道2時間かけて帰宅しなくてはいけませんでした。

 

 

取引先のお店が大きなイベントをするさいは、朝5時には自宅を出て21時までお店のお手伝いをすることが3ヶ月に一回はあり、最悪な場合だと手伝いの前日か次の日に2泊で石川県への出張が入ることも多かったです。

 

この石川県への出張がなにより大変で、まずは福井県への営業を1件してから石川県へ移動していました。

 

 

とにかく毎日のように車を使い高速道路での移動の日々で、ときにはバイヤーを交えての懇親会に参加しなくてはならず辛かったです。

 

遠方で開催されるバイヤー同士の勉強会への参加も年に2回ありました。

 

 

労力と見合わない給料

入社して最初の1年は、土曜日の午前は会社に出勤して商品の管理もしなくてはならず、給料と労働力が見合っていない状態でした。

 

なにより、出退勤を管理するタイムカードなんてものはありませんでしたので、残業代もなくボーナスもなし。

 

自分の休みに関わらず、取引先のお店は休みではないので電話はかかってくるし、注文もある。

 

週に一回は担当しているお店各々に店頭の在庫確認をしに行かなくてはならない。

 

 

営業職でしたが、他の業務を兼用している部分がとても多かったです。

 

なにより、新規開拓もしなくてはいけないのが営業職ですので、同じ衣料品メーカーの営業仲間の伝手を借りることもありました。

 

 

女一人でつらかった飲み会

地域密着型の小売店や大手の衣料品販売を手掛けるスーパーへの営業がメインでしたので、同業者は中年の男性がほぼ100%。

 

中年の男性営業マンと一緒に参加しなくてはいけない、新年会や親睦会に女性は私一人で浮いていたと思います。

 

 

そこで築いた人脈は新規開拓時にはとても役立ちましたが、出張先で飲みに誘われたら断ることもできず、案外一番つらかったかもしれません。

 

特に、役職が高い人だった場合は私が食事代を出すこともありました。

 

最終的には経費で落ちますが、一時的にでも自分でお金を持たなくてはいけませんでした。

 

 

自宅に仕事を持ち帰ることも多く、営業用の商品段ボールが玄関を占拠してしまうことも。

 

商品に値札を貼って、エクセルで品番の管理表を作って、明日持っていく商品をスーツケースに入れて、納品書を作って。

 

営業職が本当にしなくてはいけない仕事なのか疑問なものも沢山ありました。

 

スポンサーリンク

派遣事務に転職してわかった派遣のよさ10個!

結婚を機に、一般事務の派遣社員へと転職しました。

 

商業高校を出ていたので、事務をするのに有利な資格を複数所持しておりブランクはありませんでした。

 

 

1. 派遣は残業がないし残業代も出る

派遣は勤怠管理がとても厳しく、残業をしなくてはいけない日はほとんどなく、あっても30分程度(しっかり残業代も出ました)。

 

 

派遣先の会社も、もし残業になりそうな場合は先に派遣社員を返してくれていたのでとても助かりました。

 

9時から17時のシフトで、完全週休2日制で私は働いていましたが、同じ派遣会社からきている人の中には週3日の人も。

 

比較的自由にシフトを組むことができ有難かったです。

 

 

2. 派遣は急な休みが取れる

なにより、急に出社できなくなってしまっても他の事務スタッフがフォローしてくれるのでとても助けられました。

 

営業職時代は、私の担当するエリアを他の人がフォローしてくれることはなく、休むことができない状況でしたので。

 

 

3. 派遣はお昼休みがフルに取れる

そして、お昼休みもしっかりと60分とれてうれしかったです。

 

営業職時代は、移動時間内に手っ取り早く済ましてしまわないといけませんでした。

 

もし、相手から時間の指定があればお昼が15時近くなることもざらにありました。

 

 

しかし、事務に転職してからは派遣先の会社が指定する昼休憩の時間がありましたので、私たちも社員と同じ時間に休憩が取れます。

 

社員と一緒に会社近くのお店に外食することも多く、とても良い職場環境でした。

 

 

4. 派遣の仕事は役割がきっちりしている

事務スタッフの中でも、何チームかに分かれて担当する内容が決められていたので、余分な仕事をすることもありません。

 

私は電話対応と請求書の作成をしていました。

 

 

事務職に就く前は、来訪者へのお茶だしやコピー、資料作成など雑務全てをしなくてはならないだろうと思っていました。

 

