小さな会社のSE正社員から派遣SEに転職したら年収100万以上上がった話

小さな会社のSE正社員から派遣SEに転職したら年収100万以上上がった話

小さな会社のSE正社員から派遣SEに転職したら年収100万以上上がった話

たくみさんは情報処理の専門学校卒業後、小さなシステム開発会社に正社員として入社しました。

 

しかしその会社は4年で潰れてしまい、その後派遣SEに転職しました。

 

その結果給与が上がり、年収にして100万以上も上がったのです!

スポンサーリンク

たくみさんの正社員の頃と派遣社員の頃の残業時間と給料の比較

職種 残業時間 給料
正社員のとき 月5時間程度 一日三時間 / 月60時間 26万
派遣社員のとき アプリケーション開発 一日0〜2時間 / 月20時間未満 40万

小さな会社に正社員SEとして就職した話

私は地方出身者で、高校卒業後、情報処理の専門学校に進学し、プログラミングを学びました。

 

21歳の時、システム開発会社に正社員として就職しました。

 

それから4年間務め25歳で退職しました。

 

 

そして次の仕事を探していた時に、いろいろと考えていましたが、前会社での経験や会社に対する考え方もゆがんでしまったので、正社員として働く気にはなれませんでした。

 

 

私が最初に就職したシステム開発会社が、私の社会人としてのスタートでした。

 

この会社は、ある意味社会で働くことの全てを教えてくれたと思います。

 

仕事とは、どういうものかを教えてくれました。

 

 

今から思うと働きはじめは二十歳そこそこの田舎から上京してきた、世間知らずの若者でした。

 

この会社は、中小企業というより、零細企業に近かったですね。

 

社員は、わずか8名ほど、その他契約や、フリーランスのシステムエンジニアなど含めてもわずか20人ほどの本当に小さな会社でした。

 

 

当時、私が入社した歳には、社長は31歳でした。

 

会社を立ち上げたのが、27歳の時ということで、私が入社した時、会社設立4年目という時期でした。

 

そもそも私は、社会人経験未経験であり、システムエンジニアとしても経験がありませんが、面接の時の熱意と、面接官だった部長と、たまたま気があったことで採用されました。

 

 

この会社、事務所は、ほんとにちっぽけな極狭の雑居ビルの一室を借りていました。

 

普段は、事務所にはほとんど社員はおらず、事務所にいるのは、事務方の2名だけ、社長も普段は事務所にも来ません。

 

社長を含め、ほとんどのスタッフ全員は顧客先の現場にて作業をする常駐契約での開発業務を行っていました。

 

 

この会社、営業はほとんど社長がやっていました。

 

つまり、この会社は社長のコネクションと営業力1つで、やっているような会社でした。

 

私が所属した会社意外でも、このクラスの会社は、他にもたくさんあるとは思います。

 

私は会社との契約は、会社と社長の考えにより、自社で人材開発をしたいことから採用された、若手社員の第1号だったというわけです。

 

 

社会人経験未経験の私にとっては、とりあえずどこでも良いので開発会社に入れただけでも良かったのです。

 

最初こそ、そんな初々しい思いで仕事をはしめました。

 

 

この会社のスタイルとしては、システム開発会社と言いつつ、実体は人材派遣のような会社でした。

 

まぁ、よくありがちなスタイルです。

 

小さい会社の割りには、社長の営業力のせいか、仕事はありました。

 

 

私が一番最初に客先に出されたのは、書籍販売チェーンの本社の財務経理部です。

 

私の所属会社からは、まだ駆け出しで素人同然の私を含め、私の教育係としてついてくれた4歳年上の先輩でした。

 

 

この先輩は、私の会社の社員ではなく、うちの会社と契約しているフリーランスのシステムエンジニアという方でした。

 

システムエンジニアとしてのキャリアは、5年ということでした。

 

スポンサーリンク

 

最初の現場は、たった二人の開発人員が常駐し、既存システムのメンテナンスや業務サポートなどをするのが仕事でした。

 

実質、ここでの仕事、作業を行っているのは先輩だけだったのです。

 

 

最初の半年は、私なんて全く役にたちませんし、できる仕事もほとんどありませんでした。

 

毎日、毎日、ひたすらマニュアルを読み、システムを理解するだけでした。

 

今から思うと頭の中が、システムエンジニアに全くなっていなかったのですね。

 

