派遣先から正社員に誘われたら受けるべき?実は断る人多数!?

派遣先から正社員に誘われたら受けるべき?実は断る人多数!?

派遣先から正社員に誘われたら受けるべき?実は断る人多数!?

派遣先から正社員に誘われる、というのはないようで実は意外とあります。

 

ある会社が行ったアンケート調査では、実に40%以上もの派遣社員が正社員への誘いを受けたことがあるとか。

 

 

でも受けるべきなのかは慎重に考える必要があります。

 

この記事では派遣先から正社員に誘われた時に受けるかどうかのポイントをお伝えします。

スポンサーリンク

派遣先から正社員に誘われたら受けるべきか?

まずは正社員なのか、契約社員なのかを確認しよう

派遣先から正社員に誘われたときにまず確認すべきなのが

 

 

正社員なのか、契約社員なのか

 

 

です。

 

 

よくありがちなのが「あなたを直接雇用したい」と言っていて実は正社員ではなく契約社員というパターンです。

 

 

契約社員というのは実はかなり待遇が悪いことが多いです。

 

 

  • 派遣社員より給与が減る
  • 派遣社員と違って指揮命令し放題だからいろんな仕事を任せる
  • 派遣社員と違って残業を任せやすいから大量に残業させる

など

 

 

そして契約社員だからボーナスはなく、あるのは交通費ぐらいのもの。

 

 

派遣社員から契約社員になったことで仕事の責任感は増えるのに待遇面ではいいことが一つもなく、派遣社員のときの方がマシだった、なんてこともざらです。

 

 

ただし、会社によっては最初の半年だけ契約社員でその後ちゃんと正社員にしてくれて待遇もいいケースもあるので条件面がどうなってるのかはしっかりと確認しましょう。

 

 

派遣社員と契約社員の違い 働く側にとってメリットが大きいのはどっち?

 

 

正社員の場合も待遇や勤務条件を確認しよう

次に契約社員ではなく、最初から正社員に誘われた場合ですが、これも安易に引き受けるべきではありません。

 

派遣社員の時と比べて待遇が悪くなるケースも普通にあるからです。

 

 

派遣社員の給与を払ってるのは派遣会社です。

 

だから派遣先の会社はあなたの今の給与を知りません。

 

 

派遣社員の給与は派遣先が派遣会社に一人当たりいくらという形で派遣料を払っており、そのうちの何%かが派遣会社のマージンになり、残りがあなたの給与になります。

 

派遣会社のマージン率は実は公開義務があるので公開してる企業もあり、大体30%程度と言われています。

 

 

でも派遣先はあなたの正確な給与がわかるわけではないのです。

 

だから今のあなたの月収が25万なのに、正社員になった後の月収を20万に設定されてしまう、というケースが普通にあります。

 

これだけ月収が下がると、たとえボーナスと交通費がもらえても派遣社員の時の方が年収が高かった、ということになりかねません。

 

 

正直いうと派遣先企業としては、支払う給与が同じであれば正社員になってもらった方が都合がいいです。

 

なぜなら、正社員の方が残業やいろんな仕事を頼みやすく、仕事の融通が利くからです。

 

 

でも労働者の立場からすると、派遣社員のときよりも仕事の責任感は増すし、残業も頼まれやすくなるし、仕事の難易度も上がるのであれば給与を上げてもらわないと割に合いませんよね。

 

そういうのが嫌で派遣社員をやってる人にとってはなおさらです。

 

 

正社員になることで派遣社員の時より待遇が悪くなるケースは意外と多いのでオファーを受けた時は待遇や勤務条件をしっかり確認してから検討しましょう。

 

正社員と派遣社員の違い 給与面や待遇の違いを徹底解説!

