40代で介護職正社員に就職したがつらいので辞めて派遣社員に転職した話

40代で介護職正社員に就職したがつらいので辞めて派遣社員に転職した話

40代で介護職正社員に就職したがつらいので辞めて派遣社員に転職した話

助太刀さんは就職氷河期時代、40代で他に正社員になれる仕事がなかったため、介護職に就職しました。

 

介護職はやりがいこそありましたが、残業が多く、割に合わない仕事でした。

 

そのため、結局やめて派遣社員に転職することになりました。

スポンサーリンク

助太刀さんの介護の正社員の頃と派遣の頃の残業時間と給料の比較

職種 残業時間 給料
正社員のとき 介護職員 1日4時間、月100時間 30万
派遣社員のとき コールセンター なし 25万円

介護職正社員時代の辛かった話

私のような40代は就職氷河期世代、そのため男性でも非正規雇用で働いている者は珍しくなく、正規雇用として就ける限られた職種が介護職でした。

 

望んで就いた仕事ではありませんが、決して望まれていない仕事でもなく、要介護者さんやその御家族からは感謝され、介護職は非常にやりがいを感じられる仕事ではあります。

 

しかし個人が行えるには限界を超えているのが現在の介護現場です。

 

 

制度上では、各介護施設に決められた人員を置かなくてはならないのですが、どこの介護施設も人手不足が改善されていません。

 

設立当初は決められた人員を配置しているのですが、その人員は運営許可を得るためだけの見せかけ、徐々に人員は減っていき、要介護者さんを残して離職が出来ない心優しい介護スタッフによって、現在の介護は救われています。

 

 

通常、新しいスタッフが加わったら、容易な仕事はその者が担当するためベテランスタッフの仕事は軽減されると思うのですが、介護の世界は他の職種と比べ非常に離職率が高く、新しいスタッフが加わっても長続きしてもらうために、ベテランスタッフが気を遣っています。

 

人が嫌がる業務はベテランスタッフが担当、介護に付随した容易な業務を新人スタッフが担当、そのため、いつまで経っても新人スタッフの介護スキルは向上せず、それに不満を抱いて新人スタッフは辞めてしまう悪循環になっています。

 

 

介護スタッフにとっては、要介護者さんをお預かりしてから介護の業務が始まりますが、要介護者さんの家族の中には、施設に預けたら御役御免と思っている者は決して少なくありません。

 

どうせボケ(認知)ていて、顔を見ても分からないから施設には行かないという家族もいますが、認知の方でも記憶が一時的に戻れば家族に会いたいと思われ、例え会話が出来なくても御家族の方が手を握ってあげれば、介護スタッフが握った時とは異なる温和な表情をされます。

 

 

長年、介護の仕事に携わっていると、施設に預けられた段階で、この利用者さんは家族に大事にされている、この利用者さんの家族は見舞いに来なくなるかが分かるようになり、核家族化が更に進む今後は孤独老人が増えることは確実です。

 

 

そうならないためにも、介護スタッフが家族の代わりを務めようと努力をしているのですが、介護スタッフにも家に帰れば介護を必要とする者がおり、仕事と家事で一杯一杯、自分の家族は預けることが出来ず、それでも他人の御世話はしなくてはなりません。

 

 

施設であれば設備が整い、少ないなりにスタッフはいるので、要介護者の具合が悪くなっても看護や医療機関へ搬送をすることが出来ますが、居宅で行う介護の場合は、介護スタッフが一から十まで行わなくてはならないため責任重大です。

 

介護レベルによって行える業務が決まっていますが、困っている者が目の前にいて、私はここまでしか行なえませんとは言えず、居宅して行う介護の多くで、本来の業務を越えた介護をしている現状があります。

 

 

居宅で厄介なのは駐車スペース、交通量が少ない地方であれば、路駐をしても近隣に迷惑になるようなことはないのかもしれませんが、都市部だと駐車代に1ヶ月数万円と高額なため、介護スタッフの車を停めて置くスペースまで確保されていません。

 

違法な駐車をしていて不利益を被るのは、車を停めていた介護スタッフ、施設に肩代わりを頼んでも支払ってくれることはありません。

 

 

高額な報酬を得られているのであれば、コインパーキングを利用できるのですが、自身の家族を施設に預けられない者には、そんな余裕はありません。

 

