残業が多くて疲れが限界に達して体を壊し、派遣社員に転職して健康を取り戻した話

残業が多くて疲れが限界に達して体を壊し、派遣社員に転職して健康を取り戻した話

残業が多くて疲れが限界に達して体を壊し、派遣社員に転職して健康を取り戻した話

せみ子さんは経理として正社員の仕事に転職しました。

 

仕事が楽しく、最初は残業も気にならなかったようですが、徐々に体を壊し、ある日起き上がれなくなり、病院に言ったら貧血と栄養失調。

 

完全に体を壊していました。

 

 

そこで残業のない派遣社員に転職し、健康を取り戻したのでした。

スポンサーリンク

せみ子さんの正社員時代と派遣社員時代の残業時間と給料の比較

職種 残業時間 給料
正社員のとき 機械メーカーの経理部 1日3〜5時間、月60〜80時間 月収21万円
派遣社員のとき 食品会社の営業事務 1日0〜0.5時間、月3時間 月収17万円

契約社員から正社員に転職

私は、大学を卒業してから2年ほどは短期の契約社員をしていました。

 

この時の仕事は、簡単な一般事務がメインで、基本的に残業はしてはいけない事になっていました。

 

 

就業時間は8時半にスタートして、就業は17時半です。

 

仕事が終わってからのプライベートな時間もとることができましたが、いつかは正社員になりたいと思っていました。

 

 

自分の時間が持てるのは良い事なのですが、やはりお給料が安かったのと、もう少しやりがいのある仕事をしたいと考えていました。

 

そのため、転職系のサイトを利用して、就職活動をしていたのですが、運よく機械メーカーの経理部へ就職する事ができたのです。

 

 

経理経験は無かったのですが、とにかく人手が必要だという事で採用をしていただきました。

 

それというのも、これまで使っていた経理システムをやめて、新しいシステムで運営を始めるため、人員を増やすという方針になっていたようでした。

 

 

この頃は、憧れの正社員になれて、頑張って仕事をしていこうと張り切っていました。

 

 

仕事内容が変わって残業が増え始めた

念願の正社員になれたという喜びもあって、仕事に就いてからは、とにかく仕事を覚えることに必死になっていました。

 

幸い、職場の雰囲気はとても良く、チームワークもしっかりしていて働きやすかったです。

 

 

それに、経理は未経験でしたが、領収書の仕分けをしたり、決算時の資料を作ったりというのは、意外と楽しいものでした。

 

 

さらに、契約社員の時とは違い、福利厚生もしっかりしていたし、ボーナスももらえるという点も嬉しかったです。

 

社員食堂の食事も美味しかったので、このまま仕事を続けられていきそうな気がしていました。

 

 

しかし、仕事に慣れかけてきたころに、経理システムの移行が始まりました。

 

すると、これまで行ってきた仕事に加えて、システム移行のための業務が増えてきました。

 

 

最初は1、2時間程度だった残業が4時間、5時間残るのは当たり前というようになっていったのです。

 

 

新システムに移行するためのデータを準備したり、テストデータを流してみたりという作業があり、さらに日常の仕分けも行うという日々が始まりました。

 

経理の仕事は、特に締切が厳しく決まっているので、残業してでも終わらせるという雰囲気が出来上がっていきました。

 

スポンサーリンク

残業をしすぎて体を壊しかけた日々

21時、22時頃に帰るのが当たり前になってきたころに、さらに忙しくなる時期がやってきました。

 

 

経理の仕事は、定期的に決算という特殊な仕分けをする時期があります。

 

新しいシステムに移行したのと同時に、この決算がやってきました。

 

 

今までであれば、なんなく出来ていた仕分けができなくなり、問題を検証するという作業が加わってきました。

 

いつもの決算でさえ、残業を20時、21時頃まで行っていたのに、新システムになってからは、毎日が22時頃まで残るというようになっていきました。

 

 

ただし、この職場では残業代をしっかりと払ってくれていたので、自然と給料も多く貰えていました。

 

お給料が増えているのだし、今を何とかしのげば大丈夫だろうと思ってしました。

 

 

コンビニ弁当やレトルト食品だけ食べていては体を壊すと思っていたので、できるだけ自炊をするようにもしていました。

 

残業でへとへとになって帰ってきても、お弁当のおかずを夜のうちに作って、朝はつめるだけにするようにしたいました。

 

 

それに、やはり経理の仕事は楽しかったので、残業は多いけれど、なんとかやっていけると思っていたのです。

 

しかし、心は元気でも次第に体の方がついてこなくなってきたのです。

 

 

