バーテンダーの給与が安すぎたので派遣社員に転職したら生活が裕福になった話

バーテンダーの給与が安すぎたので派遣社員に転職したら生活が裕福になった話

バーテンダーの給与が安すぎたので派遣社員に転職したら生活が裕福になった話

たくやさんはバーテンダーとして働いてました。

 

小さめのバーを一人で回すお店で、仕事は忙しく昼夜逆転もあり大変でしたが給与が少なく貧乏生活をしていました。

 

そんなある日バーテンダーの仕事をクビになり、派遣社員に転職した結果、給与が一気に増えて生活が裕福になったのです。

スポンサーリンク

たくやさんのバーテンダーの頃と派遣社員の頃の残業時間と給料の比較

職種 残業時間 給料
バーテンダーのとき バーテンダー なし 月収15万円
派遣社員のとき フォークリフトオペレーター 1日2時間〜5時間 月収25万〜38万

つらくて貧乏だったバーテンダー時代

飲食店に勤めていました。

 

職種はバーテンダーです。

 

ものすごい安いバーで、カクテルは一杯480円、ウイスキーボトルも一本1000円で提供しているような薄利多売のお店で席は25席の小さいお店でしたが、それを一人で回すようなスタイルのお店でした。

 

25席でも満席になるとかなり忙しい感じです。

 

 

一人で回すので忙しくて大変だった

ウイスキーボトルが一本1000円とかのお値段なので、お客さんはものすごいたくさん来るのですが、売り上げはあまり伸びません。

 

接客はしなきゃいけないし、カクテルは作らないといけない、注文を取ってその席まで運ばないといけないなど、とても一人で回すのは大変でした。

 

私の忙しさにみかねて 常連さんはホールの仕事を手伝ったりもしてくれました。

 

 

そんな仕事でしたが、お客さんは良い方ばかりの方が多く、とても大変で辛い仕事でしたが、3年間なんとか楽しく仕事はできたと思っております。

 

 

一番辛かったのは酔ったお客んさんの相手

辛かったところはまず、こちらはシラフの状態で酔っ払いのお客さんを相手する事。

 

これは本当に辛かったです。

 

 

良いお客さんは 気を使ってくれたりして 話を盛り上げたりしていただいた方も多数おりましたが、お酒が入ると急に豹変してしまうお客さんも少なからずいたため、もう話の通じない動物を相手に シラフで相手をするようなものでした。

 

 

他のお客さんにへんな絡み方をするし、女性客やおとなしく飲んでるお客さんを守らなければいけない役目が本当につらかったです。

 

酔っ払えば やりたい放題みたいなお客さんもいたし それを阻止するのが本当に大変でした。

 

 

怒鳴り声で文句を言ってきたお客さんもいました。

 

その時は警察を呼び一悶着を抑える事が出来ましたが そう言う辛さは他の職種にはなかなか無いのではないでしょうか。

 

 

昼夜逆転生活も地味に辛かった

次に辛かったのが夜の6時に起きて出勤すると言う事です。

 

朝と昼に寝て 夜に起きると言うのはとてもエネルギーを使い、暗いのに起きなければいけない事が一番辛かったです。

 

 

明るいとなかなか寝付けないタイプなので、夜に起きると言うのが本当に辛かったです。

 

人は朝に起きて 夜に寝るように身体は出来てるんだなとこの仕事を通じて本気にわかった感じでした。

 

 

給与が少なくて生活費が足りず、お客さんの残した食べ物を食べて食費を浮かしていた

何度か日々の身体の疲れが取れなくてオーナーに連絡を入れて 休む事もしばしばありましたが、個人事業主で働いてたため、有給休暇なんていうものはなく、一日休むとその日の日給がすべてお給料から引かれてしまうシステムでした。

 

元々給料がものすごい安いのにそこから一日休むたびに引かれてしまうとまともな生活が全然できず、ある日体調不良で1週間休んでしまった時にはお客さんの残した食べ物をラップで包み持って帰ってそれで食費を浮かしていた事もやっていました。

 

 

それでも一人でやっていたので人間関係は関係ないと言うのが強みで頑張って3年間は働いていました。

 

 