 

居宅の介護ではスタッフがトラブルに巻き込まれることもよくあります。

 

一番よあるのはモノの紛失、その家に訪れているのが介護スタッフだけだと、確実にその介護スタッフが疑われます。

 

 

核家族では介護の世話をしているのも高齢者、高齢者は決め付ける傾向があり、モノが紛失をするとまずは他人を疑いますが、実際は多くが勘違い、疑われた介護スタッフが部屋を探すと見付かることは良くあること、他の家族がいる場合だと、そもそもそのモノ自体が無かったこともあります。

 

言葉では感謝を述べられても、一度疑われると関係を修復するのは互いに困難です。

 

 

介護スタッフとしては、要介護者さんの御世話でも大変なのに、訪問した家にペットがいると更に大変、身のお世話をしていると、ペットは御主人が虐待されていると思いキャンキャン吠え、マーキングなどの匂いも鼻をつきます。

 

介護スタッフは糞尿の臭いに敏感、それは単に衛生的な面だけではなく、糞の形状等で健康面を判断、認知が進むとトイレの場所が分からず、至る所でオシッコをしてしまう利用者さんもいるからです。

 

 

利用者の臭いなのか、それともペットの臭いなのか、どちらにしても他人の糞尿の臭いはストレス、それでも介護スタッフは利用者さんの健康に気を遣わなくては務まりません。

 

 

介護の仕事は過酷、それに見合った報酬が得られれば我慢も出来ますが、いつまで経っても報酬は上がらず、長く勤めるほど他の職種に就いた者との賃金格差は大きくなります。

 

介護職は他の職種に比べ賃金は低いですが、夫婦で働けば家族を養える賃金は得られます。

 

 

そのため、夫婦やカップルで働いている者もおり、同僚としては仲良く働いてくれれば、長期に働いてもらえるため有り難いのですが、介護施設を宿泊施設と勘違いしている残念なカップルもいます。

 

 

介護施設には入浴施設やベッドがあり、本来は利用者さんが使うものなのですが、宿泊施設と勘違いしている残念なカップルは、それら施設をカップルで使用をしています。

 

利用者さんの安全を考慮し介護施設内には至る所に監視カメラが付いており、残念なカップルはそれに気付かずハレンチな行為に及ぶのですから本当に気の毒です。

 

せめて自分たちが利用したベッドなどは、元通りの状態に戻してくれれば良いのですが、そこまで気が回るような者であれば公私混同はしません。

 

 

高額な料金を支払えるセレブであれば、充実した設備の整った高級介護施設に直ぐにでも入所できますが、一般の方が利用出来るリーズナブルな介護施設に入所するには順番待ちです。

 

順番待ちをしているのは利用者さんだけでなく、介護スタッフも同じ。

 

 

ただし、介護スタッフの場合は辞める順番待ち。

 

いきなり介護施設を辞めてしまったら、利用者さんや他のスタッフに迷惑、そのため事業を縮小するか代わりになり得る人材が新しく入るまで、辞めたくても辞められません。

 

 

私の場合は、他の介護施設で実績がある者が入って来てくれたお陰で、その者の成長を待つことなく、長年働いた介護施設を辞めることが出来ました。

 

スポンサーリンク

コールセンターの派遣社員に転職して生活が変わった

介護施設を辞めてからしばらくは、困っていないか気掛かりでしたが、派遣社員として働くようになってからは、毎日楽しい生活を送らせてもらっています。

 

社員と言えども派遣、つまり臨時要員、今までは辞めるに辞められない職場でしたが、派遣社員になってからは臨時的に必要とされているだけのため、さほど期待はされていないのかもしれませんが、荷が軽いのは精神的に楽です。

 

 

派遣社員として働いているのは某企業のコールセンター、空調の効いた職場でほとんどの時間を席から離れることがないため、介護の仕事が体力的に辛くなっていた私には快適な職場環境です。

 

 

介護施設では糞尿や感染を予防するためにマスクが必須でしたが、コールセンターでは女性スタッフの割合が高く、職場はどこも香水などの甘い香りが漂っています。

 

介護をしている時は、業務の合間を見て食事をしていたのですが、派遣であっても社員食堂は正社員同様に使わせてもらうことが出来、また、食事時間は確保されているので、時間に追われて食事をすることはなくなりました。

