ゲーム業界が残業多すぎて辛いので派遣社員に転職したら職場環境が激変した。

ゲーム業界が残業多すぎて辛いので派遣社員に転職したら職場環境が激変した。

ゲーム業界が残業多すぎて辛いので派遣社員に転職したら職場環境が激変した。

ちょこぼの巣は太平洋さんはゲーム業界勤めてました。

 

そんなゲーム業界では発売前の残業が非常に多く、1週間家に帰れないことも。

 

そこで派遣社員に転職した結果、給与が増え、定時に帰れるようになり、職場環境が激変しました。

スポンサーリンク

ちょこぼの巣は太平洋さんの正社員の頃と派遣の頃の残業時間と給料の比較

職種 残業時間 給料
正社員のとき ゲーム業界 0〜12時間/1日 20万
派遣社員のとき 経理事務 0〜2時間/1日 30万円

ゲーム業界が残業多すぎて辛かった話

もともとゲーム業界で、デバッガーなど本社での制作部門で勤務していました。

 

当時はPSや任天堂他、各メーカーのゲーム機のソフトが飛ぶように売れており、各社で常になにかの大型プロジェクトが動いているという状態。

 

 

今のように勤務体制が整っていて、若者があこがれる職場ということではなく、非常に売れていて知名度もあり、先進技術で日本を代表するコンテンツであったにもかかわらず、あまり労働条件は良くありませんでした。

 

おそらく当時世界でもっとも売れているシリーズの部署に配属されて働いていましたが、締め切り前はとにかく残業が多く、また勤務地も巨大な飲み屋街のすぐ近くで非常に雑多なイメージの町。

 

 

面接に行くときは知人たちと一緒だったのですが、その中で入社は2人。

 

勤務を始める時、同期では男性のほか女性が4人いてその中の1人でした。

 

ですがきつくて2人を残してすぐにみんな辞めてしまいました。

 

 

ビルのある町は雑多なところとはいえ、非常にきれいなオフィスビル。

 

その事務や営業などの人たちが並んだエリアからかなり奥まった位置に、開発系の「巣箱」のような部屋があります。

 

 

開発の中でもボトム部分は別に開発用の施設があり、本社側ではプロジェクトマネージャーなどの作業やデバッグ、その他の編集物を作成やチェックする業務が中心。

 

となると、当時では比較的労働環境が整っていたはずです。

 

 

ですが、ドアを開けると、一週間家に帰れず、この作業部屋とサウナを行き来しているだけで着替えもしていない男性などが多数おり、都心で遭難したような見ための社員がたくさんおりました。

 

このタイプの方々は、多忙さとタスクの多さがとくに一人に集中してのしかかりがちで常にいらいらがMAX。

 

だれも触ることができないを通り越し、会話が成立しないので業務について必要なことを説明するのに神経をすり減らすという方が多かったようです。

 

 

定着率の悪さが、こういったタイプからくる部分と、逆になんでも許してゆったりとしていることで仕事の締め切りに遅れてしまいプロジェクト全体にバグがあるままリリースされたり、大きな発売遅延などを幾度か経験したことなどから生まれていたことが印象的でした。

 

 

それでも私にとっては「業務に関しては」比較的、居心地がよく、理解しやすい仕事だったこともあり気に入っていました。

 

 

ただ、発売直前の攻防は非常に激しいものがありました。

 

人気ゲームだけに、外部のファンやメディアなどの方が多く、プライベートでも開発状況などをのぞき込みたい人がたくさん。

 

開発チームはもちろんのこと、関係者誰もが、情報をまだ外に開示できない段階で常に見えない戦いを強いられている感じ。

 

これは大きなストレスになっていました。

 

 

また発売前残業があると、夜の帰りは当然遅くなります。

 

女性は気を使ってもらえて終電がなくなる直前くらいの時間帯に帰れますが、それでも翌朝は普通に出勤。

 

土日も発売前は休むことができないため、連勤となるのが普通です。

 

 

帰りが遅い時には、客引きやスカウトなどが数メートルおきに立っていたり、吐しゃ物が道に散乱する繁華街を歩いて駅まで10数分向かわなければいけないことは、かなりストレスになっていました。

 

 

家族の了承が得られなかったこともあり、とあるソフトの発売を区切りとして、何か仕事を探そうと考え、退職。

 

 

上の上司には話をしていたのですが、それ以外の方面の方にはあとから、ほかの方を通して伝わっていたようで、退職に際して非常に気分を害された方などが多く、ちょっとひと悶着ありました。