 

まだ、若かった頃の私は、自分の思い描いていた理想とは、ほど遠いシステム開発エンジニアの仕事に正直、ギャップを感じていました。

 

もちろん、最初から仕事ができる人なんて、なかなかいないでしょうが。

 

 

正直私は、システム開発エンジニアとしての仕事をはじめ、客先に常駐した時には3ヶ月くらいで、失敗したかな?向いてないかなとも思い、辞めたくもなりました。

 

同僚がいるわけでもないし、外部契約の先輩一人だし、常駐先の周りの人は、お客様なので相談相手や話し相手もおらず、私はたった一人で毎日孤独でした。

 

 

業務のことも、システムのことも理解していなかったので、仕事の話を聞いても、意味が理解できなかったのです。

 

そのため、仕事の話しなどもできず、周りとのコミュニケーションも、ほとんどとることはなく、ほぼ1年、あまり誰とも喋らず、常駐先の現場にいる時は、猫を被ったように、毎日何事もないように、自分のことを触れられないように、いつも緊張していました。

 

 

そんな精神状態で、我慢しながらも今辞めたら終わりだと思い、とりあえずは、常駐先に毎日行くことは行きました。

 

 

そんな私の状態を見て、私の指導する先輩は、あまり何も言いませんでした。

 

私にくれたアドバイスと言えば、勉強は自分でするもの、自分が理解しなきゃ何も始まらないという実に抽象的なものでした。

 

 

しかし、時折、ドキッとするような声をかけられたので、いつも自分なりに先輩の言葉を受け、考えていました。

 

当時は、アドバイスとして言ってくれていることが、全く理解できていませんでした。

 

 

しかし、今から思うと、先輩の言ったことは、わかるような気がします。

 

やはり知識やスキルは自分で積み上げるしかないのです。

 

 

特にエンジニアの場合、日進月歩で進む技術に自ら、対応していく必要がありました。

 

 

私は、誰かに教えてもらおうと思っていて、甘えがあったのかもしれません。

 

とにかくいろいろな苦労がありつつ、経験を積み4年が過ぎました。

 

 

この会社で失敗したなと思ったことは、十分な研修制度がなかったことです。

 

ですから、私は必死で独学しました。

 

 

そして仕事もできるようになってくると、当然、会社に対して不満も現れます。

 

 

当時の私の給料は年俸制で残業代はありません。

 

月額26万円の固定給、ボーナス2回を含め14ヵ月×26万円=360万円でした。

 

 

仕事ができるようになると、当然業務の範囲も広がり、最初はプログラムだけだったのですが要件定義から設計までできるようになりました。

 

また現場も二つ、三つと一つの期間で複数の案件をかかえるようになりました。

 

残業時間も当然増え、一日にして三時間、月にして60〜100時間の残業となりました。

 

 

会社としては、人材教育として私に初期投資をしたとしても、給料が安すぎることに不安がありました。

 

 

社長が失踪して会社が倒産した話

そんな中、突然のことが起こりました。

 

この会社に勤めて四年が経とうとしていた頃、会社の業績悪化により、社長が行方不明となってしまったのです。

 

まさか、こんな感じで終わりを迎えるとは思いませんでした。

 

 

小さい会社というのは、ほんとに何があるかわかりません。

 

これまで安月給でひたすら頑張ってきたのですが、まさかこんな感じで終わるとは、、、。

 

 

私は当然仕事を失いました。

 

せっかくシステムエンジニアとしてやってきたのにという無念と、会社というものに対しての不信感が募りました。

 

 

正社員になる気はなくなり、それでも仕事はやらなくてはならない。

 

軽い気持ちではじめたのが派遣契約でのシステム開発の仕事でした。

 

スポンサーリンク

派遣SEに転職した結果、年収100万円以上上がった話

派遣社員転職後の給与は時給にして2500円、残業もほとんどなく、月給は約40万円以上。

 

残業があれば、残業代もしっかり出ます。

 

 

年収もぐんと100万円以上もアップしました。

 

正社員で働いていたのが、本当に馬鹿らしくなりました。

 

 

派遣という仕事は、雇用が保証されていないだけに、その時だけの契約は意外としっかりしていることを知りました。

正社員にこだわる必要はない

私が所属システムエンジニアとして、正社員と派遣社員との経験にて感じた違いは数多くあります。

 

