インテリア販売の仕事が辛くて派遣社員に転職したら180℃違う世界だった話

インテリア販売の仕事が辛くて派遣社員に転職したら180℃違う世界だった話

インテリア販売の仕事が辛くて派遣社員に転職したら180℃違う世界だった話

マミーさんはインテリア販売の仕事に正社員として就職しました。

 

しかし販売の仕事はマミーさんが思ってたよりかなりつらいものでした。

 

そこで派遣社員に転職したところ、販売とは180度違う世界だったのです。

スポンサーリンク

マミーさんの正社員の頃と派遣社員の頃の残業時間と給料の比較

職種 残業時間 給料
正社員のとき 家具、インテリア雑貨 1日3〜4時間、月60時間以上 月収18万円
派遣社員のとき 営業事務 ほぼなし 月収23万

インテリア販売の仕事がつらかった話

20歳の頃に初めてインテリア関連の販売職に就きました。

 

初めての社会人経験っがこんなにもツライもになるとは思ってもみませんでした。

 

 

インテリアの販売の勤務形態は基本早番、遅番でわかれています。

 

早番の場合はオープン前の9時出勤から夕方18時ぐらいまでの勤務となり、遅番だとお昼の11時出勤から閉店までの21時ぐらいまでの勤務となります。

 

 

販売業はお客様あっての仕事です。

 

お客さんと接客中であれば自分の帰れる時間がきても帰れません。

 

自分が早番出勤で夕方に終わるのでその後にプライベートで友人と食事の約束をしていてもたまたまお客さんに声をかけられてしまい、その接客が長引いてしまうと帰れないのです。

 

 

予定がくるうことは日常茶飯事。

 

仕事後に友人との予定なんて入れれません。

 

 

そして何より他の販売職とは違うのはインテリア製品や家具は配送手続きや梱包作業などやることが山積みなのです。

 

アパレルなどの販売員は売ったら終わりだと思いますが、インテリアや家具の販売業はまず、家具を売る事から始まります。

 

 

家具は決めて購入しにくる人も多数いますが、基本は知識の多いプロの店員の意見を聞き購入までに結構悩むので時間がかかります。

 

朝接客したお客さんが帰宅するのが夕方だったこというケースもたくさんあります。

 

 

それにダイニングテーブル一つにしても単価が高く10万円以上もするのでお客さんも慎重になられます。

 

結婚や引っ越しなどでまとめて家具を購入される方もたくさんいるので、ひとつひとつの家具をどれにするのか、色はこれでいいのか?と悩む作業が多いです。

 

なので必然的に接客時間も長くなります。

 

 

接客が長引くとお昼の休憩時間が取れず、お昼休憩が夕方18時になってしまうことも繁忙期では多くあります。

 

小物やアパレルの接客とは違い家具やラグカーテンの接客となるとお客さんとの信頼関係の構築が重要となります。

 

 

お客さんの好みのテイストを確認し、お部屋の広さ、使用される家族構成や部屋の間取り、ライフスタイルのルーティンなど全てを確認したうえで、そのお客様のライフスタイルに合った家具の提案を行わなければなりません。

 

そのためころころと店員を交代することなんてできないのです。

 

 

そして販売が終わればお客さん家具を配送するための配送先を記入してもらう伝票をつくらなければなりません。

 

大体が全て配送商品となるので住所に間違いはないか伝票に記入もれがないチェックも必要です。

 

 

そして何より大切なのでが、記入してもらった住所や商品などの配送手配をかけること。

 

 

販売したら終わりではありません。

 

商品はすべて倉庫にあります。

 

倉庫の人に詳細を伝え配送手配をかけなければなりません。

 

 

また、家具は大きなものもあります。

 

大きい家具だとご自宅の形状によっては搬入できない場合もあります。

 

そのために購入される前にご自宅の家の前の道路の道幅を事前に確認したり、ご自宅の玄関ドアの寸法を測っていただかないといけなかったりとオペレーションしなければいけないことがたくさんあります。

 

 

また実際に届ける商品は倉庫の物なので販売しているスタッフもお客様も実際に届く家具を見ていません。

 

そのためクレームが起こる確率が非常に高いのです。

 

 

家具やインテリアの販売は関わる人がたくさんいます。

 