 

 

介護スタッフをしていて辛かった1つが、たまの休日の前日に、明日入ってくれないかと頼まれること、ギリギリの人員で回していることは重々承知、介護スタッフとして働いている時は休みを頂くのが悪いように思えましたが、派遣社員ではキッチリ休みがあるため、休みの予定は立てやすいです。

 

また、派遣社員が必要とされる分野は成長産業が多く、携わっている業務が現在の経済に関与していると思えることは人生の励みになりますし、友人らと会った時でも話題に付いて行けるようになりました。

 

スポンサーリンク

楽な派遣の仕事を見つけたい人へ。オススメの派遣会社はこちら

派遣会社を選ぶならなるべく大手で評判のいいところをオススメします。

大手で評判の良い派遣会社なら求人の数も質も高いので楽でホワイトな職場環境の求人が見つかりやすいですよ。

→評判のいい派遣会社を比較! ぶっちゃけ大手5社を選べば間違いない

スポンサーリンク

関連ページ

月100時間残業の正社員から派遣社員に転職したら給料が上がってびっくりした話
KJさんは安定を求めてビジネスホテルのフロント係に正社員として入社しました。 しかし入社後すぐにそれまで働いてた先輩たちがやめてしまい、その埋め合わせで残業することに。 毎日5時間、月100時間もの残業を強いられる生活をすることになりました。 そんなKJさんの地獄の正社員時代の話と、派遣社員になって大きく変わったことを体験談を紹介します。
100時間サービス残業のエンジニア系正社員から派遣社員に転職して人生変わった話
エンジニア系の正社員は残業が多い職場が多いと思います。 残業代も適切に支払われない会社もあります。 MPさんが大卒で入社したシステム開発の会社も例外ではありませんでした。 今回はMPさんが100時間サービス残業のエンジニア系正社員から派遣社員に転職して人生変わった体験談を紹介します。
残業200時間パワハラありのブラック企業から派遣社員に転職した話
ずっと就職できずにいたkhさんはある食品会社にやっと内定してすぐに寮生活となり、働くことに。 しかしその会社はドがつくほどのブラック企業。 朝7時から24時が過ぎるまで働かされて給料はたったの月収20万程度。 そんなkhさんでしたが派遣社員に転職して生活が180℃変わりました。
残業が多くて疲れが限界に達して体を壊し、派遣社員に転職して健康を取り戻した話
せみ子さんは経理として正社員の仕事に転職しました。 仕事が楽しく、最初は残業も気にならなかったようですが、徐々に体を壊し、ある日起き上がれなくなり、病院に言ったら貧血と栄養失調。 完全に体を壊していました。 そこで残業のない派遣社員に転職し、健康を取り戻したのでした。
介護職で残業の疲労とストレスの限界で辞めて派遣社員になった話
しず子さんは正社員として入社した介護職で、入社6ヶ月目で責任者に任命されてしまいました。 マネジメント経験もなく、先輩ばかりの環境で責任者の仕事はストレスも多く、サービス残業も強いられました。 その上どんどん人が辞めて負担が重くなり、仕事はきつくなっていくばかり。 限界を感じて退職することにし、派遣社員になって自分の人生を取り戻しました。
残業120時間の会社を辞めて派遣社員になり、独立開業を目指してる話。
NKさんは新卒入社したシステム開発の会社で、残業時間が多く、サービス残業も発生する環境を経験しました。 このままでは廃人になってしまうため、同期と相談し、退職して派遣社員になることに。 今では残業がほぼなく、自由時間の多い派遣社員をやりながらスキルアップや資格を取得して独立開業を目指してます。 そんなNKさんの体験を紹介します。
残業100時間の会社で4年働き、派遣社員に転職したら天国だった話
由美子さんは元々接客業をしていて、初めて製造系の会社の正社員になりました。 それまで転職が多かったので頑張ろうと意気込んでいました。 しかしその会社は残業100時間なのに薄給のブラック企業でした。 毎日辞めたくて仕方ないのに頑張って4年間働いた由美子さんは派遣社員に転職し、天国だと感じました。 今回はそんな由美子さんの転職体験を紹介します。