 

正社員は永続的に雇用してくれ、仕事も与えてくれます。

 

ですので、正社員は安定しているようにも思えます。

 

 

また、日本では正社員であることが、社会的信用が高いですし、正社員であれば、偉いというような風潮はあります。

 

 

これは社会全体が実際の雇用背景にマッチしていないからでしょう。

 

しかし、正社員が安定しているというのは、会社が安定している時のみです。

 

 

正社員と言えども期間限定なのです。

 

つまり、仕事をする上では派遣社員も正社員も、ほぼ変わりません。

 

 

私の場合は、派遣での契約のほうが年収が格段にあがりました。

 

残業代も10分単位での精算、そして125%の支払いが約束されているので、忙しければ、忙しいほど稼げます。

 

 

おそらく、私のように派遣社員でも正社員の方より稼いでいる方は数多くいるでしょう。

 

こうして私は社員へのこだわりは、一切なくなりました。

 

スポンサーリンク

 

 

高時給の求人多数!エンジニアにおすすめの派遣会社はこちら

 

IT系・SEに強いエンジニア派遣会社ランキングベスト5!

 

大企業で高時給&職場環境がいいエンジニア向けの求人サイトを紹介してます。

 

 

関連ページ

月100時間残業の正社員から派遣社員に転職したら給料が上がってびっくりした話
KJさんは安定を求めてビジネスホテルのフロント係に正社員として入社しました。 しかし入社後すぐにそれまで働いてた先輩たちがやめてしまい、その埋め合わせで残業することに。 毎日5時間、月100時間もの残業を強いられる生活をすることになりました。 そんなKJさんの地獄の正社員時代の話と、派遣社員になって大きく変わったことを体験談を紹介します。
100時間サービス残業のエンジニア系正社員から派遣社員に転職して人生変わった話
エンジニア系の正社員は残業が多い職場が多いと思います。 残業代も適切に支払われない会社もあります。 MPさんが大卒で入社したシステム開発の会社も例外ではありませんでした。 今回はMPさんが100時間サービス残業のエンジニア系正社員から派遣社員に転職して人生変わった体験談を紹介します。
残業200時間パワハラありのブラック企業から派遣社員に転職した話
ずっと就職できずにいたkhさんはある食品会社にやっと内定してすぐに寮生活となり、働くことに。 しかしその会社はドがつくほどのブラック企業。 朝7時から24時が過ぎるまで働かされて給料はたったの月収20万程度。 そんなkhさんでしたが派遣社員に転職して生活が180℃変わりました。
残業が多くて疲れが限界に達して体を壊し、派遣社員に転職して健康を取り戻した話
せみ子さんは経理として正社員の仕事に転職しました。 仕事が楽しく、最初は残業も気にならなかったようですが、徐々に体を壊し、ある日起き上がれなくなり、病院に言ったら貧血と栄養失調。 完全に体を壊していました。 そこで残業のない派遣社員に転職し、健康を取り戻したのでした。
介護職で残業の疲労とストレスの限界で辞めて派遣社員になった話
しず子さんは正社員として入社した介護職で、入社6ヶ月目で責任者に任命されてしまいました。 マネジメント経験もなく、先輩ばかりの環境で責任者の仕事はストレスも多く、サービス残業も強いられました。 その上どんどん人が辞めて負担が重くなり、仕事はきつくなっていくばかり。 限界を感じて退職することにし、派遣社員になって自分の人生を取り戻しました。
残業120時間の会社を辞めて派遣社員になり、独立開業を目指してる話。
NKさんは新卒入社したシステム開発の会社で、残業時間が多く、サービス残業も発生する環境を経験しました。 このままでは廃人になってしまうため、同期と相談し、退職して派遣社員になることに。 今では残業がほぼなく、自由時間の多い派遣社員をやりながらスキルアップや資格を取得して独立開業を目指してます。 そんなNKさんの体験を紹介します。
残業100時間の会社で4年働き、派遣社員に転職したら天国だった話
