営業の待遇の悪さに不満を持ち、派遣に転職して生活が変わった話

営業の待遇の悪さに不満を持ち、派遣に転職して生活が変わった話

営業の待遇の悪さに不満を持ち、派遣に転職して生活が変わった話

あきさんは新卒の会社で希望と違う営業に配属されました。

 

営業は残業が多く、仕事も大変なのに給与は内勤と変わらず、待遇の悪さに不満を持ちました。

 

そこで派遣社員に転職してみたら給与は変わらないのに職場環境が一気に改善され、生活が変わったのでした。

スポンサーリンク

えみさんの正社員の頃と派遣社員の頃の残業時間と給料の比較

職種 残業時間 給料
正社員のとき コンサルティング営業 月72時間 月収30万円
派遣社員のとき 貿易実務 月5時間 月収30万

新卒で採用された会社で営業に配属されてしまった話

新卒で採用された会社で人事部や企画などのバックオフィスを希望していましたが、新人研修後に営業部に配属されることになりました。

 

当時は営業の辛さなどがよくわかっていなかったため、会社の言う通りに働くことになったのです。

 

同期で営業に配属されたのは男性ばかりで、ほとんどの女性は人事部や企画などに配属されました。

 

 

営業職として、初めは先輩社員について色々な会社を回っていくのですが、仕事が大変で辞めていく人も多かったです。

 

そのため、1年にも満たずに担当の会社をどんどん振られ、新規営業などもやることになりました。

 

 

コンサルティング営業のため、基本的にはテレアポなどはすでに取引などがあったリストなどからでしたが、それでも担当者が変わっていたため、新規と変わらず毎月の予算が当てられそれをクリアするために忙しい日々を送ることになったのです。

 

スポンサーリンク

営業職の待遇が悪すぎた話

朝は内勤の人たちは10時頃に出社するのに、営業は9時出社でした。

 

昼間は客先を回るため、帰社してから企画書や請求書などの事務作業に入ります。

 

 

だいたい午前中に1社、午後に2社ほど回るので会社に戻るのは16時頃になってしまうことが多かったです。

 

それから社内のミーティングがあり、2時間くらい拘束されることも多々ありました。

 

 

実際に自分の仕事ができるのは18時以降ということもあり、定時に帰れたのは新人研修の間だけです。

 

定時は18時ですが帰る人は誰もいません。

 

そこで帰ると、部長などにあの会社の進捗はどうなった?などと声がかかります。

 

 

なかなか帰る雰囲気がなく、部長も終電まで残って仕事をしているので、残業をしているのが当たり前の風土がありました。

 

友達とのアフターファイブなどにも参加できることがなく、毎日忙しさだけで日々が過ぎていったのです。

 

 

そんな毎日が日常化している中、体調に不調をきたすことも増えてきました。

 

胃痛になったり、風邪をひきやすくなったのです。

 

 

いつも仕事が終わるのが22時くらいで、そこから帰宅して何もすることができずにただ寝るだけの日々で、体調がおかしくなるのも当然ですよね。

 

疲れがたまっているのだと思っても、有給を取ることもなかなかできませんでした。

 

 

仕事自体は、大きな顧客や一流企業が多く、若い20代からそのような顧客と仕事ができてやりがいはありました。

 

相手も法人ですので、不条理なことを言われることも少なかったですし、大きな仕事を取れた時の達成感は大きかったです。

 

 

しかし、自分が予算を達成しても特にボーナスは支払われませんでした。

 

自分より地位の高いマネージャークラスの人が予算を達成できずにいるのに、なんでその人たちが自分よりも多く給料をもらうのだろうと疑問に感じることが増え始め、転職をしようと思い立ったのです。

 

 

営業職と言っても営業職がもらえる手当はごくわずかで、寒い日も暑い日も外に出なければならない自分と内勤職の人たちの給与の差のなさにも嫌気がさしてきたときでした。

 

スポンサーリンク

転職活動がうまく行かず、派遣に興味を持つ

転職活動をするために、転職紹介会社などに登録して転職活動をすることになりました。

 

大手の営業職などを紹介してもらえましたが、面接に行く時間がないのです。

 

 

大手の会社ですと、営業時間内の面接を希望していることがほとんどで、ヘッドハンターからもそのために時間を取ってくださいと言われる始末でした。

 

会社は有休や早退をするのが難しいので、結局それらの求人にも応募することを諦めました。

 

 

この会社にいる間に次の就職先を見つけるのは難しいと判断した矢先、週末に女子会で同じ大学の友達と会うことになったのです。

 

