介護職に転職したらパワハラと残業がひどい超ブラック企業だったので派遣に転職した話

介護職に転職したらパワハラと残業がひどい超ブラック企業だったので派遣に転職した話

介護職に転職したらパワハラと残業がひどい超ブラック企業だったので派遣に転職した話

アビバノンさんは元々ブラックな広告制作会社で働いていてパワハラや残業が限界で転職することに。

 

しかし転職先の介護の仕事はさらにブラックでした。

 

つまりブラック企業からブラック企業に転職してしまったのです。

 

 

それでも1年くらい働いた後、派遣社員に転職してなぜもっと早く派遣社員にならなかったのか後悔することになりました。

スポンサーリンク

アビバノンさんの介護の正社員の頃と派遣の頃の残業時間と給料の比較

職種 残業時間 給料
正社員のとき 介護職員 1日4時間、月80時間 20万
派遣社員のとき 広告制作会社 なし 20万円

ブラック企業(広告業)からブラック企業(介護職)に転職してしまった話

介護職の仕事に就こうと思ったのは、前職の広告制作会社がブラック企業で、毎日終電まで働かせられ、社長のパワハラで体力的にも精神的にも限界だったため、自ら退職して一生使えるホームヘルパーの資格を取得して介護の世界に身を投じようと思ったからです。

 

求人サイトで色々調べて登録すると、介護の世界では売り手市場のようでどこの会社でも面接に来てほしいとたくさんのメールや電話がきました。

 

色々迷いましたが、初めての業界だったので、なるべく誰もが知っているような知名度の高い会社にしようと決めました。

 

 

その後何社か面接をして内定を頂いた会社の中で入社を決めた会社は業界でもかなり大きな会社だったので、安心して入社したのですが、実際に働いてみるととても実はこちらの会社も前職に違わず大変過酷な労働環境でした。

 

 

私が配属された事業部は、新規に立ち上げた事業部で、会社の様々な部署からの人材の寄せ集めで構成されたおり、そこを統括している部長は、以前超ブラック企業として知られている某社出身とのことでした(これはだいぶ後から人に聞いて知ったのですが。。)

 

新しい事業所のためにやることがいくらでもあり、さらに地方への事業所の立ち上げが命題となっていましたので配属されるとすぐに毎日のサービス残業が続き、休みの日も何かあると直属の上司である部長から時間構わず電話が来るため、気持ちの休まる暇がありませんでした。

 

 

家族や友人と買い物や食事をしているときも携帯に着信が入るのですが、食事中だったので、とりあえず、食事が終わってから掛け直そうと思って、20分くらい後にかけ直すと、「なんですぐにかけ直さないんだ!」と部長におこられる始末。

 

その後は休み中でも電話やメールが入るたびに心臓がドキッとして、しまいには夜も眠れなくなるようになりました。

 

 

私の所属する部署は全体でも常時20名くらいしかいないのですが、事業を拡大しすぎて、さらに仕事に追い回されるような状況が続きました。

 

スポンサーリンク

大手企業で残業なしなのに部長命令でサービス残業させられた

会社は一応世間では名の通った会社でしたので、ワークライフバランスを推進しているため、残業は基本的にさせないように、本部からは指示が来ておりました。

 

部長の命令で勤務表は定時通り記載しておりましたが、実際には記載していない残業時間が月に80時間以上あり、給料にすると10万円くらいは残業代を請求できるはずですが、皆部長が怖くて誰も言いだせませんでした。

 

 

また、地方にも事業所をいくつも出すことになり、通常業務をしながら、毎月一週間から二週間出張させられることもしょっちゅうありました。

 

立ち上げたばかりの地方の事業所では人もいないので、什器やオフィス用品の搬入・組み立てまでやらされて、気がつけば夜中の12時になろうとしていましたので、慌てて、ビジネスホテルに戻ってコンビニ弁当をかきこんで、シャワーを浴びてベッドに入るのですが、数時間後には事業所に戻ってまた深夜まで仕事を続けるという毎日でした。

 

 

だんだん過労で肌もガサガサ、体重も減っていき、本部に戻ってさすがにもう体力的にも精神的にもしんどいということを部長に伝えると、部長は、俺が若い時にはそんなもんじゃなかったぞ!最近の若い奴は甘いなーと言って終了です。