 

スポンサーリンク

派遣先が派遣会社を通さず内密に相談してくる理由

ちなみに派遣先の会社は正社員への誘いを派遣会社を通さず、内密に相談してくるケースが多いです。

 

その理由は派遣会社を通すと発生する紹介料を支払いたくないからです。

 

 

人を雇うには基本的にお金がかかります。

 

派遣社員を直接雇用する場合、その派遣社員は派遣会社の社員なんです。

 

そのまま派遣社員として働いててくれれば派遣会社の貴重な収入源になります。

 

 

だから派遣先の会社が派遣社員を直接雇用してしまうと派遣会社は利益を得られなくなり損してしまいます。

 

引き抜きみたいなものですね。

 

 

といっても派遣会社が派遣社員の直接雇用を断固拒否してるかというとそうでもなく、むしろ自社の派遣社員が正社員になることを積極的に推奨してる派遣会社もあります。

 

 

ただし、ただではあげません。

 

きちんと紹介手数料を取るのです。

 

 

で、この紹介手数料の相場は見込み年収の30%程度と言われています。

 

年収300万なら90万くらいですね。

 

 

紹介手数料として90万払えば直接雇用を認めてあげるよ、という感じですね。

 

 

派遣先の会社はこの紹介手数料を払いたくないために、派遣会社には内緒で派遣社員に直接交渉してくることが多いのです。

 

 

でも派遣会社を通さないのにはデメリットがあります。

 

それがすでに言った通りですが、派遣先の会社があなたの給与を知らないために、給与を今の派遣社員としての給与よりも低く設定してしまう可能性があること。

 

またこういう交渉をすべてあなたと派遣先の会社間で行わなければならず、自分にとって不利な契約にされてしまう可能性があることです。

 

 

派遣社員にとっては派遣会社を通して交渉した方が会社対会社の交渉になるので契約を有利に進めやすいです。

 

なので内緒で相談された場合は派遣会社に相談するのもありです。

 

 

ただし、本来は内緒で取引したかった派遣先の人を裏切る形になるため、あなたが派遣会社に相談したことでトラブルが起きる可能性があります。

 

許可は取った上で相談した方がいいでしょう。

 

スポンサーリンク

実は派遣社員に正社員の提案を断る人が多い理由

実は派遣先から正社員にならないかという提案を受けても断る派遣社員はたくさんいます。

 

世間的には派遣社員というと正社員になれないから仕方なくなっただけみたいなイメージがあると思いますが、現実はそうではないのです。

 

好きで派遣社員をやってる人の方がむしろ多いくらいなのです。

 

 

以下、発言小町の「正社員を拒む人の心理」というトピックより引用します。

 

 

専門職派遣です。

自分で言うのもなんですが、仕事はかなりできます。
半年更新ごとに時給が100円上がるレベルです。(元が安かったんですが)

 

私も行く先々で正社員の打診を頂きますが受けません。
私の場合、正社員になってからの煩わしさが仕事の妨げになるためです。
例えば、掃除、電話対応、来客対応、お茶だし、勉強会、自分に関係ない会議の出席、飲み会、交流会等々。
これらに参加する時間と労力を、自分の技術の向上や勉強の時間、もしくは休息、家族との時間に充てた方が有意義だし、ストレスもありません。

 

正社員になったら拒否権はないし、派遣なら全て免除です。

 

 

 

私も過去何度か正規雇用オファーをお断りしてきました。

以下がお断りした理由です。

 

・社内の人間関係
40代、50代の女性社員がどのような扱いを受けているかをじっくり観察します。
むやみにお局扱いしているところはお断りします。
定年まで在籍した場合、いづれは私も…の可能性が高いので。

 

・待遇
一般職以上の職務範囲を期待されているのに待遇は一般職と同じ、派遣より年収が下がる場合もお断りしました。

 

・社員の方々の働き方
残業を美徳としている、有休が取れない、あきらかに仕事をしていない社員がいる場合もお断りします。

 

そのままお伝えすると角が立つので適当な理由をつけてました。
やっと希望に叶う会社で納得のオファーをいただけたので、今の会社で正社員に切替わる予定です。(内定いただいてます)

 

 

40代ですが契約社員として働いています。

会社からは正社員にならないかと打診されましたが、お断りして更新しました。

 