彼女たちは、ゼネコンや銀行などに就職していました。

 

 

正社員で働いている友達は皆仕事がきついとか、辞めたいとかいう話だったのですが、正社員を辞めて派遣社員で働いている一人の友人がいました。

 

彼女は素敵な彼氏もできて、仕事後にはヨガや生け花に通い、年に1回は海外旅行も行っている自分とはかけ離れた充実した生活をしているようです。

 

今まで派遣は保証がないとか、あまりいいイメージがなかったのですが、派遣会社が保険から福利厚生まで保障してくれ、スキルアップのための研修など色々な特典があるようでした。

 

今まで正社員のみで転職を考えていたので、派遣社員も考えてみようというきっかけになった出来事です。

派遣社員に転職

これから転職するなら、長い期間働くことができる会社にしたいという思いがありました。

 

まだ新卒で働いて4年しか経っていないので、できることなら専門知識を持って、結婚しても働きたいという希望があります。

 

 

私は学生時代に中国に留学しており、中国語は話すことができるのでその知識を活かせる仕事がないかと探しました。

 

大手商社系の派遣会社のホームページを見つけ、貿易関連の業務に強みがある派遣会社とのことで挑戦してみることにしたのです。

 

 

初めはインターネットから簡単に登録し、後日本登録のために、派遣会社のオフィスへ行くことになりました。

 

対応してくれた女性は、同じ20代の若い方で話しやすかったです。

 

 

私のような女性が増えているとのことを聞き、正社員でなく、派遣社員としてキャリアを積んで正社員で活躍しているというケースを聞きました。

 

特に貿易関連の仕事の場合は、いきなり正社員での採用が難しく、ある程度の経験や知識が必要になってくるので、現場でキャリアを積むほうが良いということだったのです。

 

 

登録とその場でいくつかの案件を紹介してもらいました。

 

紹介してもらった企業はどちらも大手で私でも知っている会社で、未経験なのに大丈夫かと心配になりましたが、中国語や英語のスキルを持っていることが有利に働くだろうし、営業職をやっていたので一通りのオフィスソフトも使えれば未経験でも大丈夫と教えてくれました。

 

 

自分のやりたい仕事ができる大手海運業の派遣社員になるために、採用企業側との面接がありました。

 

採用面接にあたり、派遣会社さんが職務履歴書や面接への準備も整えて下さり、無事採用されることになりました。

 

 

派遣先が決まり、すぐに働く日程も決まり全てがスムーズに運び、2ヶ月以内には転職することができたのです。

 

これが普通の正社員だったら、面接に何度も出向かなければならないし、働く仕事も事前にわからないことも多かったことでしょう。

 

派遣会社には、イーラーニングのシステムがあり、事前に貿易の基礎知識を学べたので、スムーズに就業ができました。

 

スポンサーリンク

派遣社員になって生活が変わった

プライイベートの時間を持てるようになった

派遣社員になって一番良かったのは、プライイベートの時間を持てるようになったということです。

 

残業は繁忙期を除けばほとんどなく、定時の18時で帰ることができます。

 

 

営業職ではピリピリした職場の雰囲気があったのですが、中国人や韓国人の人も働いていてみなさん仕事だけでなく、プライベートの時間も大切にしていて、用事がなくても仕事が終われば帰るというスタンスでした。

 

私もできるだけ定時に終わるように仕事もコントロールするようになったのです。

 

 

そのおかげもあり、貿易の専門用語や専門知識の学習に当てることができる時間も確保することができました。

 

仕事が終わったら、立ち飲みバーに同僚と出かけることもありますし、ジムに通ったりもできるようになったのです。

 

プライベートが充実したおかげで、精神や体調面も安定しています。

 

 

給与面ではマイナスなし

派遣になって給与が安くなる心配がありましたが、前の会社はボーナスもなかったので給与面ではほとんど変わりがありません。

 

逆に残業代なども前は出なかったので今の方がもらっていることが多いです。

 

派遣会社の規定を満たしているので、社会保険にも入ることができ福利厚生でも正社員と変わらないお得な特典を使うことができています。

 

 

働いている人は世代問わずに女性も多くが活躍している職場でした。

 

このまま頑張って仕事を覚えてキャリアを積めば正社員としても活躍することができると思っています。

 

現実に派遣からスタートした女性で正社員として働いている女性がいます。

 

 

派遣は職場環境もよかった

私のように派遣で働いている方もたくさんいる職場で、仕事の内容も明確ですし、チーム内でしっかりとシェアされています。

 