しかし、私の派遣先はスタッフが多いこともあり、細かく役割分担がされていたので、初めての事務職でも集中して業務をこなすことができ、逆に効率の良い仕事ができていたと思います。

 

 

5. 派遣は飲み会がまったくない

きっと飲み会も多いのだろうと覚悟していましたが、全くありませんでした。

 

たまたまそういう会社だっただけかもしれませんが。

 

 

なにより、私はオフィス内で仲間と一緒に仕事ができる空間が居心地よかったです。

 

 

今までは全ての業務を自分一人で行っていて、ひたすら車の運転・営業の日々で、失敗をしたら自分でカバーしなくてはならない。

 

ときにはクレーム対応だってある。

 

体力的にも、精神的にもつらかったです。

 

 

でも、事務スタッフになると先輩スタッフが教えてくれるし、担当でない仕事はその担当の人にまわす。

 

逆に私の仕事、これだけで良いの?と最初は思ってしまいました。

 

スポンサーリンク

 

6. 派遣は休みをしっかりとれる

シフトは、週5日勤務でしたが土日や祝祭日も休みで、年末年始やゴールデンウィークなどもしっかりと休みを取ることができ、自分の時間を作ることができるようになりました。

 

 

営業職時代は休みの日でも取引先から商品の注文電話は相手の営業時間内でしたら、こちらの事情に関わらず鳴りましたし、たとえその日自分が休みでも持ってきて欲しいと頼まれれば出向かなくてはいけませんでした。

 

派遣の事務に転職すると、勤務時間外にお客さんから電話がくるなんてことはありませんし、出張もありません。

 

 

7. 派遣はアフター5に自分の時間をしっかり持てる

朝は8時に自宅を出ても、会社までは車で片道30分の距離でしたので、朝に洗濯物や洗い物、掃除ができるように。

 

17時に退勤できるので、帰りぎわにスーパーへ買い物に行き晩御飯の準備をして、ゆっくりお風呂に入れて、それでもまだ自分の時間を作ることができるようになりました。

 

 

この何でもない普通のことが営業職時代にはできていなくて、あのまま働いていたら過労死していただろうなと思います。

 

なにより、夫婦の時間がすれ違うこともなく、子どもを授かることができました。

 

 

8. 派遣になって自由に旅行に行けるように

営業職時代、夫とは同棲をしており、相手は18時には帰宅できる仕事環境で、恥ずかしながら家事全般をしてもらっていました。

 

帰宅時間も遅いので、一緒に暮らしているのに別居しているような雰囲気がお互い苦しかったと思います。

 

 

せっかく二人で出かけようとなっても、出先で仕事の電話が入ることも多く本当に申し訳ない気持ちでいっぱいでした。

 

でも、勤怠管理が徹底されている事務の派遣に転職してからは、お互いの時間をしっかりと作ることもできるし、ちゃんと家のことも支え合ってできるように。

 

今まで出来なかった泊りがけでの旅行も行けるようになりました。

 

 

9. 派遣になってプライベートの生活が充実した

営業時代は自分のことで精いっぱいで、趣味を楽しむ時間なんてなかったし、プライベートはあるようでないようなものでした。

 

会社からの呼び出しもあったし、取引先第一の生活は本当に肩身が苦しい環境で、鬱にでもなるのではないかと両親に心配されるほどでした。

 

 

なにより不摂生がこうじて、入社してから体重は10キロ近く減量しましたし、身体の疲れはとれないし、ストレスが溜まってパトナーと喧嘩になるしで、とても充実した私生活なんてものは程遠かったです。

 

ですが、事務の派遣に転職してからは一般的な20代の女性がするような、友達とランチに行ったり、彼氏とデートしたり、趣味の料理教室に通い始めたりととても充実した日々を過ごせるようになりました。

 

 

業種も勤務形態も全く違う世界でしたし、派遣はいつクビになるかわからないし、雑務ばかりさせられるのではないかと不安でしたが、今までの環境とは比べ物にならないほど良い仕事に巡り合えたと思います。

 

私は初めから1年での契約で、何もなければそのまま契約更新をしていくような派遣契約だったのですが、途中で不当な解雇をされることもありませんでしたし、身の回りにもそのような派遣社員はいませんでした。

 

 

10. 派遣は妊婦に優しい

なにより、妊娠が判明し契約をどうするかという話になったときも、私はあと半年は仕事を続けたいと思っていた旨を話すと、契約の変更もしてくれました。

 