 

いつも忙しくみんながギスギスして働いている職場ということもあり、また、新たな人が入ってきて業務に習熟するまでの間に時間がかかることなどもあり、うまく業務が回るサイクルが作りにくいなどの事情もあったかもしれません。

 

 

この後も、ゲーム業界ではないのですが同業種有名企業に就業する機会があり、人づてに当時のことをいろいろ聞かされて、非常に胃が痛くなったことなどを思い出します。

派遣社員に転職して激変した職場環境

さて、ちょうど退職したのがあまり求人が多くなかった時期ということもあって、やめた直後は、いったんアルバイトで飲食店のホール勤務→電話受付業務につき、その後派遣事務員として勤務を始めました。

 

 

ゲーム業界に入ったきっかけが、転居でかなり離れた県に来たため、前職をやめなければいけないことだったのですが、それ以前にいた企業が外資系。

 

英文による事務や、受発注、簡単な事務処理などを一通り経験しており、税理士関連の資格試験勉強や簿記知識などがあったため、経理として派遣で勤務を始めました。

 

 

全くの異業種でブランクがあったため、最初は病休や産休の方の代理ポジションとして短期派遣を中心に。

 

いったんやめる方と、その後他部門や関連会社から回ってきてそのポジションに入る方の間をつなぐ短期のものからスタートしました。

 

 

ちょうど、様々な国内外の法整備や会計慣習が変わる時期にさしかかっていたこともあり、急にそのポジションに入って、監査対応や調査のための資料をそろえながら、過去数年内の仕分け訂正やその他も行う必要があり、なかなかやりがいがありました。

 

ちょうどファイリングなども含めて、バリバリとこなさなければならない力仕事が多く、毎日目の前で解決していく仕事の量が、書類単位で見えていくのは快感。

 

 

今はプログラム開発やコンテンツ作成も、非常に体制が整い、開発チームが情報を共有しやすくなったため、進度や手戻りなども見やすくなりました。

 

そのため、ここまで積み上げてきたものがゼロになるような絶望感を業務で味わうことは減りましたが、当時はそれなりに、こういったことをまだ感じているスタッフが多くあった時代です。

 

 

当時のゲーム業界のように、どこまでさかのぼって調べなければいけない、そして修正などを行う人の業務を受けてどこまでに神経を張り詰めてチェックしなければいけないといった「経過と成果が見えない業界業務」に比べて、事務の場合「こんなに書類を片付けたっていうのが目に見えるのは快感よね」などと指導役の先輩OLに言われて、非常に納得したことを覚えています。

 

 

特に経理の場合、非常に煩雑になっている業務を処理するとき以外は、ほぼ、時間通りに業務が終わります。

 

年末年始や月次の締め、また会計監査や提出物対応のあるとき以外は、ほとんど9to5ということもあり、ランチも帰りの帰宅時のショッピングも非常に楽しくできたあたりで「これは夢なのか!」と感動していました。

 

 

ゲーム業界の場合、1本の発売が終わり、その週のフィードバックを受けて担当者が対応している間など、自分は家に順調に帰れていても、その苦しみやつらさを、体臭やイライラ感、いびき音などから共有してしまいがちです。

 

 

経理などのオフィス勤務では、ほぼみんな定時勤務で職場に泊まり込む人も皆無。

 

職場環境が「見違えるほど、現代的に洗練、激変した」といった印象も強くありました。

 

 

ゲーム業界から特に経理に行く人では、プログラミングやデータ保全、データ修正、遡及入力、自動化などいろいろな職務提供も期待されます。

 

もし今転職を考えているなら、事務系でよく使うプログラミングや、情報処理系の用語、周りの人に説明できるための言葉やあらゆる業務理解などを、一通り押さえておくとよいでしょう。

 

 

私の場合も、特に転職直後には、自社内での開発チームはもちろん、他社にサービス提供するときのSEを補助するようなわかりやすい言葉での説明や、システム全体を見渡しての問題点などを、経理系事務員やシステムを使う側の立場にたってといった業務も多く引き受けさせられました。

 

 

そしてなにより大きく違っていたなあと思うのは、収入が読めるという点です。

 

 

ゲーム業界の場合、開発ウエイトやたびたび変更される発売スケジュールに対して、勤務時間が設定されるので、収入額の増減が読めません。

 