ある日、売上が悪いからと仕事をクビになる

そんな丸3年間働いていたある日、売り上げが悪いから辞めてくれないかとオーナーに打診され、そもそも安すぎるから売り上げ悪いんじゃないかとこちらもオーナーに話を持ちかけたのですが、この売り上げじゃやってても仕方ないからと半強制的に辞めさせられました。

 

 

あれだけ頑張っていたのに 接客術やカクテルの作り方やウイスキーの事、ウイスキー検定なる資格も取り頑張っていたのに半強制的に辞めさせられたのが本当に腑に落ちなく悔しくてショックで、そこから2ヶ月くらいは精神的なダメージで何もできない状態が続いていました。

 

突然辞めさせられたので、次の仕事の事がまったく想像もできませんでした。

 

 

睡眠薬も飲んでいたので、その睡眠薬の作用を切らせるのも本当に辛く、悪夢や吐き気、頭痛、めまいが一か月くらい続きました。

 

そんな事も乗り越えて2か月経ってようやくバーテンダーと言う仕事を辞めた事を受け入れ 次の仕事探しを始めました。

 

スポンサーリンク

派遣でフォークリフトの仕事に転職したら給与が上がって生活が潤った

バーテンダーの前はフォークリフトの仕事に10年以上携わっていたので、次はまたフォークリフトの仕事をしようと思い探し始めました。

 

バーテンダー時代は人間関係が関係なかったので、次もそんな仕事があればなと思い探していたら新しい大きい倉庫ができるので、新規フォークリフトオペレーター募集の求人広告を発見しました。

 

すぐにここに応募をして 面接の時に即決で採用されました。

 

 

新しい倉庫でまだ準備中なので、仕事が始まるまでの待機期間は1か月先との事で少しの間休憩をしようとおもっていました。

 

そんな時バーテンダー時代のオーナーから連絡が来て、次の人材を探しているがなかなか見つからないのでまたやってみないかと言われました。

 

 

気持ちはとても嬉しかったのですが、辞めたことを受け入れてしまったし、やはり半強制的に辞めさせられた恨みと言うか、都合がいいと言うか、その事を思い出してしまった事がとても嫌だったし、次の仕事も決まっていたのでそれはお断りしましたが、お世話になったオーナーのために レギュラーでは入れませんが、次の仕事の合間の1か月間だけならアルバイトで業務は可能ですと連絡を入れて1か月間だけバーテンダーの仕事を復帰しました。

 

アルバイトなんで、休みも時間も自由にやらせてくれたのでそこは かなり助かりました。

 

 

1か月間が経ち、さっそく派遣でフォークリフトの作業につくと 倉庫は本当に新品の倉庫で まだ品物は何も入ってなく、新規の仕事だったので、先輩後輩もなくみんなで仲良く仕事をこなしていました。

 

まだ品物が少しずつしか倉庫に入ってこないので、楽勝で毎日定時で帰っていました。

 

お給料も日給11000円もらってたのと週2休みだったので身体も調子よくこの仕事に巡り会えてよかったなぁと思ってました。

 

 

しかしそれもつかの間の幸せで1か月ほど経った時にだんだんと荷物が増えていき、しまいには残業しないと終わらない日まで増えていきました。

 

朝の9時から始まって 遅い日には22時まで仕事をしていました。

 

そんな事が半年ほど続きました。

 

休みの日は寝て終わりだし、お金を使う暇すらないような大変な生活が始まりました。

 

 

しかし、お給料だけで言うと1日だいたい14000〜18000円くらい稼いでいたので生活はバーテンダー時代とは違いかなり裕福になりました。

 

会社帰りに買い物をする時も値段を見ないでどんどん買い物かごに入れるようになったし、遅くなると毎日外食をして好きなものを好きなだけ食べる事ができるようになりました。

 

車も購入する事ができました。

 

 

バーテンダー時代とは違い、派遣の仕事でここまで稼げるとはまったく思ってなく 人間関係も日が経つにつれてどんどん立場が上になっていき、しまいには派遣のリーダーとして親会社の方に任命されたのでこの時点で人間関係にはまったく悩まなくなりました。

 

今では狭かった家から引っ越しをして、少しばかりですが会社が近い広い家に住む事もできるようになりました。

 

 