家具の販売→伝票入力→配送手配→倉庫の人が検品出荷→配送業者がお届け。という流れになります。

 

 

ですので、お客さんが家具を購入して家にとどくまでの間に販売をしたスタッフの他に倉庫の検品出荷をする人がいて、実際に商品を届ける配送業者がいます。

 

この間のどこかにミスがあるとクレームが発生してしまうのです。

 

 

家具を販売したから終わりではないのです。

 

実際にお客様のご自宅に無事に届いて、開梱設置までして初めて販売が完了となります。

 

そのため無事にとどくまで気が抜けません。

 

 

配送業者のミスであろうと倉庫の検品の人がミスをしようと窓口はお店です。

 

販売した担当スタッフがお客様のクレーム対応をすることになるのです。

 

 

そのため、お客様のご自宅に菓子折りを持って謝罪に行くこともたくさんありました。

 

また、責任者となれば全てのクレーム対応を一任しなければならないので本当に大変です。

 

神経をすり減らすことばかりでした。

 

 

クレーム対応に追われていても、お店の業務は別にあります。

 

時間に追われ、仕事に追われる毎日でした。

 

 

アパレルとは異なるのが、インテリアの販売は季節が大切な業界です。

 

1月はお正月の雑貨の店内ディスプレイ、2月はバレンタインギフトの提案、3月〜6月は?忙期、7、8月は扇風機など夏物の販売商品の打ち出し。

 

9月10月からは秋物に店内を衣替え、11月12月からはクリスマスに向けての店内ディスプレイなど1年を通してずーっと忙しいのです。

 

 

クリスマスが終わるとクリスマスのディスプレイを1日で撤去しなければなりません。

 

撤去したのちは次のディスプレイに変更しなければなりません。

 

本当に目まぐるしかったです。

 

 

1日何十時間も立ちっぱなし、家具を移動するには体力も必要です。

 

業務に追われ時間に追われお客様に怒られ気力も体力も全て使い果たし、将来のことを考えて退職を決意をしました。

 

 

販売の仕事を退職したのちに派遣に登録し、営業事務として転職することができました。

 

スポンサーリンク

派遣社員に転職したら人生が180℃変わった話

営業事務の仕事は販売の仕事とは180度も違う世界です!

 

本当に驚きだらけでした、

 

 

まずは就業時間がきっかり8時間。残業はなし。

 

そしてオフィスワークで事務作業なので自分のデスクがあり、1日ほぼ座りっぱなしの作業となります。

 

1日中ずっと座って仕事ができることにまず驚きでした。

 

 

事務作業なので社外の方と接することはほぼありません。

 

電話対応を得意先の企業などで一般のお客さんと接することがないのです。

 

なので常に見られているという気を張らなくていいのです。

 

 

デスクワークなのでコーヒーを飲みながら、たまにはおやつを食べながら作業ができます。

 

それなのにインテリア販売の正社員よりも給与は高いのです!

 

 

本当なんて夢のような仕事なのだろうかと思いました。

 

 

営業アシスタントという役割なので基本業務は営業さんのサポート。

 

もう自分が自ら先陣をきって仕事をしなくていいのです。

 

ただサポート業務なので支障がないようにミスのないように正確さが重要となります。

 

 

今までの販売の世界は女の園でした。

 

陰口や陰湿ないじめんも少なからずありました。

 

 

しかし営業事務の職場は事務員以外全員男性です。

 

男性社員の中に紅一点という形で事務をしていたので営業さんがみんな優しくしてくれてチヤホヤしてくれるのでなんだか毎日が楽しかったです。

 

今まで携わってきた販売職という業界と営業事務という業界がこんなにも違いがあるのかと驚きでしかなかったです。

 

 

お休みは土曜、日曜、祝日。

 

世間が休みとされているゴールデンウイークやお盆も営業事務職についてから初めて経験をすることができました。

 

 

基本的には残業はなしなので、仕事終わりに友人と夜食事に行ったり、ヨガなどの習い事もしてみたりと今まで経験したことのなかったアフターファイブを経験することができて、毎日が本当に充実しました。

 

また大型連休をいただけることで今まで一度もいけなかった長期旅行にも友人といくことができました。

 