意味のないない長いミーティングに参加することもなく、仕事に集中することができる職場です。

 

チームの方はわからないことがあったら、丁寧に教えてくれますし仕事自体は簡単に感じることが多いです。

 

 

営業の時は誰にも相談することなく、自分で自己解決することの方が多かったのですが、チームで仕事をする以上しっかりとコミュニケーションをとって仕事をしていくので、チームワークが重要な仕事になっています。

 

社員でも派遣社員でもする仕事の内容は変わりませんので、新しい仕事に挑戦するときに幅を狭めなくてよかったです。

 

 

もし、正社員で貿易の仕事を探していたらずっと見つからなかったかもしれません。

 

それよりも早い段階でキャリアチェンジに成功することがより重要になってきます。

 

 

今も同じ職場で働いていますが、時々派遣会社とはメールなどでやり取りをしていますし、セミナーなどにも参加することがあり色々な面でお世話になているので、良い派遣会社に出会えてよかったです。

 

派遣会社と言ってもたくさんあるので、自分の働きたい業種や職種に強い会社を選ぶことが大切だと思います。

 

 

私の場合も、他の派遣会社にはない案件を紹介してもらえたので派遣会社選びは重要なポイントでした。

 

 

今後のキャリアも問題なし

今の会社で3年仕事を続ければ、正社員として採用されることになっています。

 

今のところ、職場や仕事内容は順調で問題はないのですが、派遣社員としてもさらに給与アップが見込めることがわかったので、今後もしばらくは派遣社員として働きたいと思っています。

 