 

事業所の立ち上げがようやく終わって本部での仕事に戻ると、今度はスタッフが激務とパワハラのためすでに何人か退職しており、その代わりを務めなければならないため、休日も出勤しておりましたが、それも給料にはほとんど反映されませんでした。

 

 

部長が怖くて誰もパワハラやサービス残業を告発できず

最初聞いていた仕事よりも仕事の範囲も広くなって、部長のパワハラも事業所が増えるにしたがって激しくなっていきました。

 

親身になってくれる人がおり、それが救いでしたが、実際には自ら人事に報告しなければならないため、皆、報復を恐れて何もできませんでした。

 

 

独身の人は守るものがないため、直訴などもできるかもしれませんが、私には小さな子供がおり、もし、報復によって会社を辞めざるを得なくなった場合、小さな子供を連れて路頭に迷うことになってしまう。

 

その恐怖のため、なかなか、人事に報告することもできませんでした。

 

スポンサーリンク

仕事中転職活動する時間すらなかったので意を決して退職を決意

実は仕事をしながら、求人サイトを見て、何度か応募したこともあるのですが、仕事があまりに不規則で、急な残業なども当たり前のため、せっかく面接のご案内をいただいた企業もあったのですが、面接キャンセルをせざるを得なくなり、結局それっきりということも何度かありました。

 

 

そんな生活を1年ほど続けていましたが、さすがに体力的にも精神的にも限界ということで、次の仕事は決まっておりませんでしたが、退職することにしました。

 

最初に部長に伝えるときはとても勇気がいりました。

 

おそらく怒鳴られることと覚悟しておりましたが、意外なほどあっさり「あ、そう」と後はしっかり引き継ぎしてねの一言でした。

 

 

そしてその後は急に優しくなり、次の転職先は決まっているのか?知り合いの会社を紹介しようか?などとわざとらしいほど、気を使ってきました。

 

おそらく人事にパワハラの洗いざらいを喋られたくなかったのでしょう。

 

 

私は全て伝えようかとも思いましたが、そうなると辞めた後も状況説明や、訴訟などに発展した場合はその都度、時間を取られることになり、とても就職活動どころではなくなると思い、悔しいけれども我慢することにしました。

 

 

退職後は様々な転職サイトや人材紹介センターに登録して転職活動に集中しました。

 

今回介護の仕事でとても辛い経験をしたので、できればやはり以前勤めていたような広告制作会社を希望して求人サイトに登録したり、直接応募したりしていたのですが、転職が短期間に続いてしまったためか、ほとんどお断りメールばかりで正直だんだんくじけそうになって来ました。

 

 

また、わずかばかりの貯金も底をつきそうになって来ており、だんだん焦りも感じて来て、しまいにはもっと我慢して介護の仕事を続けていた方がよかったのではないかとの後悔の念さえ起きて来て、不安な日々が続きました。

 

その後、このままではいつまでたっても仕事が決まらないということで、某派遣会社に連絡をとり、初めて派遣登録を行い、派遣会社側で私の希望と会う会社を選んでもらうことにしました。

 

スポンサーリンク

派遣会社に転職して生活は一変

結局半年くらいかかりましたが、やっと引き合いがあったのは大手の広告制作会社の事務職でした。

 

その会社では派遣会社を通じて働くことになったのですが、契約時に、こちらの条件として、子供が小さいため、保育園への送り迎えの時間に合わせて出社と退勤時間を決めさせてほしいということと子供がしょっちゅう熱を出すため、そのときは急遽休暇をいただくこともありますが、それでも良いかと聞くと構わないとのことでしたので、そこで働くことにしました。

 

 

それから1年ほど働いておりますが、当初の決め事通り、全て承認してくださいますし、皆親切な方ばかりでとても助かっています。

 

前職ではあまり過酷な労働環境のため、体調を崩し、特に私は子供頃から呼吸器が弱く、ストレスがたまると咳が止まらなくなり、それがずっと続いていましたが、今の会社で派遣で働くようになってからはピタッと咳が止まるようになりました。

 