その間に同じ派遣会社から新しい事務スタッフが入り、私の引継ぎがちゃんとできるようにしてくれたので、仕事に穴が開いてしまう事も防ぐことができました。

 

 

午前中は妊婦検診に行き、午後から出勤することもできたのでとても助かりました。

 

これは、途中で固定給から時給制に勤務形態変更をしてくれたことで、罪悪感なく勤務することができたのが大きかったです。

 

同僚の事務の先輩がたは、子持ちの人も多く、身の大変さを理解してくれていたのでとても助けてくれました。

 

 

営業職時代は、家族経営で社員はわずか5名(内3人が肉親)で、女性スタッフは私のみでしたので、ここまでのサポートは得られなかっただろうし、過酷な勤務環境で子どもを授かることなんて不可能だったと思います。

 

そして、子どもが小さいと保育園に預けていても、熱で急に仕事を休まなくてはいけないため、どうしても働き先を見つけるのは難しくなり、パートでの勤務がほとんどになってしまうと思います。

 

でも、派遣ならば退勤時間の管理がしっかりしており、残業もほぼありませんのでお迎えも早く行ける。

 

上手に時間の使い方を考えられる、勤務形態だと思います。

 

スポンサーリンク

楽な派遣の仕事を見つけたい人へ。オススメの派遣会社はこちら

派遣会社を選ぶならなるべく大手で評判のいいところをオススメします。

大手で評判の良い派遣会社なら求人の数も質も高いので楽でホワイトな職場環境の求人が見つかりやすいですよ。

→評判のいい派遣会社を比較! ぶっちゃけ大手5社を選べば間違いない

スポンサーリンク

関連ページ

月100時間残業の正社員から派遣社員に転職したら給料が上がってびっくりした話
KJさんは安定を求めてビジネスホテルのフロント係に正社員として入社しました。 しかし入社後すぐにそれまで働いてた先輩たちがやめてしまい、その埋め合わせで残業することに。 毎日5時間、月100時間もの残業を強いられる生活をすることになりました。 そんなKJさんの地獄の正社員時代の話と、派遣社員になって大きく変わったことを体験談を紹介します。
100時間サービス残業のエンジニア系正社員から派遣社員に転職して人生変わった話
エンジニア系の正社員は残業が多い職場が多いと思います。 残業代も適切に支払われない会社もあります。 MPさんが大卒で入社したシステム開発の会社も例外ではありませんでした。 今回はMPさんが100時間サービス残業のエンジニア系正社員から派遣社員に転職して人生変わった体験談を紹介します。
残業200時間パワハラありのブラック企業から派遣社員に転職した話
ずっと就職できずにいたkhさんはある食品会社にやっと内定してすぐに寮生活となり、働くことに。 しかしその会社はドがつくほどのブラック企業。 朝7時から24時が過ぎるまで働かされて給料はたったの月収20万程度。 そんなkhさんでしたが派遣社員に転職して生活が180℃変わりました。
残業が多くて疲れが限界に達して体を壊し、派遣社員に転職して健康を取り戻した話
せみ子さんは経理として正社員の仕事に転職しました。 仕事が楽しく、最初は残業も気にならなかったようですが、徐々に体を壊し、ある日起き上がれなくなり、病院に言ったら貧血と栄養失調。 完全に体を壊していました。 そこで残業のない派遣社員に転職し、健康を取り戻したのでした。
介護職で残業の疲労とストレスの限界で辞めて派遣社員になった話
しず子さんは正社員として入社した介護職で、入社6ヶ月目で責任者に任命されてしまいました。 マネジメント経験もなく、先輩ばかりの環境で責任者の仕事はストレスも多く、サービス残業も強いられました。 その上どんどん人が辞めて負担が重くなり、仕事はきつくなっていくばかり。 限界を感じて退職することにし、派遣社員になって自分の人生を取り戻しました。
残業120時間の会社を辞めて派遣社員になり、独立開業を目指してる話。
NKさんは新卒入社したシステム開発の会社で、残業時間が多く、サービス残業も発生する環境を経験しました。 このままでは廃人になってしまうため、同期と相談し、退職して派遣社員になることに。 今では残業がほぼなく、自由時間の多い派遣社員をやりながらスキルアップや資格を取得して独立開業を目指してます。 そんなNKさんの体験を紹介します。
残業100時間の会社で4年働き、派遣社員に転職したら天国だった話