また、夜遅くなった時、ぎりぎり終電に間に合わないときなどや、疲れているときには、自分でタクシーを使う時もあります。

 

 

私の場合、職場まで10000円ゾーンだったのですが、すべて社で見てもらえるわけもありません。

 

これらも収入を実質、少なくしてしまう原因でした。

 

 

事務派遣になってからは、スーツなどビジネスファッションのコードにあわせたものを調達しなければならないというのはありますが、それ以外はほとんど定時なので、余計な持ち出しもありません。

 

事務系自己啓発も、ゲーム業界での自己啓発(プログラミングや文化や神話、他社ソフトや書籍、漫画などを見る)時と比べてあまり多くなくて済むため、こうった部分も非常に楽。

 

実際にもらえる金額も増えますが、それ以上に持ち出しがないことで自由になるお金は増え、生活に計画性が生まれました。

 

 

中長期の派遣や、紹介型でお試し勤務の派遣時代を経て正社員へといった紹介形態などもあるため、給与やその他の勤務条件次第では「派遣社員としてずっと過ごすこと」「派遣社員を経て正式に直接採用で入社」するのもどちらもおすすめできます!

楽な派遣の仕事を見つけたい人へ。オススメの派遣会社はこちら

派遣会社を選ぶならなるべく大手で評判のいいところをオススメします。

大手で評判の良い派遣会社なら求人の数も質も高いので楽でホワイトな職場環境の求人が見つかりやすいですよ。

→評判のいい派遣会社を比較! ぶっちゃけ大手5社を選べば間違いない

スポンサーリンク

関連ページ

月100時間残業の正社員から派遣社員に転職したら給料が上がってびっくりした話
KJさんは安定を求めてビジネスホテルのフロント係に正社員として入社しました。 しかし入社後すぐにそれまで働いてた先輩たちがやめてしまい、その埋め合わせで残業することに。 毎日5時間、月100時間もの残業を強いられる生活をすることになりました。 そんなKJさんの地獄の正社員時代の話と、派遣社員になって大きく変わったことを体験談を紹介します。
100時間サービス残業のエンジニア系正社員から派遣社員に転職して人生変わった話
エンジニア系の正社員は残業が多い職場が多いと思います。 残業代も適切に支払われない会社もあります。 MPさんが大卒で入社したシステム開発の会社も例外ではありませんでした。 今回はMPさんが100時間サービス残業のエンジニア系正社員から派遣社員に転職して人生変わった体験談を紹介します。
残業200時間パワハラありのブラック企業から派遣社員に転職した話
ずっと就職できずにいたkhさんはある食品会社にやっと内定してすぐに寮生活となり、働くことに。 しかしその会社はドがつくほどのブラック企業。 朝7時から24時が過ぎるまで働かされて給料はたったの月収20万程度。 そんなkhさんでしたが派遣社員に転職して生活が180℃変わりました。
残業が多くて疲れが限界に達して体を壊し、派遣社員に転職して健康を取り戻した話
せみ子さんは経理として正社員の仕事に転職しました。 仕事が楽しく、最初は残業も気にならなかったようですが、徐々に体を壊し、ある日起き上がれなくなり、病院に言ったら貧血と栄養失調。 完全に体を壊していました。 そこで残業のない派遣社員に転職し、健康を取り戻したのでした。
介護職で残業の疲労とストレスの限界で辞めて派遣社員になった話
しず子さんは正社員として入社した介護職で、入社6ヶ月目で責任者に任命されてしまいました。 マネジメント経験もなく、先輩ばかりの環境で責任者の仕事はストレスも多く、サービス残業も強いられました。 その上どんどん人が辞めて負担が重くなり、仕事はきつくなっていくばかり。 限界を感じて退職することにし、派遣社員になって自分の人生を取り戻しました。
残業120時間の会社を辞めて派遣社員になり、独立開業を目指してる話。
NKさんは新卒入社したシステム開発の会社で、残業時間が多く、サービス残業も発生する環境を経験しました。 このままでは廃人になってしまうため、同期と相談し、退職して派遣社員になることに。 今では残業がほぼなく、自由時間の多い派遣社員をやりながらスキルアップや資格を取得して独立開業を目指してます。 そんなNKさんの体験を紹介します。
残業100時間の会社で4年働き、派遣社員に転職したら天国だった話