今は時給で働いており、残業になればその分の時給は割増で出ます。
でも正社員は残業代はでません。

 

社内行事みたいなのも、正社員はほぼ強制ですが私たちは自由参加。
正社員でも退職金制度もありません。
正社員より低い水準ではありますが、契約社員でも賞与あり。
ありがたい事にその他の手当なども、正社員と大差ありません。

 

上記の事から判断し、私は今の会社で正社員になるメリットがないと思っています。

 

 

当方の友人なのですが、事務職の派遣を繰り返し、正社員の打診がくると辞める人です。

前回も正社員の打診があり、退職していました。
理由を聞くと、
・責任負いたくない
・残業したくない
・漫画が好きだから、漫画読む時間が欲しい
・年に一回は長期旅行に行きたいから休める身分でありたい
・ほんとは働かずに生きていきたい
・彼氏に時間を合わせたい
だ、そうです。

 

 

30代後半から派遣で働いていました。

技術系派遣なので年収は800万ほどでした。
正社員になってほしいと引っ張られたときに提示された年収は650万。
150万も下がってしまいます。

 

正社員になると年収が下がってしまうというのもありますが、いずれはその技術で独立・起業したいと思っていたので、様々な企業で働いて修行をしていたような感覚です。

 

 

引用元:http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2015/0812/725201.htm

 

 

いかがでしょう。

 

派遣社員って実は結構待遇がいいですし、残業がない、飲み会などを断れるなど人間関係のわずらわしさもなく働きやすいスタイルです。

 

趣味があり、ライフ・ワークバランスを考える人にとっては特に残業がない派遣社員が一番いい働き方といってもいいくらいです。

 

 

正社員になっちゃうとサービス残業が発生するケースは多いですし、きちんと残業代が支払われるとしても残業が多すぎてプライベートの時間がなくなるのは困る、という人も多いです。

 

 

またエンジニア系など専門職だと派遣社員でもかなりの給与をもらっていて、正社員になることで年収が下がるケースもありますからね。

 

仕事の責任感が重くなったり自由度が減るのに給与は下がる、じゃあ何のメリットがあるのか、という話です。

 

 

正社員になる最大のメリットは雇用の安定ですが、

 

 

安定?

 

なにそれおいしいの?

 

 

こういう考えの派遣社員は多いです。

 

 

実際今の日本の経済状況では正社員になったからって安定とは限りませんしね。

 

 

だから正社員のオファーをもらっても断る人がたくさんいるんです。

 

好きで派遣社員として働いてる人からしたら正社員のオファーは余計なお世話なのです。

 

スポンサーリンク

まとめ

以上まとめると

 

  • 派遣先から正社員に誘われたらまず正社員なのか契約社員なのか確認すべし
  • 契約社員だった場合、仕事の条件やすぐに正社員になれるのかどうか確認すべし
  • 正社員でも派遣社員のときよりも待遇が悪くならないかしっかり確認すべし

 

ということでした。

 

 

そして正社員のオファーを受けても派遣社員のままがいいからと断る人も多数いることがわかりました。

 

派遣社員の良さを知らない人からしたら驚くかもしれませんが、派遣社員という働き方は結構魅力的であり、好きで派遣社員をやってる人は意外と多いのです。

 

残業なしでそこそこ給与がもらえて待遇も悪くないですし。

 

派遣社員の実態が楽なのにホワイトすぎて最高だった話

 

 

正社員として責任感ある仕事とか面倒な人間関係に巻き込まれるならそれ相応の給与がもらえないと割に合わないんですよね。

 

 