スポンサーリンク

楽な派遣の仕事を見つけたい人へ。オススメの派遣会社はこちら

派遣会社を選ぶならなるべく大手で評判のいいところをオススメします。

大手で評判の良い派遣会社なら求人の数も質も高いので楽でホワイトな職場環境の求人が見つかりやすいですよ。

→評判のいい派遣会社を比較! ぶっちゃけ大手5社を選べば間違いない

スポンサーリンク

関連ページ

月100時間残業の正社員から派遣社員に転職したら給料が上がってびっくりした話
KJさんは安定を求めてビジネスホテルのフロント係に正社員として入社しました。 しかし入社後すぐにそれまで働いてた先輩たちがやめてしまい、その埋め合わせで残業することに。 毎日5時間、月100時間もの残業を強いられる生活をすることになりました。 そんなKJさんの地獄の正社員時代の話と、派遣社員になって大きく変わったことを体験談を紹介します。
100時間サービス残業のエンジニア系正社員から派遣社員に転職して人生変わった話
エンジニア系の正社員は残業が多い職場が多いと思います。 残業代も適切に支払われない会社もあります。 MPさんが大卒で入社したシステム開発の会社も例外ではありませんでした。 今回はMPさんが100時間サービス残業のエンジニア系正社員から派遣社員に転職して人生変わった体験談を紹介します。
残業200時間パワハラありのブラック企業から派遣社員に転職した話
ずっと就職できずにいたkhさんはある食品会社にやっと内定してすぐに寮生活となり、働くことに。 しかしその会社はドがつくほどのブラック企業。 朝7時から24時が過ぎるまで働かされて給料はたったの月収20万程度。 そんなkhさんでしたが派遣社員に転職して生活が180℃変わりました。
残業が多くて疲れが限界に達して体を壊し、派遣社員に転職して健康を取り戻した話
せみ子さんは経理として正社員の仕事に転職しました。 仕事が楽しく、最初は残業も気にならなかったようですが、徐々に体を壊し、ある日起き上がれなくなり、病院に言ったら貧血と栄養失調。 完全に体を壊していました。 そこで残業のない派遣社員に転職し、健康を取り戻したのでした。
介護職で残業の疲労とストレスの限界で辞めて派遣社員になった話
しず子さんは正社員として入社した介護職で、入社6ヶ月目で責任者に任命されてしまいました。 マネジメント経験もなく、先輩ばかりの環境で責任者の仕事はストレスも多く、サービス残業も強いられました。 その上どんどん人が辞めて負担が重くなり、仕事はきつくなっていくばかり。 限界を感じて退職することにし、派遣社員になって自分の人生を取り戻しました。
残業120時間の会社を辞めて派遣社員になり、独立開業を目指してる話。
NKさんは新卒入社したシステム開発の会社で、残業時間が多く、サービス残業も発生する環境を経験しました。 このままでは廃人になってしまうため、同期と相談し、退職して派遣社員になることに。 今では残業がほぼなく、自由時間の多い派遣社員をやりながらスキルアップや資格を取得して独立開業を目指してます。 そんなNKさんの体験を紹介します。
残業100時間の会社で4年働き、派遣社員に転職したら天国だった話
由美子さんは元々接客業をしていて、初めて製造系の会社の正社員になりました。 それまで転職が多かったので頑張ろうと意気込んでいました。 しかしその会社は残業100時間なのに薄給のブラック企業でした。 毎日辞めたくて仕方ないのに頑張って4年間働いた由美子さんは派遣社員に転職し、天国だと感じました。 今回はそんな由美子さんの転職体験を紹介します。
毎日怒鳴られるパワハラ地獄の営業の仕事から派遣社員に転職したら天国だった話
れんさんは就職氷河期に自分の意志とが違う営業の仕事に就きました。 その仕事は完全なブラック企業でパワハラが当たり前のように行われていました。 パワハラが常態の営業の仕事から派遣社員に転職したら完全に地獄から天国のようでした。 今回はそんなれんさんの転職体験を紹介します。
ニートでも派遣社員になれる?3年間引きこもりニートが派遣で人生変わった話
陽平さんは大学を4年留学し、その結果就活が上手くいかず、大学卒業後は実家に帰ってニートになり、引きこもってました。 あるとき決心して派遣社員の仕事を探して働くことに。 ニートでも派遣社員の仕事は見つかるのか、実際に見つけてうまくいった陽平さんの体験談を紹介します。
人材派遣の営業職がつらいから派遣社員の営業事務に転職した話
JAMさんは人材派遣会社の営業として働いてました。 しかし人材派遣会社の営業は人を扱う仕事。 ストレスがひどく、残業も多くてつらい毎日を送っていました。 このままじゃ体を壊すと思って仕事を辞め、残業なしの営業事務の派遣社員に転職。
営業職がつらいので派遣事務に転職してわかった派遣の良さ10個!
毎日県境に車で移動して営業。 当たり前のように残業代なし。 休日出勤も当たり前。 そんな労働環境の中で過労死しそうだったので派遣事務に転職。 営業職とは180℃違う派遣の良さを知ったのでした。
インテリア販売の仕事が辛くて派遣社員に転職したら180℃違う世界だった話
マミーさんはインテリア販売の仕事に正社員として就職しました。 しかし販売の仕事はマミーさんが思ってたよりかなりつらいものでした。 そこで派遣社員に転職したところ、販売とは180度違う世界だったのです。
アパレル販売で声かけを強制される正社員が嫌で派遣に転職したら天国だった
アパレル販売の仕事に声かけがあります。 お客さんは声をかけられるのが嫌な人も多いです。 でも上司に声かけを強制されたらするしかありません。 そんな声かけが嫌になった正社員が同じアパレルの派遣社員に転職したら環境が180℃変わり、地獄から天国に行った気分を味わった、というミニーさんの体験をお伝えします。
携帯ショップの店長が辛いので派遣社員に転職し当たり前の幸せを実感した話