毎日怒鳴られるパワハラ地獄の営業の仕事から派遣社員に転職したら天国だった話
れんさんは就職氷河期に自分の意志とが違う営業の仕事に就きました。 その仕事は完全なブラック企業でパワハラが当たり前のように行われていました。 パワハラが常態の営業の仕事から派遣社員に転職したら完全に地獄から天国のようでした。 今回はそんなれんさんの転職体験を紹介します。
ニートでも派遣社員になれる?3年間引きこもりニートが派遣で人生変わった話
陽平さんは大学を4年留学し、その結果就活が上手くいかず、大学卒業後は実家に帰ってニートになり、引きこもってました。 あるとき決心して派遣社員の仕事を探して働くことに。 ニートでも派遣社員の仕事は見つかるのか、実際に見つけてうまくいった陽平さんの体験談を紹介します。
人材派遣の営業職がつらいから派遣社員の営業事務に転職した話
JAMさんは人材派遣会社の営業として働いてました。 しかし人材派遣会社の営業は人を扱う仕事。 ストレスがひどく、残業も多くてつらい毎日を送っていました。 このままじゃ体を壊すと思って仕事を辞め、残業なしの営業事務の派遣社員に転職。
営業職がつらいので派遣事務に転職してわかった派遣の良さ10個!
毎日県境に車で移動して営業。 当たり前のように残業代なし。 休日出勤も当たり前。 そんな労働環境の中で過労死しそうだったので派遣事務に転職。 営業職とは180℃違う派遣の良さを知ったのでした。
営業の待遇の悪さに不満を持ち、派遣に転職して生活が変わった話
あきさんは新卒の会社で希望と違う営業に配属されました。 営業は残業が多く、仕事も大変なのに給与は内勤と変わらず、待遇の悪さに不満を持ちました。 そこで派遣社員に転職してみたら給与は変わらないのに職場環境が一気に改善され、生活が変わったのでした。
インテリア販売の仕事が辛くて派遣社員に転職したら180℃違う世界だった話
マミーさんはインテリア販売の仕事に正社員として就職しました。 しかし販売の仕事はマミーさんが思ってたよりかなりつらいものでした。 そこで派遣社員に転職したところ、販売とは180度違う世界だったのです。
アパレル販売で声かけを強制される正社員が嫌で派遣に転職したら天国だった
アパレル販売の仕事に声かけがあります。 お客さんは声をかけられるのが嫌な人も多いです。 でも上司に声かけを強制されたらするしかありません。 そんな声かけが嫌になった正社員が同じアパレルの派遣社員に転職したら環境が180℃変わり、地獄から天国に行った気分を味わった、というミニーさんの体験をお伝えします。
携帯ショップの店長が辛いので派遣社員に転職し当たり前の幸せを実感した話
あきさんは携帯ショップの店長をしていました。 携帯ショップの店長の仕事は休みが少なく、残業も多く、体力も精神力もかなり消耗するつらい仕事でした。 そこで派遣社員に転職したところ、ライフワークバランスが改善され、人間らしい生活が送れるようになりました。
新卒の会社がブラックだったので派遣社員に転職したら給与が10万上がった話
ミキさんは新卒でブラック企業に就職してしまいました。 終電帰りの毎日に体調を崩し、退職してからしばらくはアルバイトをしていました。 そんなある日、派遣社員の求人広告を見つけて応募し、派遣社員になってた結果、なんと派遣社員になったことで勤務時間が激減したのに給与は10万も上がったのです!
美容師が辛すぎたので辞めて派遣の事務職に転職したら天国だった話
派遣社員に転職した人の体験談を紹介します。
バーテンダーの給与が安すぎたので派遣社員に転職したら生活が裕福になった話
たくやさんはバーテンダーとして働いてました。 小さめのバーを一人で回すお店で、仕事は忙しく昼夜逆転もあり大変でしたが給与が少なく貧乏生活をしていました。 そんなある日バーテンダーの仕事をクビになり、派遣社員に転職した結果、給与が一気に増えて生活が裕福になったのです。
飲食店の社員がきつすぎて派遣のオフィスワークに転職!地獄から天国へ
派遣社員に転職した人の体験談を紹介します。
未経験で入ったプログラマーが暇すぎて辛かったので派遣に転職した話