平日は、仕事があるという緊張感からか元気に動いていたのですが、土日になるとずっと寝ているという日々が続くようになりました。

 

疲れが溜まっているんだな程度に考えていたのですが、睡魔とだるさが平日にも襲ってくるようになりました。

 

 

どれだけ寝ていても、休んでいても疲れがとれないのです。

 

 

そのうち、食事をとる量も減ってきてしまいました。

 

食事をとらないのだから、スタミナや免疫力も落ちてきます。

 

 

ある日、とうとう目が覚めても布団から起き上がる事ができなくなってしまいました。

 

スポンサーリンク

お金よりも体が大事だと気付いた

体を起こそうにも、鉛のように重くなってしまい、立ち上がる事ができなくなっていました。

 

心の方はいたって元気で、鬱っぽい感じはないのですが、とにかく体が動かないのです。

 

 

これはまずいと思い、とにかく何とか力を振り絞って会社へ休む電話をしました。

 

経理の仕事は、締日に間に合わせるために、1日でも休むと大変なことになるのですが、この時は休んでもしょうが無いと思っていました。

 

 

その日は、体が動くようになるまで布団の中でじっとしていました。

 

夕方ころになって、やっと体が起こせるようになったので、近所の病院へ行って検査をしてもらいました。

 

 

すると、重度の貧血と栄養失調、それに加えて自律神経が乱れているという診断が出ました。

 

貧血と自律神経の乱れは何となくわかっていましたが、栄養失調と診断されたのはショックでした。

 

 

たしかに最近、あんまり食べ物を食べていないとは気づいていましたが、まさかそこまで酷い状態になっているとは思ってもいなかったからです。

 

点滴をうけて、薬をもらってから家に帰り、とにかく睡眠をとっていました。

 

 

眠るまでの間、これからの仕事について考え込みました。

 

たしかにお給料は良いし、やりがいのある仕事だけど、このまま続けて行けるのだろうかと。

 

 

実際、体は限界にきているのだし、もしも、このまま残業が減らなければ、大変なことになるんじゃないかと怖くもなってきました。

 

 

次の日は、少し体調はマシになっていたのですが、通勤する体力がなかったため、有休をとりました。

 

久々に自分のために使える時間ができたことで、仕事についてじっくり考えてみました。

 

 

たぶん、この仕事を続けていくと、最悪、死んでしまうかもしれない。

 

体を壊してしまっては、回復までに時間もかかるし、日常生活もできなくなってしまうんじゃないか。

 

そういう考えがずっと胸の内にめぐり続けました。

 

スポンサーリンク

残業がなく自由度が高い派遣社員という働き方

それから、数か月は有休をとったり、体調不良を理由にして定時で帰る日をもつようにして、何とかしのぎました。

 

仕事を楽しいと思う日もありましたが、一度、辞めようと思うと、なかなかスタミナが続かないものです。

 

 

ある日、とうとう心までが疲れてきてしまい、上司に辞める旨を伝えました。

 

この時点で仕事は決まっていなかったのですが、とにかく体と心を優先させるために退職をお願いしました。

 

 

もしかしたら揉めるかもしれないと心配していましたが、意外とすんなりと退職を受け入れてくれました。

 

引継期間を1ヶ月ほどもらったので、このうちに転職をしようと活動を始めました。

 

 

転職サイトに登録したり、ハローワークに行ったりと、いろいろ仕事探しをしたのですが、なかなか良い案件には巡り合えませんでした。

 

それというのも、正社員であれば、残業をしてほしいという職場が多かったからです。

 

 

転職会社の営業の方にも相談したのですが、やはり、残業が出来ないというのは、けっこうなハンデになるとも言っていました。

 

ここで妥協してしまっては、前の会社と同じことを繰り返してしまいます。

 

 

何とかならないかと思っていた時に、派遣社員という選択肢があることに気が付きました。

 

それというのも、友人の一人が派遣社員として働いているというのを思い出したからです。

 

 

友人の話では、派遣会社に登録する際に、残業を希望しないということを伝えておけば、条件に合った派遣先を探してくれるとのことでした。

 

 

派遣サイトを調べてみると、たしかに、正社員で探すよりも、残業なしでも大丈夫な職場がたくさん掲載されていました。

 

それに、派遣社員は、その会社の人員ではないため、良い意味で会社と一線が引けるドライな関係が保つ事もできるのでした。

 

 

そのため、何となくみんな残っているし、自分も残らなきゃならないのでは。という気遣いもしなくても良いのです。

 

スポンサーリンク

派遣社員として働いて良かった事

早速、派遣会社に登録すると、いくつか条件に合った職場を紹介してもらいました。

 