この記事を書いてる今はもう3年が経ちましたが、今も派遣会社でのリーダーの立場は変わっておらず、さすがに22時までの残業はなくなりましたが、お給料も上がり今は手取りで30万ほど稼いでいます。

 

お客さんの残りものを食べていたバーテンダー時代には考えられなかったお金に困らない夢のような生活ができてたのが本当に嬉しいです。

 

 

今では私の腕が買われたのか派遣先の社員にならないかと言われており、そろそろ社員になってもいいのかなと考えている毎日を過ごしています。

 

スポンサーリンク

楽な派遣の仕事を見つけたい人へ。オススメの派遣会社はこちら

派遣会社を選ぶならなるべく大手で評判のいいところをオススメします。

大手で評判の良い派遣会社なら求人の数も質も高いので楽でホワイトな職場環境の求人が見つかりやすいですよ。

→評判のいい派遣会社を比較! ぶっちゃけ大手5社を選べば間違いない

スポンサーリンク

関連ページ

月100時間残業の正社員から派遣社員に転職したら給料が上がってびっくりした話
KJさんは安定を求めてビジネスホテルのフロント係に正社員として入社しました。 しかし入社後すぐにそれまで働いてた先輩たちがやめてしまい、その埋め合わせで残業することに。 毎日5時間、月100時間もの残業を強いられる生活をすることになりました。 そんなKJさんの地獄の正社員時代の話と、派遣社員になって大きく変わったことを体験談を紹介します。
100時間サービス残業のエンジニア系正社員から派遣社員に転職して人生変わった話
エンジニア系の正社員は残業が多い職場が多いと思います。 残業代も適切に支払われない会社もあります。 MPさんが大卒で入社したシステム開発の会社も例外ではありませんでした。 今回はMPさんが100時間サービス残業のエンジニア系正社員から派遣社員に転職して人生変わった体験談を紹介します。
残業200時間パワハラありのブラック企業から派遣社員に転職した話
ずっと就職できずにいたkhさんはある食品会社にやっと内定してすぐに寮生活となり、働くことに。 しかしその会社はドがつくほどのブラック企業。 朝7時から24時が過ぎるまで働かされて給料はたったの月収20万程度。 そんなkhさんでしたが派遣社員に転職して生活が180℃変わりました。
残業が多くて疲れが限界に達して体を壊し、派遣社員に転職して健康を取り戻した話
せみ子さんは経理として正社員の仕事に転職しました。 仕事が楽しく、最初は残業も気にならなかったようですが、徐々に体を壊し、ある日起き上がれなくなり、病院に言ったら貧血と栄養失調。 完全に体を壊していました。 そこで残業のない派遣社員に転職し、健康を取り戻したのでした。
介護職で残業の疲労とストレスの限界で辞めて派遣社員になった話
しず子さんは正社員として入社した介護職で、入社6ヶ月目で責任者に任命されてしまいました。 マネジメント経験もなく、先輩ばかりの環境で責任者の仕事はストレスも多く、サービス残業も強いられました。 その上どんどん人が辞めて負担が重くなり、仕事はきつくなっていくばかり。 限界を感じて退職することにし、派遣社員になって自分の人生を取り戻しました。
残業120時間の会社を辞めて派遣社員になり、独立開業を目指してる話。
NKさんは新卒入社したシステム開発の会社で、残業時間が多く、サービス残業も発生する環境を経験しました。 このままでは廃人になってしまうため、同期と相談し、退職して派遣社員になることに。 今では残業がほぼなく、自由時間の多い派遣社員をやりながらスキルアップや資格を取得して独立開業を目指してます。 そんなNKさんの体験を紹介します。
残業100時間の会社で4年働き、派遣社員に転職したら天国だった話
由美子さんは元々接客業をしていて、初めて製造系の会社の正社員になりました。 それまで転職が多かったので頑張ろうと意気込んでいました。 しかしその会社は残業100時間なのに薄給のブラック企業でした。 毎日辞めたくて仕方ないのに頑張って4年間働いた由美子さんは派遣社員に転職し、天国だと感じました。 今回はそんな由美子さんの転職体験を紹介します。