ぴこさんは未経験でプログラマーになりました。 しかし入ったIT会社が暇かつ放任主義。 暇でラッキーと思う人もいるかもしれませんが、ぴこさんにとって暇でやることがないのは苦痛でした。 そこで派遣社員に転職することにしたのでした。
小さな会社のSE正社員から派遣SEに転職したら年収100万以上上がった話
たくみさんは情報処理の専門学校卒業後、小さなシステム開発会社に正社員として入社しました。 しかしその会社は4年で潰れてしまい、その後派遣SEに転職しました。 その結果給与が上がり、年収にして100万以上も上がったのです!
不満の多かった正社員プログラマーから派遣SEに転職したら正解だった
NAOT.エンジニアリングさんはプログラマー正社員として働いてました。 しかしその会社はプログラマーの仕事の指示の段取りが悪く、非常に効率が悪い仕事をの仕方をしていて不満がたまり、仕事を辞めることに。 次の仕事は効率を求めて派遣社員(SE)になりました。 その結果、仕事の効率が良くなり、給与も上がり、転職して大正解でした。
介護の正社員がサービス残業多すぎたので介護の派遣に転職した話
ちーちゃんさんは介護の仕事が好きで、介護職員として正社員になりました。 しかし正社員の仕事はサービス残業や休日出勤も多かったので辞めることに。 その後同じ介護職の派遣社員に転職した結果、残業なしで介護の仕事ができたことで仕事もプライベートも充実するようになりました。
デイサービスの仕事が辛かったので派遣社員に転職して自分の人生を取り戻した話
satsukichanさんは専門学校卒業後、デイサービスの介護の仕事に就きました。 しかしデイサービスの仕事は残業や休日出勤などの時間外労働が多く、かつ深すぎる人間関係が辛く、疲れてしまいました。 そこで派遣社員に転職して自分の人生の舵を取り戻したのです。
介護職に転職したらパワハラと残業がひどい超ブラック企業だったので派遣に転職した話
アビバノンさんは元々ブラックな広告制作会社で働いていてパワハラや残業が限界で転職することに。 しかし転職先の介護の仕事はさらにブラックでした。 つまりブラック企業からブラック企業に転職してしまったのです。 それでも1年くらい働いた後、派遣社員に転職してなぜもっと早く派遣社員にならなかったのか後悔することになりました。
システムエンジニアの正社員の仕事が辛いので派遣SEに転職して10万以上給与が上がった話
青空に浮かぶはぐれ雲さんは小さなシステム開発の会社に転職しました。 その会社で新しい言語を覚えるように言われ、その言語を使う職場に配属されましたが、覚えられず、辛くなり会社を辞めることに。 その後開発言語を自分で選べる派遣SEに転職した結果、自分のやりたいことができて仕事が楽しくなりました。
エンジニアの仕事から営業事務に転職して仕事中会話する楽しさを知った話
アンダルシア敏郎座衛門さんはエンジニアの仕事をしていました。 やはりIT業界は残業が多く、休日出勤もたびたびあり、身体が休まりません。 そして仕事中は会話がなく、つまらない毎日に嫌気がさしていました。 そこで派遣社員の営業事務に転職した結果、仕事中会話できる楽しさや休日ちゃんと休める楽しさを知ったのでした。
ITエンジニアが鬱になる理由とホワイトな派遣社員に転職すべき理由
由美子さんはITエンジニアとして働いてました。 その職場では月に1回鬱になる人が出ていました。 ITエンジニアが鬱になる理由は何なのか、またホワイトな派遣社員に転職すべき理由をお伝えします。
広告業界の正社員が辛かったので広告業界の派遣社員に転職して残業が140時間→10時間に減った話
大手求人広告の営業として25歳で中途入社しました。 初めての営業職でしたので、苦労することは覚悟していましたが、広告業界は思った以上に大変な仕事でした。 週間誌だったこともあり、毎週締め切りがあり、締め切りの金曜日はもう地獄絵図でした。
ゲーム業界が残業多すぎて辛いので派遣社員に転職したら職場環境が激変した。
ちょこぼの巣は太平洋さんはゲーム業界勤めてました。 そんなゲーム業界では発売前の残業が非常に多く、1週間家に帰れないことも。 そこで派遣社員に転職した結果、給与が増え、定時に帰れるようになり、職場環境が激変しました。