由美子さんは元々接客業をしていて、初めて製造系の会社の正社員になりました。 それまで転職が多かったので頑張ろうと意気込んでいました。 しかしその会社は残業100時間なのに薄給のブラック企業でした。 毎日辞めたくて仕方ないのに頑張って4年間働いた由美子さんは派遣社員に転職し、天国だと感じました。 今回はそんな由美子さんの転職体験を紹介します。
毎日怒鳴られるパワハラ地獄の営業の仕事から派遣社員に転職したら天国だった話
れんさんは就職氷河期に自分の意志とが違う営業の仕事に就きました。 その仕事は完全なブラック企業でパワハラが当たり前のように行われていました。 パワハラが常態の営業の仕事から派遣社員に転職したら完全に地獄から天国のようでした。 今回はそんなれんさんの転職体験を紹介します。
ニートでも派遣社員になれる?3年間引きこもりニートが派遣で人生変わった話
陽平さんは大学を4年留学し、その結果就活が上手くいかず、大学卒業後は実家に帰ってニートになり、引きこもってました。 あるとき決心して派遣社員の仕事を探して働くことに。 ニートでも派遣社員の仕事は見つかるのか、実際に見つけてうまくいった陽平さんの体験談を紹介します。
人材派遣の営業職がつらいから派遣社員の営業事務に転職した話
JAMさんは人材派遣会社の営業として働いてました。 しかし人材派遣会社の営業は人を扱う仕事。 ストレスがひどく、残業も多くてつらい毎日を送っていました。 このままじゃ体を壊すと思って仕事を辞め、残業なしの営業事務の派遣社員に転職。
営業職がつらいので派遣事務に転職してわかった派遣の良さ10個!
毎日県境に車で移動して営業。 当たり前のように残業代なし。 休日出勤も当たり前。 そんな労働環境の中で過労死しそうだったので派遣事務に転職。 営業職とは180℃違う派遣の良さを知ったのでした。
営業の待遇の悪さに不満を持ち、派遣に転職して生活が変わった話
あきさんは新卒の会社で希望と違う営業に配属されました。 営業は残業が多く、仕事も大変なのに給与は内勤と変わらず、待遇の悪さに不満を持ちました。 そこで派遣社員に転職してみたら給与は変わらないのに職場環境が一気に改善され、生活が変わったのでした。
インテリア販売の仕事が辛くて派遣社員に転職したら180℃違う世界だった話
マミーさんはインテリア販売の仕事に正社員として就職しました。 しかし販売の仕事はマミーさんが思ってたよりかなりつらいものでした。 そこで派遣社員に転職したところ、販売とは180度違う世界だったのです。
アパレル販売で声かけを強制される正社員が嫌で派遣に転職したら天国だった
アパレル販売の仕事に声かけがあります。 お客さんは声をかけられるのが嫌な人も多いです。 でも上司に声かけを強制されたらするしかありません。 そんな声かけが嫌になった正社員が同じアパレルの派遣社員に転職したら環境が180℃変わり、地獄から天国に行った気分を味わった、というミニーさんの体験をお伝えします。
携帯ショップの店長が辛いので派遣社員に転職し当たり前の幸せを実感した話
あきさんは携帯ショップの店長をしていました。 携帯ショップの店長の仕事は休みが少なく、残業も多く、体力も精神力もかなり消耗するつらい仕事でした。 そこで派遣社員に転職したところ、ライフワークバランスが改善され、人間らしい生活が送れるようになりました。
新卒の会社がブラックだったので派遣社員に転職したら給与が10万上がった話
ミキさんは新卒でブラック企業に就職してしまいました。 終電帰りの毎日に体調を崩し、退職してからしばらくはアルバイトをしていました。 そんなある日、派遣社員の求人広告を見つけて応募し、派遣社員になってた結果、なんと派遣社員になったことで勤務時間が激減したのに給与は10万も上がったのです!
美容師が辛すぎたので辞めて派遣の事務職に転職したら天国だった話
派遣社員に転職した人の体験談を紹介します。
バーテンダーの給与が安すぎたので派遣社員に転職したら生活が裕福になった話
たくやさんはバーテンダーとして働いてました。 小さめのバーを一人で回すお店で、仕事は忙しく昼夜逆転もあり大変でしたが給与が少なく貧乏生活をしていました。 そんなある日バーテンダーの仕事をクビになり、派遣社員に転職した結果、給与が一気に増えて生活が裕福になったのです。
飲食店の社員がきつすぎて派遣のオフィスワークに転職!地獄から天国へ
派遣社員に転職した人の体験談を紹介します。
未経験で入ったプログラマーが暇すぎて辛かったので派遣に転職した話