その中には、残業は基本的に無くて、時給も高いものがありました。

 

 

仕事の内容が営業事務ということだったので、未経験ではあったのですが思い切って応募してみました。

 

そこの会社は、前に働いていた派遣社員さんが辞められて、一刻も早く人手がほしかったという事もあって、運よく採用してもらえました。

 

 

働いてみると、一から仕事を覚えたり、その会社独特のルールを勉強したりと大変でした。

 

でも、正社員で残業ばかりだった頃と比べると天国のようでした。

 

 

まず、仕事は17時半には終わるので、18時頃には自宅に帰れるといのが嬉しかったです。

 

体力的にも余裕があるので、帰ってからゆっくりと料理ができるのです。

 

 

それに、掃除や洗濯などの家事もできるので、生活のペースが整えやすくなりました。

 

食事をしたり、お風呂に入る時間が決まってきたので、自然とぐっすり眠れるようにもなってきました。

 

 

以前は、どれだけ寝ても疲れがとれなかったのに、仕事を変えてからは、朝6時頃に起きてもすっきりとしていられます。

 

 

それに、以前であれば、疲れすぎて栄養ドリンクやゼリー系の食事しかとれなかったのですが、だんだんと色々なおかずを食べられるようになってきました。

 

体が元気になると余裕も出てくるので、休日は美術館やカフェに行くという元気も出てきました。

 

 

派遣社員になったことで、福利厚生やお給料の面ではマイナスですが、生活を整えたり、心や体の健康を保つという点では大きなプラスでした。

 

 

実際に両方の待遇で働いてみて、お金のために働きすぎると、体を壊してしまうということに気が付きました。

 

 

お金があっても、体や心が壊れてしまっては、人生を楽しめません。

 