 

派遣ということを除けば給料も以前と変わりませんし、仕事はやりやすいし、特に難しいことは要求されないので、本当に助かります。

 

こんなことなら、もっと早く派遣会社に登録しておくんだったと後悔しております。

 

 

今は毎日体調もよく、休みもしっかり取れておりますので、子供過ごす時間も増え、健康で楽しい日々を過ごしております。

 

派遣社員に転職して本当に良かったと思ってます。

楽な派遣の仕事を見つけたい人へ。オススメの派遣会社はこちら

派遣会社を選ぶならなるべく大手で評判のいいところをオススメします。

大手で評判の良い派遣会社なら求人の数も質も高いので楽でホワイトな職場環境の求人が見つかりやすいですよ。

→評判のいい派遣会社を比較! ぶっちゃけ大手5社を選べば間違いない

スポンサーリンク

関連ページ

月100時間残業の正社員から派遣社員に転職したら給料が上がってびっくりした話
KJさんは安定を求めてビジネスホテルのフロント係に正社員として入社しました。 しかし入社後すぐにそれまで働いてた先輩たちがやめてしまい、その埋め合わせで残業することに。 毎日5時間、月100時間もの残業を強いられる生活をすることになりました。 そんなKJさんの地獄の正社員時代の話と、派遣社員になって大きく変わったことを体験談を紹介します。
100時間サービス残業のエンジニア系正社員から派遣社員に転職して人生変わった話
エンジニア系の正社員は残業が多い職場が多いと思います。 残業代も適切に支払われない会社もあります。 MPさんが大卒で入社したシステム開発の会社も例外ではありませんでした。 今回はMPさんが100時間サービス残業のエンジニア系正社員から派遣社員に転職して人生変わった体験談を紹介します。
残業200時間パワハラありのブラック企業から派遣社員に転職した話
ずっと就職できずにいたkhさんはある食品会社にやっと内定してすぐに寮生活となり、働くことに。 しかしその会社はドがつくほどのブラック企業。 朝7時から24時が過ぎるまで働かされて給料はたったの月収20万程度。 そんなkhさんでしたが派遣社員に転職して生活が180℃変わりました。
残業が多くて疲れが限界に達して体を壊し、派遣社員に転職して健康を取り戻した話
せみ子さんは経理として正社員の仕事に転職しました。 仕事が楽しく、最初は残業も気にならなかったようですが、徐々に体を壊し、ある日起き上がれなくなり、病院に言ったら貧血と栄養失調。 完全に体を壊していました。 そこで残業のない派遣社員に転職し、健康を取り戻したのでした。
介護職で残業の疲労とストレスの限界で辞めて派遣社員になった話
しず子さんは正社員として入社した介護職で、入社6ヶ月目で責任者に任命されてしまいました。 マネジメント経験もなく、先輩ばかりの環境で責任者の仕事はストレスも多く、サービス残業も強いられました。 その上どんどん人が辞めて負担が重くなり、仕事はきつくなっていくばかり。 限界を感じて退職することにし、派遣社員になって自分の人生を取り戻しました。
残業120時間の会社を辞めて派遣社員になり、独立開業を目指してる話。
NKさんは新卒入社したシステム開発の会社で、残業時間が多く、サービス残業も発生する環境を経験しました。 このままでは廃人になってしまうため、同期と相談し、退職して派遣社員になることに。 今では残業がほぼなく、自由時間の多い派遣社員をやりながらスキルアップや資格を取得して独立開業を目指してます。 そんなNKさんの体験を紹介します。
残業100時間の会社で4年働き、派遣社員に転職したら天国だった話
由美子さんは元々接客業をしていて、初めて製造系の会社の正社員になりました。 それまで転職が多かったので頑張ろうと意気込んでいました。 しかしその会社は残業100時間なのに薄給のブラック企業でした。 毎日辞めたくて仕方ないのに頑張って4年間働いた由美子さんは派遣社員に転職し、天国だと感じました。 今回はそんな由美子さんの転職体験を紹介します。
毎日怒鳴られるパワハラ地獄の営業の仕事から派遣社員に転職したら天国だった話