というわけで派遣社員は正社員に誘われても浮かれず冷静に対処しましょう。

楽な派遣の仕事を見つけたい人へ。オススメの派遣会社はこちら

派遣会社を選ぶならなるべく大手で評判のいいところをオススメします。

大手で評判の良い派遣会社なら求人の数も質も高いので楽でホワイトな職場環境の求人が見つかりやすいですよ。

→評判のいい派遣会社を比較! ぶっちゃけ大手5社を選べば間違いない

スポンサーリンク

関連ページ

派遣社員の有給取得の方法は?
派遣社員の方、有給は使っていますか? この記事を読んでいるということはまだ使ったことがないのでしょうか? 有給がもらえているなら積極的に使うべきですよ。 この記事では派遣社員の有給の取り方、またまだ有給がないときに休む方法を解説します。
大学生でも派遣社員として働ける? 働けるけどオススメしない理由
派遣社員は基本的には社会人がなるもの。 学生がなるものではありません。 でも実際、大学生でも派遣社員になれるのでしょうか? 今回は大学生が派遣社員になれるのかどうか、また大学生に派遣社員をおすすめしない理由について解説します。
派遣社員とバイトは掛け持ちできる? 確定申告が必要になる?
昼間派遣社員としてフルタイムの仕事をしながら夜は居酒屋でバイト。 こういう働き方ってできるの? できたらめっちゃ稼げるけど...。 というわけで今回は派遣社員とバイトの掛け持ちについて解説します。
派遣が契約満了でやめると会社都合か自己都合か?失業保険はいつからもらえる?
派遣社員が契約期間満了で辞めた場合、会社都合と自己都合どちらに当たるのでしょうか? また失業保険がいつからもらえるか。 派遣社員が契約期間満了で辞めた場合の失業保険事情について解説したいと思います。
派遣社員が契約途中に即日で辞める時に使える退職理由3選!
派遣社員は契約期間が決まっているため、基本的に辞めるときは契約期間満了まで働いてやめるのが常識です。 しかしどうしても契約期間の途中で辞めたい状況になってしまうこともあります。 そこで今回は派遣社員が契約途中に即日で辞める時に使える理由、言い訳を考えました。
派遣社員が契約途中で辞めることは可能? やめる方法やタイミング
派遣社員は契約期間が決まっています。 だからやめるときは契約期間満了まで働いて円満退社するのが理想です。 でも現実には契約途中でどうしてもやめたくなってしまうことがあります。 というわけで今回は派遣社員が契約途中でやめることはできるのか? またやめる方法について解説します。
派遣社員が契約更新を断るのに理由は必要? タイミングは?
派遣社員は契約期間の定められた雇用契約を結んでいるため、契約期間が満了したらいつでもやめれるメリットがあります。 でもいざ更新しないと決めたとき、更新を断るのに理由は必要なんでしょうか? またどのタイミングで更新しないことを伝えるべきでしょうか? 今回は派遣社員がどうやって更新を断ればいいのかについて解説します。
派遣社員が遅刻したときに使える理由! 嘘とバレにくい正当な言い訳教えます!
朝起きたらすでに出勤10分前! やばい!完全に遅刻だ! こんなとき、あなたならどうしますか? 普段遅刻なんてしない真面目な人ほどこういう状況に慣れてないので困りますよね。 今回は派遣社員の遅刻のいろはについてお伝えします。
派遣社員が当日急に休む時の理由や連絡方法、有給は使えるのかを解説!
派遣社員として働いていて急に当日休まなきゃいけない状況になったとき、どう連絡すればいいのか? 休むときの連絡先は派遣先と派遣元、どっちなのか? 当日欠勤の場合に有給は使えるのか? 今回は派遣社員が当日休む場合に使える理由や連絡方法、有給は使えるのかについてお伝えします。
転職活動中のつなぎに派遣社員として働くのはありか?
転職したくて就活しても思ったよりスムーズに仕事が決まらない。 仕事が決まるまでの間とりあえず派遣社員として働くのはありなの?? 今回は転職活動中のつなぎに派遣社員として働くことの是非について考えていきたいと思います。
派遣で働きながら就職活動。有給がなくても可能か?