由美子さんは元々接客業をしていて、初めて製造系の会社の正社員になりました。 それまで転職が多かったので頑張ろうと意気込んでいました。 しかしその会社は残業100時間なのに薄給のブラック企業でした。 毎日辞めたくて仕方ないのに頑張って4年間働いた由美子さんは派遣社員に転職し、天国だと感じました。 今回はそんな由美子さんの転職体験を紹介します。
毎日怒鳴られるパワハラ地獄の営業の仕事から派遣社員に転職したら天国だった話
れんさんは就職氷河期に自分の意志とが違う営業の仕事に就きました。 その仕事は完全なブラック企業でパワハラが当たり前のように行われていました。 パワハラが常態の営業の仕事から派遣社員に転職したら完全に地獄から天国のようでした。 今回はそんなれんさんの転職体験を紹介します。
ニートでも派遣社員になれる?3年間引きこもりニートが派遣で人生変わった話
陽平さんは大学を4年留学し、その結果就活が上手くいかず、大学卒業後は実家に帰ってニートになり、引きこもってました。 あるとき決心して派遣社員の仕事を探して働くことに。 ニートでも派遣社員の仕事は見つかるのか、実際に見つけてうまくいった陽平さんの体験談を紹介します。
人材派遣の営業職がつらいから派遣社員の営業事務に転職した話
JAMさんは人材派遣会社の営業として働いてました。 しかし人材派遣会社の営業は人を扱う仕事。 ストレスがひどく、残業も多くてつらい毎日を送っていました。 このままじゃ体を壊すと思って仕事を辞め、残業なしの営業事務の派遣社員に転職。
営業職がつらいので派遣事務に転職してわかった派遣の良さ10個!
毎日県境に車で移動して営業。 当たり前のように残業代なし。 休日出勤も当たり前。 そんな労働環境の中で過労死しそうだったので派遣事務に転職。 営業職とは180℃違う派遣の良さを知ったのでした。
営業の待遇の悪さに不満を持ち、派遣に転職して生活が変わった話
あきさんは新卒の会社で希望と違う営業に配属されました。 営業は残業が多く、仕事も大変なのに給与は内勤と変わらず、待遇の悪さに不満を持ちました。 そこで派遣社員に転職してみたら給与は変わらないのに職場環境が一気に改善され、生活が変わったのでした。
インテリア販売の仕事が辛くて派遣社員に転職したら180℃違う世界だった話
マミーさんはインテリア販売の仕事に正社員として就職しました。 しかし販売の仕事はマミーさんが思ってたよりかなりつらいものでした。 そこで派遣社員に転職したところ、販売とは180度違う世界だったのです。
アパレル販売で声かけを強制される正社員が嫌で派遣に転職したら天国だった
アパレル販売の仕事に声かけがあります。 お客さんは声をかけられるのが嫌な人も多いです。 でも上司に声かけを強制されたらするしかありません。 そんな声かけが嫌になった正社員が同じアパレルの派遣社員に転職したら環境が180℃変わり、地獄から天国に行った気分を味わった、というミニーさんの体験をお伝えします。
携帯ショップの店長が辛いので派遣社員に転職し当たり前の幸せを実感した話
あきさんは携帯ショップの店長をしていました。 携帯ショップの店長の仕事は休みが少なく、残業も多く、体力も精神力もかなり消耗するつらい仕事でした。 そこで派遣社員に転職したところ、ライフワークバランスが改善され、人間らしい生活が送れるようになりました。
新卒の会社がブラックだったので派遣社員に転職したら給与が10万上がった話
ミキさんは新卒でブラック企業に就職してしまいました。 終電帰りの毎日に体調を崩し、退職してからしばらくはアルバイトをしていました。 そんなある日、派遣社員の求人広告を見つけて応募し、派遣社員になってた結果、なんと派遣社員になったことで勤務時間が激減したのに給与は10万も上がったのです!
美容師が辛すぎたので辞めて派遣の事務職に転職したら天国だった話
派遣社員に転職した人の体験談を紹介します。
バーテンダーの給与が安すぎたので派遣社員に転職したら生活が裕福になった話
たくやさんはバーテンダーとして働いてました。 小さめのバーを一人で回すお店で、仕事は忙しく昼夜逆転もあり大変でしたが給与が少なく貧乏生活をしていました。 そんなある日バーテンダーの仕事をクビになり、派遣社員に転職した結果、給与が一気に増えて生活が裕福になったのです。
飲食店の社員がきつすぎて派遣のオフィスワークに転職!地獄から天国へ