れんさんは就職氷河期に自分の意志とが違う営業の仕事に就きました。 その仕事は完全なブラック企業でパワハラが当たり前のように行われていました。 パワハラが常態の営業の仕事から派遣社員に転職したら完全に地獄から天国のようでした。 今回はそんなれんさんの転職体験を紹介します。
ニートでも派遣社員になれる?3年間引きこもりニートが派遣で人生変わった話
陽平さんは大学を4年留学し、その結果就活が上手くいかず、大学卒業後は実家に帰ってニートになり、引きこもってました。 あるとき決心して派遣社員の仕事を探して働くことに。 ニートでも派遣社員の仕事は見つかるのか、実際に見つけてうまくいった陽平さんの体験談を紹介します。
人材派遣の営業職がつらいから派遣社員の営業事務に転職した話
JAMさんは人材派遣会社の営業として働いてました。 しかし人材派遣会社の営業は人を扱う仕事。 ストレスがひどく、残業も多くてつらい毎日を送っていました。 このままじゃ体を壊すと思って仕事を辞め、残業なしの営業事務の派遣社員に転職。
営業職がつらいので派遣事務に転職してわかった派遣の良さ10個!
毎日県境に車で移動して営業。 当たり前のように残業代なし。 休日出勤も当たり前。 そんな労働環境の中で過労死しそうだったので派遣事務に転職。 営業職とは180℃違う派遣の良さを知ったのでした。
営業の待遇の悪さに不満を持ち、派遣に転職して生活が変わった話
あきさんは新卒の会社で希望と違う営業に配属されました。 営業は残業が多く、仕事も大変なのに給与は内勤と変わらず、待遇の悪さに不満を持ちました。 そこで派遣社員に転職してみたら給与は変わらないのに職場環境が一気に改善され、生活が変わったのでした。
インテリア販売の仕事が辛くて派遣社員に転職したら180℃違う世界だった話
マミーさんはインテリア販売の仕事に正社員として就職しました。 しかし販売の仕事はマミーさんが思ってたよりかなりつらいものでした。 そこで派遣社員に転職したところ、販売とは180度違う世界だったのです。
アパレル販売で声かけを強制される正社員が嫌で派遣に転職したら天国だった
アパレル販売の仕事に声かけがあります。 お客さんは声をかけられるのが嫌な人も多いです。 でも上司に声かけを強制されたらするしかありません。 そんな声かけが嫌になった正社員が同じアパレルの派遣社員に転職したら環境が180℃変わり、地獄から天国に行った気分を味わった、というミニーさんの体験をお伝えします。
携帯ショップの店長が辛いので派遣社員に転職し当たり前の幸せを実感した話
あきさんは携帯ショップの店長をしていました。 携帯ショップの店長の仕事は休みが少なく、残業も多く、体力も精神力もかなり消耗するつらい仕事でした。 そこで派遣社員に転職したところ、ライフワークバランスが改善され、人間らしい生活が送れるようになりました。
新卒の会社がブラックだったので派遣社員に転職したら給与が10万上がった話
ミキさんは新卒でブラック企業に就職してしまいました。 終電帰りの毎日に体調を崩し、退職してからしばらくはアルバイトをしていました。 そんなある日、派遣社員の求人広告を見つけて応募し、派遣社員になってた結果、なんと派遣社員になったことで勤務時間が激減したのに給与は10万も上がったのです!
美容師が辛すぎたので辞めて派遣の事務職に転職したら天国だった話
派遣社員に転職した人の体験談を紹介します。
バーテンダーの給与が安すぎたので派遣社員に転職したら生活が裕福になった話
たくやさんはバーテンダーとして働いてました。 小さめのバーを一人で回すお店で、仕事は忙しく昼夜逆転もあり大変でしたが給与が少なく貧乏生活をしていました。 そんなある日バーテンダーの仕事をクビになり、派遣社員に転職した結果、給与が一気に増えて生活が裕福になったのです。
飲食店の社員がきつすぎて派遣のオフィスワークに転職!地獄から天国へ
派遣社員に転職した人の体験談を紹介します。
未経験で入ったプログラマーが暇すぎて辛かったので派遣に転職した話