由美子さんは元々接客業をしていて、初めて製造系の会社の正社員になりました。 それまで転職が多かったので頑張ろうと意気込んでいました。 しかしその会社は残業100時間なのに薄給のブラック企業でした。 毎日辞めたくて仕方ないのに頑張って4年間働いた由美子さんは派遣社員に転職し、天国だと感じました。 今回はそんな由美子さんの転職体験を紹介します。
毎日怒鳴られるパワハラ地獄の営業の仕事から派遣社員に転職したら天国だった話
れんさんは就職氷河期に自分の意志とが違う営業の仕事に就きました。 その仕事は完全なブラック企業でパワハラが当たり前のように行われていました。 パワハラが常態の営業の仕事から派遣社員に転職したら完全に地獄から天国のようでした。 今回はそんなれんさんの転職体験を紹介します。
ニートでも派遣社員になれる?3年間引きこもりニートが派遣で人生変わった話
陽平さんは大学を4年留学し、その結果就活が上手くいかず、大学卒業後は実家に帰ってニートになり、引きこもってました。 あるとき決心して派遣社員の仕事を探して働くことに。 ニートでも派遣社員の仕事は見つかるのか、実際に見つけてうまくいった陽平さんの体験談を紹介します。
人材派遣の営業職がつらいから派遣社員の営業事務に転職した話
JAMさんは人材派遣会社の営業として働いてました。 しかし人材派遣会社の営業は人を扱う仕事。 ストレスがひどく、残業も多くてつらい毎日を送っていました。 このままじゃ体を壊すと思って仕事を辞め、残業なしの営業事務の派遣社員に転職。
営業の待遇の悪さに不満を持ち、派遣に転職して生活が変わった話
あきさんは新卒の会社で希望と違う営業に配属されました。 営業は残業が多く、仕事も大変なのに給与は内勤と変わらず、待遇の悪さに不満を持ちました。 そこで派遣社員に転職してみたら給与は変わらないのに職場環境が一気に改善され、生活が変わったのでした。
インテリア販売の仕事が辛くて派遣社員に転職したら180℃違う世界だった話
マミーさんはインテリア販売の仕事に正社員として就職しました。 しかし販売の仕事はマミーさんが思ってたよりかなりつらいものでした。 そこで派遣社員に転職したところ、販売とは180度違う世界だったのです。
アパレル販売で声かけを強制される正社員が嫌で派遣に転職したら天国だった
アパレル販売の仕事に声かけがあります。 お客さんは声をかけられるのが嫌な人も多いです。 でも上司に声かけを強制されたらするしかありません。 そんな声かけが嫌になった正社員が同じアパレルの派遣社員に転職したら環境が180℃変わり、地獄から天国に行った気分を味わった、というミニーさんの体験をお伝えします。
携帯ショップの店長が辛いので派遣社員に転職し当たり前の幸せを実感した話
あきさんは携帯ショップの店長をしていました。 携帯ショップの店長の仕事は休みが少なく、残業も多く、体力も精神力もかなり消耗するつらい仕事でした。 そこで派遣社員に転職したところ、ライフワークバランスが改善され、人間らしい生活が送れるようになりました。
新卒の会社がブラックだったので派遣社員に転職したら給与が10万上がった話
ミキさんは新卒でブラック企業に就職してしまいました。 終電帰りの毎日に体調を崩し、退職してからしばらくはアルバイトをしていました。 そんなある日、派遣社員の求人広告を見つけて応募し、派遣社員になってた結果、なんと派遣社員になったことで勤務時間が激減したのに給与は10万も上がったのです!
美容師が辛すぎたので辞めて派遣の事務職に転職したら天国だった話
派遣社員に転職した人の体験談を紹介します。
バーテンダーの給与が安すぎたので派遣社員に転職したら生活が裕福になった話
たくやさんはバーテンダーとして働いてました。 小さめのバーを一人で回すお店で、仕事は忙しく昼夜逆転もあり大変でしたが給与が少なく貧乏生活をしていました。 そんなある日バーテンダーの仕事をクビになり、派遣社員に転職した結果、給与が一気に増えて生活が裕福になったのです。
飲食店の社員がきつすぎて派遣のオフィスワークに転職!地獄から天国へ
派遣社員に転職した人の体験談を紹介します。
未経験で入ったプログラマーが暇すぎて辛かったので派遣に転職した話
ぴこさんは未経験でプログラマーになりました。 しかし入ったIT会社が暇かつ放任主義。 暇でラッキーと思う人もいるかもしれませんが、ぴこさんにとって暇でやることがないのは苦痛でした。 そこで派遣社員に転職することにしたのでした。