毎日怒鳴られるパワハラ地獄の営業の仕事から派遣社員に転職したら天国だった話
れんさんは就職氷河期に自分の意志とが違う営業の仕事に就きました。 その仕事は完全なブラック企業でパワハラが当たり前のように行われていました。 パワハラが常態の営業の仕事から派遣社員に転職したら完全に地獄から天国のようでした。 今回はそんなれんさんの転職体験を紹介します。
ニートでも派遣社員になれる?3年間引きこもりニートが派遣で人生変わった話
陽平さんは大学を4年留学し、その結果就活が上手くいかず、大学卒業後は実家に帰ってニートになり、引きこもってました。 あるとき決心して派遣社員の仕事を探して働くことに。 ニートでも派遣社員の仕事は見つかるのか、実際に見つけてうまくいった陽平さんの体験談を紹介します。
人材派遣の営業職がつらいから派遣社員の営業事務に転職した話
JAMさんは人材派遣会社の営業として働いてました。 しかし人材派遣会社の営業は人を扱う仕事。 ストレスがひどく、残業も多くてつらい毎日を送っていました。 このままじゃ体を壊すと思って仕事を辞め、残業なしの営業事務の派遣社員に転職。
営業職がつらいので派遣事務に転職してわかった派遣の良さ10個!
毎日県境に車で移動して営業。 当たり前のように残業代なし。 休日出勤も当たり前。 そんな労働環境の中で過労死しそうだったので派遣事務に転職。 営業職とは180℃違う派遣の良さを知ったのでした。
営業の待遇の悪さに不満を持ち、派遣に転職して生活が変わった話
あきさんは新卒の会社で希望と違う営業に配属されました。 営業は残業が多く、仕事も大変なのに給与は内勤と変わらず、待遇の悪さに不満を持ちました。 そこで派遣社員に転職してみたら給与は変わらないのに職場環境が一気に改善され、生活が変わったのでした。
インテリア販売の仕事が辛くて派遣社員に転職したら180℃違う世界だった話
マミーさんはインテリア販売の仕事に正社員として就職しました。 しかし販売の仕事はマミーさんが思ってたよりかなりつらいものでした。 そこで派遣社員に転職したところ、販売とは180度違う世界だったのです。
アパレル販売で声かけを強制される正社員が嫌で派遣に転職したら天国だった
アパレル販売の仕事に声かけがあります。 お客さんは声をかけられるのが嫌な人も多いです。 でも上司に声かけを強制されたらするしかありません。 そんな声かけが嫌になった正社員が同じアパレルの派遣社員に転職したら環境が180℃変わり、地獄から天国に行った気分を味わった、というミニーさんの体験をお伝えします。
携帯ショップの店長が辛いので派遣社員に転職し当たり前の幸せを実感した話
あきさんは携帯ショップの店長をしていました。 携帯ショップの店長の仕事は休みが少なく、残業も多く、体力も精神力もかなり消耗するつらい仕事でした。 そこで派遣社員に転職したところ、ライフワークバランスが改善され、人間らしい生活が送れるようになりました。
新卒の会社がブラックだったので派遣社員に転職したら給与が10万上がった話
ミキさんは新卒でブラック企業に就職してしまいました。 終電帰りの毎日に体調を崩し、退職してからしばらくはアルバイトをしていました。 そんなある日、派遣社員の求人広告を見つけて応募し、派遣社員になってた結果、なんと派遣社員になったことで勤務時間が激減したのに給与は10万も上がったのです!
美容師が辛すぎたので辞めて派遣の事務職に転職したら天国だった話
派遣社員に転職した人の体験談を紹介します。
飲食店の社員がきつすぎて派遣のオフィスワークに転職!地獄から天国へ
派遣社員に転職した人の体験談を紹介します。
未経験で入ったプログラマーが暇すぎて辛かったので派遣に転職した話
ぴこさんは未経験でプログラマーになりました。 しかし入ったIT会社が暇かつ放任主義。 暇でラッキーと思う人もいるかもしれませんが、ぴこさんにとって暇でやることがないのは苦痛でした。 そこで派遣社員に転職することにしたのでした。
小さな会社のSE正社員から派遣SEに転職したら年収100万以上上がった話