自分の人生を楽しくするためにも、派遣社員という選択はとてもお勧めです。

楽な派遣の仕事を見つけたい人へ。オススメの派遣会社はこちら

派遣会社を選ぶならなるべく大手で評判のいいところをオススメします。

大手で評判の良い派遣会社なら求人の数も質も高いので楽でホワイトな職場環境の求人が見つかりやすいですよ。

→評判のいい派遣会社を比較! ぶっちゃけ大手5社を選べば間違いない

スポンサーリンク

関連ページ

月100時間残業の正社員から派遣社員に転職したら給料が上がってびっくりした話
KJさんは安定を求めてビジネスホテルのフロント係に正社員として入社しました。 しかし入社後すぐにそれまで働いてた先輩たちがやめてしまい、その埋め合わせで残業することに。 毎日5時間、月100時間もの残業を強いられる生活をすることになりました。 そんなKJさんの地獄の正社員時代の話と、派遣社員になって大きく変わったことを体験談を紹介します。
100時間サービス残業のエンジニア系正社員から派遣社員に転職して人生変わった話
エンジニア系の正社員は残業が多い職場が多いと思います。 残業代も適切に支払われない会社もあります。 MPさんが大卒で入社したシステム開発の会社も例外ではありませんでした。 今回はMPさんが100時間サービス残業のエンジニア系正社員から派遣社員に転職して人生変わった体験談を紹介します。
残業200時間パワハラありのブラック企業から派遣社員に転職した話
ずっと就職できずにいたkhさんはある食品会社にやっと内定してすぐに寮生活となり、働くことに。 しかしその会社はドがつくほどのブラック企業。 朝7時から24時が過ぎるまで働かされて給料はたったの月収20万程度。 そんなkhさんでしたが派遣社員に転職して生活が180℃変わりました。
介護職で残業の疲労とストレスの限界で辞めて派遣社員になった話
しず子さんは正社員として入社した介護職で、入社6ヶ月目で責任者に任命されてしまいました。 マネジメント経験もなく、先輩ばかりの環境で責任者の仕事はストレスも多く、サービス残業も強いられました。 その上どんどん人が辞めて負担が重くなり、仕事はきつくなっていくばかり。 限界を感じて退職することにし、派遣社員になって自分の人生を取り戻しました。
残業120時間の会社を辞めて派遣社員になり、独立開業を目指してる話。
NKさんは新卒入社したシステム開発の会社で、残業時間が多く、サービス残業も発生する環境を経験しました。 このままでは廃人になってしまうため、同期と相談し、退職して派遣社員になることに。 今では残業がほぼなく、自由時間の多い派遣社員をやりながらスキルアップや資格を取得して独立開業を目指してます。 そんなNKさんの体験を紹介します。
残業100時間の会社で4年働き、派遣社員に転職したら天国だった話
由美子さんは元々接客業をしていて、初めて製造系の会社の正社員になりました。 それまで転職が多かったので頑張ろうと意気込んでいました。 しかしその会社は残業100時間なのに薄給のブラック企業でした。 毎日辞めたくて仕方ないのに頑張って4年間働いた由美子さんは派遣社員に転職し、天国だと感じました。 今回はそんな由美子さんの転職体験を紹介します。
毎日怒鳴られるパワハラ地獄の営業の仕事から派遣社員に転職したら天国だった話
れんさんは就職氷河期に自分の意志とが違う営業の仕事に就きました。 その仕事は完全なブラック企業でパワハラが当たり前のように行われていました。 パワハラが常態の営業の仕事から派遣社員に転職したら完全に地獄から天国のようでした。 今回はそんなれんさんの転職体験を紹介します。
ニートでも派遣社員になれる?3年間引きこもりニートが派遣で人生変わった話
陽平さんは大学を4年留学し、その結果就活が上手くいかず、大学卒業後は実家に帰ってニートになり、引きこもってました。 あるとき決心して派遣社員の仕事を探して働くことに。 ニートでも派遣社員の仕事は見つかるのか、実際に見つけてうまくいった陽平さんの体験談を紹介します。
人材派遣の営業職がつらいから派遣社員の営業事務に転職した話
JAMさんは人材派遣会社の営業として働いてました。 しかし人材派遣会社の営業は人を扱う仕事。 ストレスがひどく、残業も多くてつらい毎日を送っていました。 このままじゃ体を壊すと思って仕事を辞め、残業なしの営業事務の派遣社員に転職。
営業職がつらいので派遣事務に転職してわかった派遣の良さ10個!
毎日県境に車で移動して営業。 当たり前のように残業代なし。 休日出勤も当たり前。 そんな労働環境の中で過労死しそうだったので派遣事務に転職。 営業職とは180℃違う派遣の良さを知ったのでした。
営業の待遇の悪さに不満を持ち、派遣に転職して生活が変わった話
あきさんは新卒の会社で希望と違う営業に配属されました。 営業は残業が多く、仕事も大変なのに給与は内勤と変わらず、待遇の悪さに不満を持ちました。 そこで派遣社員に転職してみたら給与は変わらないのに職場環境が一気に改善され、生活が変わったのでした。
インテリア販売の仕事が辛くて派遣社員に転職したら180℃違う世界だった話
マミーさんはインテリア販売の仕事に正社員として就職しました。 しかし販売の仕事はマミーさんが思ってたよりかなりつらいものでした。 そこで派遣社員に転職したところ、販売とは180度違う世界だったのです。
アパレル販売で声かけを強制される正社員が嫌で派遣に転職したら天国だった
アパレル販売の仕事に声かけがあります。 お客さんは声をかけられるのが嫌な人も多いです。 でも上司に声かけを強制されたらするしかありません。 そんな声かけが嫌になった正社員が同じアパレルの派遣社員に転職したら環境が180℃変わり、地獄から天国に行った気分を味わった、というミニーさんの体験をお伝えします。
携帯ショップの店長が辛いので派遣社員に転職し当たり前の幸せを実感した話