派遣社員に転職した人の体験談を紹介します。
未経験で入ったプログラマーが暇すぎて辛かったので派遣に転職した話
ぴこさんは未経験でプログラマーになりました。 しかし入ったIT会社が暇かつ放任主義。 暇でラッキーと思う人もいるかもしれませんが、ぴこさんにとって暇でやることがないのは苦痛でした。 そこで派遣社員に転職することにしたのでした。
小さな会社のSE正社員から派遣SEに転職したら年収100万以上上がった話
たくみさんは情報処理の専門学校卒業後、小さなシステム開発会社に正社員として入社しました。 しかしその会社は4年で潰れてしまい、その後派遣SEに転職しました。 その結果給与が上がり、年収にして100万以上も上がったのです!
不満の多かった正社員プログラマーから派遣SEに転職したら正解だった
NAOT.エンジニアリングさんはプログラマー正社員として働いてました。 しかしその会社はプログラマーの仕事の指示の段取りが悪く、非常に効率が悪い仕事をの仕方をしていて不満がたまり、仕事を辞めることに。 次の仕事は効率を求めて派遣社員(SE)になりました。 その結果、仕事の効率が良くなり、給与も上がり、転職して大正解でした。
介護の正社員がサービス残業多すぎたので介護の派遣に転職した話
ちーちゃんさんは介護の仕事が好きで、介護職員として正社員になりました。 しかし正社員の仕事はサービス残業や休日出勤も多かったので辞めることに。 その後同じ介護職の派遣社員に転職した結果、残業なしで介護の仕事ができたことで仕事もプライベートも充実するようになりました。
デイサービスの仕事が辛かったので派遣社員に転職して自分の人生を取り戻した話
satsukichanさんは専門学校卒業後、デイサービスの介護の仕事に就きました。 しかしデイサービスの仕事は残業や休日出勤などの時間外労働が多く、かつ深すぎる人間関係が辛く、疲れてしまいました。 そこで派遣社員に転職して自分の人生の舵を取り戻したのです。
40代で介護職正社員に就職したがつらいので辞めて派遣社員に転職した話
助太刀さんは就職氷河期時代、40代で他に正社員になれる仕事がなかったため、介護職に就職しました。 介護職はやりがいこそありましたが、残業が多く、割に合わない仕事でした。 そのため、結局やめて派遣社員に転職することになりました。
介護職に転職したらパワハラと残業がひどい超ブラック企業だったので派遣に転職した話
アビバノンさんは元々ブラックな広告制作会社で働いていてパワハラや残業が限界で転職することに。 しかし転職先の介護の仕事はさらにブラックでした。 つまりブラック企業からブラック企業に転職してしまったのです。 それでも1年くらい働いた後、派遣社員に転職してなぜもっと早く派遣社員にならなかったのか後悔することになりました。
システムエンジニアの正社員の仕事が辛いので派遣SEに転職して10万以上給与が上がった話
青空に浮かぶはぐれ雲さんは小さなシステム開発の会社に転職しました。 その会社で新しい言語を覚えるように言われ、その言語を使う職場に配属されましたが、覚えられず、辛くなり会社を辞めることに。 その後開発言語を自分で選べる派遣SEに転職した結果、自分のやりたいことができて仕事が楽しくなりました。
エンジニアの仕事から営業事務に転職して仕事中会話する楽しさを知った話
アンダルシア敏郎座衛門さんはエンジニアの仕事をしていました。 やはりIT業界は残業が多く、休日出勤もたびたびあり、身体が休まりません。 そして仕事中は会話がなく、つまらない毎日に嫌気がさしていました。 そこで派遣社員の営業事務に転職した結果、仕事中会話できる楽しさや休日ちゃんと休める楽しさを知ったのでした。
ITエンジニアが鬱になる理由とホワイトな派遣社員に転職すべき理由
由美子さんはITエンジニアとして働いてました。 その職場では月に1回鬱になる人が出ていました。 ITエンジニアが鬱になる理由は何なのか、またホワイトな派遣社員に転職すべき理由をお伝えします。
広告業界の正社員が辛かったので広告業界の派遣社員に転職して残業が140時間→10時間に減った話
大手求人広告の営業として25歳で中途入社しました。 初めての営業職でしたので、苦労することは覚悟していましたが、広告業界は思った以上に大変な仕事でした。 週間誌だったこともあり、毎週締め切りがあり、締め切りの金曜日はもう地獄絵図でした。