 

何より販売の時は朝早くでて終電で帰宅するという毎日だったので、家族ともろくに顔を合わせてなかったのですが、営業事務職についてからは両親と一緒に夕食をとったり休日に一緒に出かけることもできてうれしかったです。

 

 

会社員が一般的な生活を送れるということをあらためて経験することができました。

 

現在販売の仕事をしていらっしゃる方には尊敬しかないです。

 

スポンサーリンク

楽な派遣の仕事を見つけたい人へ。オススメの派遣会社はこちら

派遣会社を選ぶならなるべく大手で評判のいいところをオススメします。

大手で評判の良い派遣会社なら求人の数も質も高いので楽でホワイトな職場環境の求人が見つかりやすいですよ。

→評判のいい派遣会社を比較! ぶっちゃけ大手5社を選べば間違いない

スポンサーリンク

関連ページ

月100時間残業の正社員から派遣社員に転職したら給料が上がってびっくりした話
KJさんは安定を求めてビジネスホテルのフロント係に正社員として入社しました。 しかし入社後すぐにそれまで働いてた先輩たちがやめてしまい、その埋め合わせで残業することに。 毎日5時間、月100時間もの残業を強いられる生活をすることになりました。 そんなKJさんの地獄の正社員時代の話と、派遣社員になって大きく変わったことを体験談を紹介します。
100時間サービス残業のエンジニア系正社員から派遣社員に転職して人生変わった話
エンジニア系の正社員は残業が多い職場が多いと思います。 残業代も適切に支払われない会社もあります。 MPさんが大卒で入社したシステム開発の会社も例外ではありませんでした。 今回はMPさんが100時間サービス残業のエンジニア系正社員から派遣社員に転職して人生変わった体験談を紹介します。
残業200時間パワハラありのブラック企業から派遣社員に転職した話
ずっと就職できずにいたkhさんはある食品会社にやっと内定してすぐに寮生活となり、働くことに。 しかしその会社はドがつくほどのブラック企業。 朝7時から24時が過ぎるまで働かされて給料はたったの月収20万程度。 そんなkhさんでしたが派遣社員に転職して生活が180℃変わりました。
残業が多くて疲れが限界に達して体を壊し、派遣社員に転職して健康を取り戻した話
せみ子さんは経理として正社員の仕事に転職しました。 仕事が楽しく、最初は残業も気にならなかったようですが、徐々に体を壊し、ある日起き上がれなくなり、病院に言ったら貧血と栄養失調。 完全に体を壊していました。 そこで残業のない派遣社員に転職し、健康を取り戻したのでした。
介護職で残業の疲労とストレスの限界で辞めて派遣社員になった話
しず子さんは正社員として入社した介護職で、入社6ヶ月目で責任者に任命されてしまいました。 マネジメント経験もなく、先輩ばかりの環境で責任者の仕事はストレスも多く、サービス残業も強いられました。 その上どんどん人が辞めて負担が重くなり、仕事はきつくなっていくばかり。 限界を感じて退職することにし、派遣社員になって自分の人生を取り戻しました。
残業120時間の会社を辞めて派遣社員になり、独立開業を目指してる話。
NKさんは新卒入社したシステム開発の会社で、残業時間が多く、サービス残業も発生する環境を経験しました。 このままでは廃人になってしまうため、同期と相談し、退職して派遣社員になることに。 今では残業がほぼなく、自由時間の多い派遣社員をやりながらスキルアップや資格を取得して独立開業を目指してます。 そんなNKさんの体験を紹介します。
残業100時間の会社で4年働き、派遣社員に転職したら天国だった話
由美子さんは元々接客業をしていて、初めて製造系の会社の正社員になりました。 それまで転職が多かったので頑張ろうと意気込んでいました。 しかしその会社は残業100時間なのに薄給のブラック企業でした。 毎日辞めたくて仕方ないのに頑張って4年間働いた由美子さんは派遣社員に転職し、天国だと感じました。 今回はそんな由美子さんの転職体験を紹介します。
毎日怒鳴られるパワハラ地獄の営業の仕事から派遣社員に転職したら天国だった話