ぴこさんは未経験でプログラマーになりました。 しかし入ったIT会社が暇かつ放任主義。 暇でラッキーと思う人もいるかもしれませんが、ぴこさんにとって暇でやることがないのは苦痛でした。 そこで派遣社員に転職することにしたのでした。
不満の多かった正社員プログラマーから派遣SEに転職したら正解だった
NAOT.エンジニアリングさんはプログラマー正社員として働いてました。 しかしその会社はプログラマーの仕事の指示の段取りが悪く、非常に効率が悪い仕事をの仕方をしていて不満がたまり、仕事を辞めることに。 次の仕事は効率を求めて派遣社員(SE)になりました。 その結果、仕事の効率が良くなり、給与も上がり、転職して大正解でした。
介護の正社員がサービス残業多すぎたので介護の派遣に転職した話
ちーちゃんさんは介護の仕事が好きで、介護職員として正社員になりました。 しかし正社員の仕事はサービス残業や休日出勤も多かったので辞めることに。 その後同じ介護職の派遣社員に転職した結果、残業なしで介護の仕事ができたことで仕事もプライベートも充実するようになりました。
デイサービスの仕事が辛かったので派遣社員に転職して自分の人生を取り戻した話
satsukichanさんは専門学校卒業後、デイサービスの介護の仕事に就きました。 しかしデイサービスの仕事は残業や休日出勤などの時間外労働が多く、かつ深すぎる人間関係が辛く、疲れてしまいました。 そこで派遣社員に転職して自分の人生の舵を取り戻したのです。
40代で介護職正社員に就職したがつらいので辞めて派遣社員に転職した話
助太刀さんは就職氷河期時代、40代で他に正社員になれる仕事がなかったため、介護職に就職しました。 介護職はやりがいこそありましたが、残業が多く、割に合わない仕事でした。 そのため、結局やめて派遣社員に転職することになりました。
介護職に転職したらパワハラと残業がひどい超ブラック企業だったので派遣に転職した話
アビバノンさんは元々ブラックな広告制作会社で働いていてパワハラや残業が限界で転職することに。 しかし転職先の介護の仕事はさらにブラックでした。 つまりブラック企業からブラック企業に転職してしまったのです。 それでも1年くらい働いた後、派遣社員に転職してなぜもっと早く派遣社員にならなかったのか後悔することになりました。
システムエンジニアの正社員の仕事が辛いので派遣SEに転職して10万以上給与が上がった話
青空に浮かぶはぐれ雲さんは小さなシステム開発の会社に転職しました。 その会社で新しい言語を覚えるように言われ、その言語を使う職場に配属されましたが、覚えられず、辛くなり会社を辞めることに。 その後開発言語を自分で選べる派遣SEに転職した結果、自分のやりたいことができて仕事が楽しくなりました。
エンジニアの仕事から営業事務に転職して仕事中会話する楽しさを知った話
アンダルシア敏郎座衛門さんはエンジニアの仕事をしていました。 やはりIT業界は残業が多く、休日出勤もたびたびあり、身体が休まりません。 そして仕事中は会話がなく、つまらない毎日に嫌気がさしていました。 そこで派遣社員の営業事務に転職した結果、仕事中会話できる楽しさや休日ちゃんと休める楽しさを知ったのでした。
ITエンジニアが鬱になる理由とホワイトな派遣社員に転職すべき理由
由美子さんはITエンジニアとして働いてました。 その職場では月に1回鬱になる人が出ていました。 ITエンジニアが鬱になる理由は何なのか、またホワイトな派遣社員に転職すべき理由をお伝えします。
広告業界の正社員が辛かったので広告業界の派遣社員に転職して残業が140時間→10時間に減った話
大手求人広告の営業として25歳で中途入社しました。 初めての営業職でしたので、苦労することは覚悟していましたが、広告業界は思った以上に大変な仕事でした。 週間誌だったこともあり、毎週締め切りがあり、締め切りの金曜日はもう地獄絵図でした。
ゲーム業界が残業多すぎて辛いので派遣社員に転職したら職場環境が激変した。
ちょこぼの巣は太平洋さんはゲーム業界勤めてました。 そんなゲーム業界では発売前の残業が非常に多く、1週間家に帰れないことも。 そこで派遣社員に転職した結果、給与が増え、定時に帰れるようになり、職場環境が激変しました。