あきさんは携帯ショップの店長をしていました。 携帯ショップの店長の仕事は休みが少なく、残業も多く、体力も精神力もかなり消耗するつらい仕事でした。 そこで派遣社員に転職したところ、ライフワークバランスが改善され、人間らしい生活が送れるようになりました。
新卒の会社がブラックだったので派遣社員に転職したら給与が10万上がった話
ミキさんは新卒でブラック企業に就職してしまいました。 終電帰りの毎日に体調を崩し、退職してからしばらくはアルバイトをしていました。 そんなある日、派遣社員の求人広告を見つけて応募し、派遣社員になってた結果、なんと派遣社員になったことで勤務時間が激減したのに給与は10万も上がったのです!
美容師が辛すぎたので辞めて派遣の事務職に転職したら天国だった話
派遣社員に転職した人の体験談を紹介します。
バーテンダーの給与が安すぎたので派遣社員に転職したら生活が裕福になった話
たくやさんはバーテンダーとして働いてました。 小さめのバーを一人で回すお店で、仕事は忙しく昼夜逆転もあり大変でしたが給与が少なく貧乏生活をしていました。 そんなある日バーテンダーの仕事をクビになり、派遣社員に転職した結果、給与が一気に増えて生活が裕福になったのです。
飲食店の社員がきつすぎて派遣のオフィスワークに転職!地獄から天国へ
派遣社員に転職した人の体験談を紹介します。
未経験で入ったプログラマーが暇すぎて辛かったので派遣に転職した話
ぴこさんは未経験でプログラマーになりました。 しかし入ったIT会社が暇かつ放任主義。 暇でラッキーと思う人もいるかもしれませんが、ぴこさんにとって暇でやることがないのは苦痛でした。 そこで派遣社員に転職することにしたのでした。
小さな会社のSE正社員から派遣SEに転職したら年収100万以上上がった話
たくみさんは情報処理の専門学校卒業後、小さなシステム開発会社に正社員として入社しました。 しかしその会社は4年で潰れてしまい、その後派遣SEに転職しました。 その結果給与が上がり、年収にして100万以上も上がったのです!
不満の多かった正社員プログラマーから派遣SEに転職したら正解だった
NAOT.エンジニアリングさんはプログラマー正社員として働いてました。 しかしその会社はプログラマーの仕事の指示の段取りが悪く、非常に効率が悪い仕事をの仕方をしていて不満がたまり、仕事を辞めることに。 次の仕事は効率を求めて派遣社員(SE)になりました。 その結果、仕事の効率が良くなり、給与も上がり、転職して大正解でした。
介護の正社員がサービス残業多すぎたので介護の派遣に転職した話
ちーちゃんさんは介護の仕事が好きで、介護職員として正社員になりました。 しかし正社員の仕事はサービス残業や休日出勤も多かったので辞めることに。 その後同じ介護職の派遣社員に転職した結果、残業なしで介護の仕事ができたことで仕事もプライベートも充実するようになりました。
デイサービスの仕事が辛かったので派遣社員に転職して自分の人生を取り戻した話
satsukichanさんは専門学校卒業後、デイサービスの介護の仕事に就きました。 しかしデイサービスの仕事は残業や休日出勤などの時間外労働が多く、かつ深すぎる人間関係が辛く、疲れてしまいました。 そこで派遣社員に転職して自分の人生の舵を取り戻したのです。
40代で介護職正社員に就職したがつらいので辞めて派遣社員に転職した話
助太刀さんは就職氷河期時代、40代で他に正社員になれる仕事がなかったため、介護職に就職しました。 介護職はやりがいこそありましたが、残業が多く、割に合わない仕事でした。 そのため、結局やめて派遣社員に転職することになりました。
介護職に転職したらパワハラと残業がひどい超ブラック企業だったので派遣に転職した話
アビバノンさんは元々ブラックな広告制作会社で働いていてパワハラや残業が限界で転職することに。 しかし転職先の介護の仕事はさらにブラックでした。 つまりブラック企業からブラック企業に転職してしまったのです。 それでも1年くらい働いた後、派遣社員に転職してなぜもっと早く派遣社員にならなかったのか後悔することになりました。
システムエンジニアの正社員の仕事が辛いので派遣SEに転職して10万以上給与が上がった話
青空に浮かぶはぐれ雲さんは小さなシステム開発の会社に転職しました。 その会社で新しい言語を覚えるように言われ、その言語を使う職場に配属されましたが、覚えられず、辛くなり会社を辞めることに。 その後開発言語を自分で選べる派遣SEに転職した結果、自分のやりたいことができて仕事が楽しくなりました。
エンジニアの仕事から営業事務に転職して仕事中会話する楽しさを知った話
アンダルシア敏郎座衛門さんはエンジニアの仕事をしていました。 やはりIT業界は残業が多く、休日出勤もたびたびあり、身体が休まりません。 そして仕事中は会話がなく、つまらない毎日に嫌気がさしていました。 そこで派遣社員の営業事務に転職した結果、仕事中会話できる楽しさや休日ちゃんと休める楽しさを知ったのでした。
ITエンジニアが鬱になる理由とホワイトな派遣社員に転職すべき理由
由美子さんはITエンジニアとして働いてました。 その職場では月に1回鬱になる人が出ていました。 ITエンジニアが鬱になる理由は何なのか、またホワイトな派遣社員に転職すべき理由をお伝えします。
広告業界の正社員が辛かったので広告業界の派遣社員に転職して残業が140時間→10時間に減った話
大手求人広告の営業として25歳で中途入社しました。 初めての営業職でしたので、苦労することは覚悟していましたが、広告業界は思った以上に大変な仕事でした。 週間誌だったこともあり、毎週締め切りがあり、締め切りの金曜日はもう地獄絵図でした。
ゲーム業界が残業多すぎて辛いので派遣社員に転職したら職場環境が激変した。
ちょこぼの巣は太平洋さんはゲーム業界勤めてました。 そんなゲーム業界では発売前の残業が非常に多く、1週間家に帰れないことも。 そこで派遣社員に転職した結果、給与が増え、定時に帰れるようになり、職場環境が激変しました。