れんさんは就職氷河期に自分の意志とが違う営業の仕事に就きました。 その仕事は完全なブラック企業でパワハラが当たり前のように行われていました。 パワハラが常態の営業の仕事から派遣社員に転職したら完全に地獄から天国のようでした。 今回はそんなれんさんの転職体験を紹介します。
ニートでも派遣社員になれる?3年間引きこもりニートが派遣で人生変わった話
陽平さんは大学を4年留学し、その結果就活が上手くいかず、大学卒業後は実家に帰ってニートになり、引きこもってました。 あるとき決心して派遣社員の仕事を探して働くことに。 ニートでも派遣社員の仕事は見つかるのか、実際に見つけてうまくいった陽平さんの体験談を紹介します。
人材派遣の営業職がつらいから派遣社員の営業事務に転職した話
JAMさんは人材派遣会社の営業として働いてました。 しかし人材派遣会社の営業は人を扱う仕事。 ストレスがひどく、残業も多くてつらい毎日を送っていました。 このままじゃ体を壊すと思って仕事を辞め、残業なしの営業事務の派遣社員に転職。
営業職がつらいので派遣事務に転職してわかった派遣の良さ10個!
毎日県境に車で移動して営業。 当たり前のように残業代なし。 休日出勤も当たり前。 そんな労働環境の中で過労死しそうだったので派遣事務に転職。 営業職とは180℃違う派遣の良さを知ったのでした。
営業の待遇の悪さに不満を持ち、派遣に転職して生活が変わった話
あきさんは新卒の会社で希望と違う営業に配属されました。 営業は残業が多く、仕事も大変なのに給与は内勤と変わらず、待遇の悪さに不満を持ちました。 そこで派遣社員に転職してみたら給与は変わらないのに職場環境が一気に改善され、生活が変わったのでした。
アパレル販売で声かけを強制される正社員が嫌で派遣に転職したら天国だった
アパレル販売の仕事に声かけがあります。 お客さんは声をかけられるのが嫌な人も多いです。 でも上司に声かけを強制されたらするしかありません。 そんな声かけが嫌になった正社員が同じアパレルの派遣社員に転職したら環境が180℃変わり、地獄から天国に行った気分を味わった、というミニーさんの体験をお伝えします。
携帯ショップの店長が辛いので派遣社員に転職し当たり前の幸せを実感した話
あきさんは携帯ショップの店長をしていました。 携帯ショップの店長の仕事は休みが少なく、残業も多く、体力も精神力もかなり消耗するつらい仕事でした。 そこで派遣社員に転職したところ、ライフワークバランスが改善され、人間らしい生活が送れるようになりました。
新卒の会社がブラックだったので派遣社員に転職したら給与が10万上がった話
ミキさんは新卒でブラック企業に就職してしまいました。 終電帰りの毎日に体調を崩し、退職してからしばらくはアルバイトをしていました。 そんなある日、派遣社員の求人広告を見つけて応募し、派遣社員になってた結果、なんと派遣社員になったことで勤務時間が激減したのに給与は10万も上がったのです!
美容師が辛すぎたので辞めて派遣の事務職に転職したら天国だった話
派遣社員に転職した人の体験談を紹介します。
バーテンダーの給与が安すぎたので派遣社員に転職したら生活が裕福になった話
たくやさんはバーテンダーとして働いてました。 小さめのバーを一人で回すお店で、仕事は忙しく昼夜逆転もあり大変でしたが給与が少なく貧乏生活をしていました。 そんなある日バーテンダーの仕事をクビになり、派遣社員に転職した結果、給与が一気に増えて生活が裕福になったのです。
飲食店の社員がきつすぎて派遣のオフィスワークに転職!地獄から天国へ
派遣社員に転職した人の体験談を紹介します。
未経験で入ったプログラマーが暇すぎて辛かったので派遣に転職した話
ぴこさんは未経験でプログラマーになりました。 しかし入ったIT会社が暇かつ放任主義。 暇でラッキーと思う人もいるかもしれませんが、ぴこさんにとって暇でやることがないのは苦痛でした。 そこで派遣社員に転職することにしたのでした。
小さな会社のSE正社員から派遣SEに転職したら年収100万以上上がった話