正社員になりたいけど、なかなか就職が決まらない。 このままだと生活やばいからとりあえず派遣社員になって働きながら就職活動をする。 こんな選択肢を取る人は結構います。 しかしこれは現実的に可能なんでしょうか? 今回は入社後半年は有給がない派遣社員がどうやって転職活動すればいいのかについてまとめたいと思います。
派遣事務は男でもできる? 男でも採用されやすい求人案件とは?
派遣社員の仕事にはいろいろあります。 が、事務系のオフィスワークは女性の職場で男だと採用されにくいイメージがありますよね。 実際どうなんでしょうか? 今回は男性でも採用されやすい派遣事務の求人案件の選び方について紹介します。
派遣の事務は未経験だと難しいのか? 受かりやすい仕事選びのコツ!
派遣社員の仕事の中で圧倒的に人気があるので事務の仕事です。 どうせ派遣社員として働くならオフィスワークがしたい人が多いですからね。 しかし派遣会社の営業担当から未経験で事務は難しいよと言われてしまった人もいるのではないでしょうか? 実際未経験で事務は難しいのか、どういう求人なら未経験でも受かりやすいのかを解説していきたいと思います。
派遣のデータ入力に必要なタイピングスピードは? 練習方法も紹介!
派遣で人気の仕事、「データ入力」 データ入力に必要なスキルは特になしという場合が多いですが、一つだけあった方がいいのがタイピングスピード。 応募者が多い場合はタイピングスピードが遅い人から落とされてしまいます。 実際、データ入力の仕事に応募するのに必要なタイピングスピードはどれくらいなのか、練習する方法も合わせて紹介します。
派遣のスキルチェックのタイピングで一般事務に必要なスピードの目安は?
派遣の登録会に行くと必ずあるのがスキルチェック。 このスキルチェックで行われるのがタイピングスピードの測定です。 派遣の仕事の中でも人気の職種である「一般事務」はパソコンを使うのでタイピングスピードはある程度見られます。 実際一般事務に応募するのに必要なタイピングスピードはどれくらいなんでしょうか?
派遣先を変えたい!派遣先が合わないときの対処法3つ
派遣の仕事には当たり外れがあります。 外れの職場に当たっちゃって上司が怖くてもう耐えられない!1日でも早く辞めたい! そんなときどうすればいいのでしょうか? 今回は派遣先が合わなくて変えたくなったときの対処法を3つ紹介します。
派遣会社からの電話って無視していいの?しつこくかけてくる理由は?
登録した派遣会社から電話がかかってきた。 でも今は仕事探してるわけじゃないし無視でいいかな。 でも無視したらブラックリストに載りそうで怖い・・・。 今回はそんな悩みにお答えします。
派遣社員をバックレるとその後どうなるのか?経験者10人に聞いてみた。
派遣社員の職場には当たりはずれがあります。 外れの職場に当たった時、契約期間満了まで働くのが嫌でバックレたくなることもあります。 そんなときバックレるとその後どうなるのか、経験者10人に聞いてみました。
派遣3年ルールは余計なお世話!抵触日を迎えても延長する方法は?
派遣社員は3年以上同じ派遣先の職場で働いてはいけない。 この3年ルールは派遣社員を守るためにできた法律らしいですが、派遣社員からしたら「ふざけんな!余計なお世話だ!」って話なんですよね。 この記事では派遣3年ルールについてや、3年以降も働き続けたい人が抵触日を迎えても延長する方法を解説します。
派遣社員が担当業務以外の仕事を頼まれたら断るべき?どこまで引き受ける?
派遣社員は契約により、仕事内容が決まってます。 そして契約外の仕事はしてはいけない決まりになってます。 でもそんな契約を無視して担当業務以外の仕事を頼まれることはよくあること。 今回は派遣社員が契約外の業務を頼まれた場合、断るべきなのか、引き受ける場合はどこまで引き受けるべきなのか解説します。
派遣社員に差別はあるのか?差別の内容と対処法を50人に聞いてみました。
私が派遣社員として2年間働いてるときは差別は一切ありませんでした。 しかし実際ネットで検索すると少なからず差別を受けてる人はいるようです。 そこで派遣社員の差別の実態を知るためにインターネットのアンケートサイトで調査してみました。