あきさんは携帯ショップの店長をしていました。 携帯ショップの店長の仕事は休みが少なく、残業も多く、体力も精神力もかなり消耗するつらい仕事でした。 そこで派遣社員に転職したところ、ライフワークバランスが改善され、人間らしい生活が送れるようになりました。
新卒の会社がブラックだったので派遣社員に転職したら給与が10万上がった話
ミキさんは新卒でブラック企業に就職してしまいました。 終電帰りの毎日に体調を崩し、退職してからしばらくはアルバイトをしていました。 そんなある日、派遣社員の求人広告を見つけて応募し、派遣社員になってた結果、なんと派遣社員になったことで勤務時間が激減したのに給与は10万も上がったのです!
美容師が辛すぎたので辞めて派遣の事務職に転職したら天国だった話
派遣社員に転職した人の体験談を紹介します。
バーテンダーの給与が安すぎたので派遣社員に転職したら生活が裕福になった話
たくやさんはバーテンダーとして働いてました。 小さめのバーを一人で回すお店で、仕事は忙しく昼夜逆転もあり大変でしたが給与が少なく貧乏生活をしていました。 そんなある日バーテンダーの仕事をクビになり、派遣社員に転職した結果、給与が一気に増えて生活が裕福になったのです。
飲食店の社員がきつすぎて派遣のオフィスワークに転職!地獄から天国へ
派遣社員に転職した人の体験談を紹介します。
未経験で入ったプログラマーが暇すぎて辛かったので派遣に転職した話
ぴこさんは未経験でプログラマーになりました。 しかし入ったIT会社が暇かつ放任主義。 暇でラッキーと思う人もいるかもしれませんが、ぴこさんにとって暇でやることがないのは苦痛でした。 そこで派遣社員に転職することにしたのでした。
小さな会社のSE正社員から派遣SEに転職したら年収100万以上上がった話
たくみさんは情報処理の専門学校卒業後、小さなシステム開発会社に正社員として入社しました。 しかしその会社は4年で潰れてしまい、その後派遣SEに転職しました。 その結果給与が上がり、年収にして100万以上も上がったのです!
不満の多かった正社員プログラマーから派遣SEに転職したら正解だった
NAOT.エンジニアリングさんはプログラマー正社員として働いてました。 しかしその会社はプログラマーの仕事の指示の段取りが悪く、非常に効率が悪い仕事をの仕方をしていて不満がたまり、仕事を辞めることに。 次の仕事は効率を求めて派遣社員(SE)になりました。 その結果、仕事の効率が良くなり、給与も上がり、転職して大正解でした。
介護の正社員がサービス残業多すぎたので介護の派遣に転職した話
ちーちゃんさんは介護の仕事が好きで、介護職員として正社員になりました。 しかし正社員の仕事はサービス残業や休日出勤も多かったので辞めることに。 その後同じ介護職の派遣社員に転職した結果、残業なしで介護の仕事ができたことで仕事もプライベートも充実するようになりました。
デイサービスの仕事が辛かったので派遣社員に転職して自分の人生を取り戻した話
satsukichanさんは専門学校卒業後、デイサービスの介護の仕事に就きました。 しかしデイサービスの仕事は残業や休日出勤などの時間外労働が多く、かつ深すぎる人間関係が辛く、疲れてしまいました。 そこで派遣社員に転職して自分の人生の舵を取り戻したのです。
40代で介護職正社員に就職したがつらいので辞めて派遣社員に転職した話
助太刀さんは就職氷河期時代、40代で他に正社員になれる仕事がなかったため、介護職に就職しました。 介護職はやりがいこそありましたが、残業が多く、割に合わない仕事でした。 そのため、結局やめて派遣社員に転職することになりました。
介護職に転職したらパワハラと残業がひどい超ブラック企業だったので派遣に転職した話
アビバノンさんは元々ブラックな広告制作会社で働いていてパワハラや残業が限界で転職することに。 しかし転職先の介護の仕事はさらにブラックでした。 つまりブラック企業からブラック企業に転職してしまったのです。 それでも1年くらい働いた後、派遣社員に転職してなぜもっと早く派遣社員にならなかったのか後悔することになりました。
システムエンジニアの正社員の仕事が辛いので派遣SEに転職して10万以上給与が上がった話
青空に浮かぶはぐれ雲さんは小さなシステム開発の会社に転職しました。 その会社で新しい言語を覚えるように言われ、その言語を使う職場に配属されましたが、覚えられず、辛くなり会社を辞めることに。 その後開発言語を自分で選べる派遣SEに転職した結果、自分のやりたいことができて仕事が楽しくなりました。
エンジニアの仕事から営業事務に転職して仕事中会話する楽しさを知った話
アンダルシア敏郎座衛門さんはエンジニアの仕事をしていました。 やはりIT業界は残業が多く、休日出勤もたびたびあり、身体が休まりません。 そして仕事中は会話がなく、つまらない毎日に嫌気がさしていました。 そこで派遣社員の営業事務に転職した結果、仕事中会話できる楽しさや休日ちゃんと休める楽しさを知ったのでした。
ITエンジニアが鬱になる理由とホワイトな派遣社員に転職すべき理由
由美子さんはITエンジニアとして働いてました。 その職場では月に1回鬱になる人が出ていました。 ITエンジニアが鬱になる理由は何なのか、またホワイトな派遣社員に転職すべき理由をお伝えします。
広告業界の正社員が辛かったので広告業界の派遣社員に転職して残業が140時間→10時間に減った話
大手求人広告の営業として25歳で中途入社しました。 初めての営業職でしたので、苦労することは覚悟していましたが、広告業界は思った以上に大変な仕事でした。 週間誌だったこともあり、毎週締め切りがあり、締め切りの金曜日はもう地獄絵図でした。
ゲーム業界が残業多すぎて辛いので派遣社員に転職したら職場環境が激変した。
ちょこぼの巣は太平洋さんはゲーム業界勤めてました。 そんなゲーム業界では発売前の残業が非常に多く、1週間家に帰れないことも。 そこで派遣社員に転職した結果、給与が増え、定時に帰れるようになり、職場環境が激変しました。