たくみさんは情報処理の専門学校卒業後、小さなシステム開発会社に正社員として入社しました。 しかしその会社は4年で潰れてしまい、その後派遣SEに転職しました。 その結果給与が上がり、年収にして100万以上も上がったのです!
不満の多かった正社員プログラマーから派遣SEに転職したら正解だった
NAOT.エンジニアリングさんはプログラマー正社員として働いてました。 しかしその会社はプログラマーの仕事の指示の段取りが悪く、非常に効率が悪い仕事をの仕方をしていて不満がたまり、仕事を辞めることに。 次の仕事は効率を求めて派遣社員(SE)になりました。 その結果、仕事の効率が良くなり、給与も上がり、転職して大正解でした。
介護の正社員がサービス残業多すぎたので介護の派遣に転職した話
ちーちゃんさんは介護の仕事が好きで、介護職員として正社員になりました。 しかし正社員の仕事はサービス残業や休日出勤も多かったので辞めることに。 その後同じ介護職の派遣社員に転職した結果、残業なしで介護の仕事ができたことで仕事もプライベートも充実するようになりました。
デイサービスの仕事が辛かったので派遣社員に転職して自分の人生を取り戻した話
satsukichanさんは専門学校卒業後、デイサービスの介護の仕事に就きました。 しかしデイサービスの仕事は残業や休日出勤などの時間外労働が多く、かつ深すぎる人間関係が辛く、疲れてしまいました。 そこで派遣社員に転職して自分の人生の舵を取り戻したのです。
40代で介護職正社員に就職したがつらいので辞めて派遣社員に転職した話
助太刀さんは就職氷河期時代、40代で他に正社員になれる仕事がなかったため、介護職に就職しました。 介護職はやりがいこそありましたが、残業が多く、割に合わない仕事でした。 そのため、結局やめて派遣社員に転職することになりました。
介護職に転職したらパワハラと残業がひどい超ブラック企業だったので派遣に転職した話
アビバノンさんは元々ブラックな広告制作会社で働いていてパワハラや残業が限界で転職することに。 しかし転職先の介護の仕事はさらにブラックでした。 つまりブラック企業からブラック企業に転職してしまったのです。 それでも1年くらい働いた後、派遣社員に転職してなぜもっと早く派遣社員にならなかったのか後悔することになりました。
システムエンジニアの正社員の仕事が辛いので派遣SEに転職して10万以上給与が上がった話
青空に浮かぶはぐれ雲さんは小さなシステム開発の会社に転職しました。 その会社で新しい言語を覚えるように言われ、その言語を使う職場に配属されましたが、覚えられず、辛くなり会社を辞めることに。 その後開発言語を自分で選べる派遣SEに転職した結果、自分のやりたいことができて仕事が楽しくなりました。
エンジニアの仕事から営業事務に転職して仕事中会話する楽しさを知った話
アンダルシア敏郎座衛門さんはエンジニアの仕事をしていました。 やはりIT業界は残業が多く、休日出勤もたびたびあり、身体が休まりません。 そして仕事中は会話がなく、つまらない毎日に嫌気がさしていました。 そこで派遣社員の営業事務に転職した結果、仕事中会話できる楽しさや休日ちゃんと休める楽しさを知ったのでした。
ITエンジニアが鬱になる理由とホワイトな派遣社員に転職すべき理由
由美子さんはITエンジニアとして働いてました。 その職場では月に1回鬱になる人が出ていました。 ITエンジニアが鬱になる理由は何なのか、またホワイトな派遣社員に転職すべき理由をお伝えします。
広告業界の正社員が辛かったので広告業界の派遣社員に転職して残業が140時間→10時間に減った話
大手求人広告の営業として25歳で中途入社しました。 初めての営業職でしたので、苦労することは覚悟していましたが、広告業界は思った以上に大変な仕事でした。 週間誌だったこともあり、毎週締め切りがあり、締め切りの金曜日はもう地獄絵図でした。
ゲーム業界が残業多すぎて辛いので派遣社員に転職したら職場環境が激変した。
ちょこぼの巣は太平洋さんはゲーム業界勤めてました。 そんなゲーム業界では発売前の残業が非常に多く、1週間家に帰れないことも。 そこで派遣社員に転職した結果、給与が増え、定時に帰れるようになり、職場環境が激変しました。