ぴこさんは未経験でプログラマーになりました。 しかし入ったIT会社が暇かつ放任主義。 暇でラッキーと思う人もいるかもしれませんが、ぴこさんにとって暇でやることがないのは苦痛でした。 そこで派遣社員に転職することにしたのでした。
小さな会社のSE正社員から派遣SEに転職したら年収100万以上上がった話
たくみさんは情報処理の専門学校卒業後、小さなシステム開発会社に正社員として入社しました。 しかしその会社は4年で潰れてしまい、その後派遣SEに転職しました。 その結果給与が上がり、年収にして100万以上も上がったのです!
不満の多かった正社員プログラマーから派遣SEに転職したら正解だった
NAOT.エンジニアリングさんはプログラマー正社員として働いてました。 しかしその会社はプログラマーの仕事の指示の段取りが悪く、非常に効率が悪い仕事をの仕方をしていて不満がたまり、仕事を辞めることに。 次の仕事は効率を求めて派遣社員(SE)になりました。 その結果、仕事の効率が良くなり、給与も上がり、転職して大正解でした。
介護の正社員がサービス残業多すぎたので介護の派遣に転職した話
ちーちゃんさんは介護の仕事が好きで、介護職員として正社員になりました。 しかし正社員の仕事はサービス残業や休日出勤も多かったので辞めることに。 その後同じ介護職の派遣社員に転職した結果、残業なしで介護の仕事ができたことで仕事もプライベートも充実するようになりました。
デイサービスの仕事が辛かったので派遣社員に転職して自分の人生を取り戻した話
satsukichanさんは専門学校卒業後、デイサービスの介護の仕事に就きました。 しかしデイサービスの仕事は残業や休日出勤などの時間外労働が多く、かつ深すぎる人間関係が辛く、疲れてしまいました。 そこで派遣社員に転職して自分の人生の舵を取り戻したのです。
40代で介護職正社員に就職したがつらいので辞めて派遣社員に転職した話
助太刀さんは就職氷河期時代、40代で他に正社員になれる仕事がなかったため、介護職に就職しました。 介護職はやりがいこそありましたが、残業が多く、割に合わない仕事でした。 そのため、結局やめて派遣社員に転職することになりました。
システムエンジニアの正社員の仕事が辛いので派遣SEに転職して10万以上給与が上がった話
青空に浮かぶはぐれ雲さんは小さなシステム開発の会社に転職しました。 その会社で新しい言語を覚えるように言われ、その言語を使う職場に配属されましたが、覚えられず、辛くなり会社を辞めることに。 その後開発言語を自分で選べる派遣SEに転職した結果、自分のやりたいことができて仕事が楽しくなりました。
エンジニアの仕事から営業事務に転職して仕事中会話する楽しさを知った話
アンダルシア敏郎座衛門さんはエンジニアの仕事をしていました。 やはりIT業界は残業が多く、休日出勤もたびたびあり、身体が休まりません。 そして仕事中は会話がなく、つまらない毎日に嫌気がさしていました。 そこで派遣社員の営業事務に転職した結果、仕事中会話できる楽しさや休日ちゃんと休める楽しさを知ったのでした。
ITエンジニアが鬱になる理由とホワイトな派遣社員に転職すべき理由
由美子さんはITエンジニアとして働いてました。 その職場では月に1回鬱になる人が出ていました。 ITエンジニアが鬱になる理由は何なのか、またホワイトな派遣社員に転職すべき理由をお伝えします。
広告業界の正社員が辛かったので広告業界の派遣社員に転職して残業が140時間→10時間に減った話
大手求人広告の営業として25歳で中途入社しました。 初めての営業職でしたので、苦労することは覚悟していましたが、広告業界は思った以上に大変な仕事でした。 週間誌だったこともあり、毎週締め切りがあり、締め切りの金曜日はもう地獄絵図でした。
ゲーム業界が残業多すぎて辛いので派遣社員に転職したら職場環境が激変した。
ちょこぼの巣は太平洋さんはゲーム業界勤めてました。 そんなゲーム業界では発売前の残業が非常に多く、1週間家に帰れないことも。 そこで派遣社員に転職した結果、給与が増え、定時に帰れるようになり、職場環境が激変しました。