たくみさんは情報処理の専門学校卒業後、小さなシステム開発会社に正社員として入社しました。 しかしその会社は4年で潰れてしまい、その後派遣SEに転職しました。 その結果給与が上がり、年収にして100万以上も上がったのです!
不満の多かった正社員プログラマーから派遣SEに転職したら正解だった
NAOT.エンジニアリングさんはプログラマー正社員として働いてました。 しかしその会社はプログラマーの仕事の指示の段取りが悪く、非常に効率が悪い仕事をの仕方をしていて不満がたまり、仕事を辞めることに。 次の仕事は効率を求めて派遣社員(SE)になりました。 その結果、仕事の効率が良くなり、給与も上がり、転職して大正解でした。
介護の正社員がサービス残業多すぎたので介護の派遣に転職した話
ちーちゃんさんは介護の仕事が好きで、介護職員として正社員になりました。 しかし正社員の仕事はサービス残業や休日出勤も多かったので辞めることに。 その後同じ介護職の派遣社員に転職した結果、残業なしで介護の仕事ができたことで仕事もプライベートも充実するようになりました。
デイサービスの仕事が辛かったので派遣社員に転職して自分の人生を取り戻した話
satsukichanさんは専門学校卒業後、デイサービスの介護の仕事に就きました。 しかしデイサービスの仕事は残業や休日出勤などの時間外労働が多く、かつ深すぎる人間関係が辛く、疲れてしまいました。 そこで派遣社員に転職して自分の人生の舵を取り戻したのです。
40代で介護職正社員に就職したがつらいので辞めて派遣社員に転職した話
助太刀さんは就職氷河期時代、40代で他に正社員になれる仕事がなかったため、介護職に就職しました。 介護職はやりがいこそありましたが、残業が多く、割に合わない仕事でした。 そのため、結局やめて派遣社員に転職することになりました。
介護職に転職したらパワハラと残業がひどい超ブラック企業だったので派遣に転職した話
アビバノンさんは元々ブラックな広告制作会社で働いていてパワハラや残業が限界で転職することに。 しかし転職先の介護の仕事はさらにブラックでした。 つまりブラック企業からブラック企業に転職してしまったのです。 それでも1年くらい働いた後、派遣社員に転職してなぜもっと早く派遣社員にならなかったのか後悔することになりました。
システムエンジニアの正社員の仕事が辛いので派遣SEに転職して10万以上給与が上がった話
青空に浮かぶはぐれ雲さんは小さなシステム開発の会社に転職しました。 その会社で新しい言語を覚えるように言われ、その言語を使う職場に配属されましたが、覚えられず、辛くなり会社を辞めることに。 その後開発言語を自分で選べる派遣SEに転職した結果、自分のやりたいことができて仕事が楽しくなりました。
エンジニアの仕事から営業事務に転職して仕事中会話する楽しさを知った話
アンダルシア敏郎座衛門さんはエンジニアの仕事をしていました。 やはりIT業界は残業が多く、休日出勤もたびたびあり、身体が休まりません。 そして仕事中は会話がなく、つまらない毎日に嫌気がさしていました。 そこで派遣社員の営業事務に転職した結果、仕事中会話できる楽しさや休日ちゃんと休める楽しさを知ったのでした。
ITエンジニアが鬱になる理由とホワイトな派遣社員に転職すべき理由
由美子さんはITエンジニアとして働いてました。 その職場では月に1回鬱になる人が出ていました。 ITエンジニアが鬱になる理由は何なのか、またホワイトな派遣社員に転職すべき理由をお伝えします。
広告業界の正社員が辛かったので広告業界の派遣社員に転職して残業が140時間→10時間に減った話
大手求人広告の営業として25歳で中途入社しました。 初めての営業職でしたので、苦労することは覚悟していましたが、広告業界は思った以上に大変な仕事でした。 週間誌だったこともあり、毎週締め切りがあり、締め切りの金曜日はもう地獄絵図でした。
ゲーム業界が残業多すぎて辛いので派遣社員に転職したら職場環境が激変した。
ちょこぼの巣は太平洋さんはゲーム業界勤めてました。 そんなゲーム業界では発売前の残業が非常に多く、1週間家に帰れないことも。 そこで派遣社員に転職した結果、給与が増え、定時に帰れるようになり、職場環境が激変しました。