小さな会社のSE正社員から派遣SEに転職したら年収100万以上上がった話
たくみさんは情報処理の専門学校卒業後、小さなシステム開発会社に正社員として入社しました。 しかしその会社は4年で潰れてしまい、その後派遣SEに転職しました。 その結果給与が上がり、年収にして100万以上も上がったのです!
不満の多かった正社員プログラマーから派遣SEに転職したら正解だった
NAOT.エンジニアリングさんはプログラマー正社員として働いてました。 しかしその会社はプログラマーの仕事の指示の段取りが悪く、非常に効率が悪い仕事をの仕方をしていて不満がたまり、仕事を辞めることに。 次の仕事は効率を求めて派遣社員(SE)になりました。 その結果、仕事の効率が良くなり、給与も上がり、転職して大正解でした。
介護の正社員がサービス残業多すぎたので介護の派遣に転職した話
ちーちゃんさんは介護の仕事が好きで、介護職員として正社員になりました。 しかし正社員の仕事はサービス残業や休日出勤も多かったので辞めることに。 その後同じ介護職の派遣社員に転職した結果、残業なしで介護の仕事ができたことで仕事もプライベートも充実するようになりました。
デイサービスの仕事が辛かったので派遣社員に転職して自分の人生を取り戻した話
satsukichanさんは専門学校卒業後、デイサービスの介護の仕事に就きました。 しかしデイサービスの仕事は残業や休日出勤などの時間外労働が多く、かつ深すぎる人間関係が辛く、疲れてしまいました。 そこで派遣社員に転職して自分の人生の舵を取り戻したのです。
40代で介護職正社員に就職したがつらいので辞めて派遣社員に転職した話
助太刀さんは就職氷河期時代、40代で他に正社員になれる仕事がなかったため、介護職に就職しました。 介護職はやりがいこそありましたが、残業が多く、割に合わない仕事でした。 そのため、結局やめて派遣社員に転職することになりました。
介護職に転職したらパワハラと残業がひどい超ブラック企業だったので派遣に転職した話
アビバノンさんは元々ブラックな広告制作会社で働いていてパワハラや残業が限界で転職することに。 しかし転職先の介護の仕事はさらにブラックでした。 つまりブラック企業からブラック企業に転職してしまったのです。 それでも1年くらい働いた後、派遣社員に転職してなぜもっと早く派遣社員にならなかったのか後悔することになりました。
システムエンジニアの正社員の仕事が辛いので派遣SEに転職して10万以上給与が上がった話
青空に浮かぶはぐれ雲さんは小さなシステム開発の会社に転職しました。 その会社で新しい言語を覚えるように言われ、その言語を使う職場に配属されましたが、覚えられず、辛くなり会社を辞めることに。 その後開発言語を自分で選べる派遣SEに転職した結果、自分のやりたいことができて仕事が楽しくなりました。
エンジニアの仕事から営業事務に転職して仕事中会話する楽しさを知った話
アンダルシア敏郎座衛門さんはエンジニアの仕事をしていました。 やはりIT業界は残業が多く、休日出勤もたびたびあり、身体が休まりません。 そして仕事中は会話がなく、つまらない毎日に嫌気がさしていました。 そこで派遣社員の営業事務に転職した結果、仕事中会話できる楽しさや休日ちゃんと休める楽しさを知ったのでした。
ITエンジニアが鬱になる理由とホワイトな派遣社員に転職すべき理由
由美子さんはITエンジニアとして働いてました。 その職場では月に1回鬱になる人が出ていました。 ITエンジニアが鬱になる理由は何なのか、またホワイトな派遣社員に転職すべき理由をお伝えします。
広告業界の正社員が辛かったので広告業界の派遣社員に転職して残業が140時間→10時間に減った話
大手求人広告の営業として25歳で中途入社しました。 初めての営業職でしたので、苦労することは覚悟していましたが、広告業界は思った以上に大変な仕事でした。 週間誌だったこともあり、毎週締め切りがあり、締め切りの金曜日はもう地獄絵図でした。
ゲーム業界が残業多すぎて辛いので派遣社員に転職したら職場環境が激変した。
ちょこぼの巣は太平洋さんはゲーム業界勤めてました。 そんなゲーム業界では発売前の残業が非常に多く、1週間家に帰れないことも。 そこで派遣社員に転職した結果、給与が増え、定時に帰れるようになり、職場環境が激変しました。